EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

開催期間 2020年7月16日~2020年9月26日

國學院大學博物館 企画展「モノで読む古事記」

國學院大学 渋谷キャンパス

古事記の物語には、様々な器物(モノ)が登場します。天照大御神を天の石屋から連れ出すための鏡、山幸彦が海で失くした釣針、神の毒気にあてられた神武天皇を復活させる刀…。これらの器物は、一体どのような姿・形をしていたのでしょうか。 古墳時代が終わり、律令国家の整備が進んだ7~8世紀。この変革期に編まれた古事記は、ありのままの「歴史」を伝えているわけではありません。しかし、古事記に語られたモノには、古墳時代の考古資料との関わりを推測できる例もあり、両者の関係を探ることで、物語を深く理解できると考えられます。 そこで本展では、具体的なモノを手がかりに、古事記の物語を読み解いてみたいと思います。もちろん、これらの考古資料(モノ)を、直ちに8世紀当時の「神代」観と結びつけることには慎重であるべきですが、百聞は一見に如かず。本学ならではのモノで読む古事記の世界へどうぞお越しください。

【開催期間】7/16(木)~9/26(土)※開館時間は当面の間、木・金・土曜日の12:00~16:00(最終入館15:30)。会期中休館日:毎週日・月・火・水曜日。8/9(日)~8/26(水)休館。
【開催時間】12:00~16:00(最終入館15:30)
【会場】國學院大學渋谷キャンパス学術メディアセンター棟B1「國學院大學博物館」(渋谷区東4-10-28)
【アクセス】JR・東急・東京メトロ・京王井の頭線「渋谷駅」から徒歩13分、または渋谷駅東口バスターミナル54番より都営バス(学03系統)「日赤医療センター行き」に乗車、途中の「国学院大学前」で下車すぐ、東京メトロ「表参道駅」から徒歩15分、JR・東京メトロ「恵比寿駅」から徒歩20分
【お問い合わせ先】03-5466-0359(國學院大學博物館)
http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2020_kojiki.html

(c)REIJINSHA GALLERY

(c)REIJINSHA GALLERY

開催期間 2020年7月17日~2020年8月7日

30の顔

REIJINSHA GALLERY

“顔は内面を瞬時に外へ表現する我々生き物のメインパーツ”…この言葉は本シリーズ第1回展(2015年)のステートメントからですが、今回も「顔」をテーマに画家30名による様々な「顔の容態」を表現した作品を展観します。眉毛、目線、口元、それらの動きで言葉がなくともメッセージと感情が伝わる「顔」。その役割と自身の「顔」に、皆様が改めて思考を巡らす場になれば幸いです。
【出展者】青山幸代、石山浩達、伊藤尚尋、尾﨑慶子、尾崎里樺、梶原優南、工藤大輔、蔵野春生、黒木美都子、桑原理早、顧洛水、紺野真弓、眞田勇、島﨑良平、白藤さえ子、菅澤薫、そらみずほ、手綱笹乃、戸井田しづこ、花菱慧、坡山海香、樋口明子、細川成美、町田結香、丸山純奈、三谷拓也、やちだけい、山下千里、吉間春樹、涼(50音順)

【開催期間】7/17(金)~8/7(金)※休廊日:土・日・月・祝日
【開催時間】12:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】REIJINSHA GALLERY(中央区日本橋大伝馬町13-1 PUBLICUS×Nihonbashiビル1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-5651-8070(REIJINSHA GALLERY)
http://www.reijinshagallery.com/

開催期間 2020年7月18日~2020年9月8日

ヨーロピアン・モード

文化学園大学・文化学園大学短期大学部 新都心キャンパス

宮廷が流行を生み出した18世紀のロココ時代から、産業の発達や社会の成熟とともに変化する19世紀を経て、若者や大衆が流行の担い手となった20世紀末までの、ヨーロッパを発信元とする約250年の女性モードの変遷をその社会背景とともに紹介します。また、特集として1960~70年代のモードも取り上げ、戦後世代の若者が発信する新たな感覚や自由な発想から生み出されたドレスを展示致します。

【開催期間】7/18(土)~9/8(火)※休館日は、日曜・祝日・夏期休暇(8/7~16)、ただし7/19、8/23は開館
【開催時間】10:00~16:30
【会場】文化学園服飾博物館(渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル1F)
【アクセス】JR・小田急線・京王線・都営地下鉄新宿線・都営地下鉄大江戸線・東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」から徒歩7分
【入場料】一般500円、大高生300円、小中生200円※20名以上の団体は100円引き、障がい者とその付添者1名は無料
【お問い合わせ先】03-3299-2387(文化学園服飾博物館)
https://museum.bunka.ac.jp/

(C)サワダモコ

(C)サワダモコ

開催期間 2020年7月18日~2020年7月26日

サワダモコ個展「LEFTOVERS」

みうらじろうギャラリーbis

東京では3年ぶりとなる「サワダモコ」の個展が開催されます。サワダモコが一貫して描き続けるのは、虚構と現実の境界線。虚構と現実が複雑に交錯し入れ替わる現代において、虚構とは内なるものと外なるものの、どちらがどちらを作り出しているものなのか。全てが変わる「コロナ後の世界」は、いったいだれが作り出したものになるのか。作品を通してそんな問いかけを感じてみては?

【開催期間】7/18(土)~7/26(日)※7/20(月)~7/21(火)休廊
【開催時間】12:00~19:00(最終日は16:00まで)
【会場】みうらじろうギャラリーbis(中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル3F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「小伝馬町」から徒歩2分
【お問い合わせ先】03-6661-7687(みうらじろうギャラリー)
【サワダモコ個展 公式Facebook】https://www.facebook.com/events/1387777771417271/
http://jiromiuragallery.com/access.html

開催期間 2020年7月18日~2021年3月20日

とびラーによる建築ツアー

東京都美術館

アート・コミュニケータ(とびラー)の案内で当館をあちこち散策します。展覧会だけではなく、「美術館の建物そのものも楽しんでほしい!」そんな思いから始まったツアーです。ガイドを務めるとびラーのオリジナリティが発揮された独自のツアーを行っています。

【開催日】7/18(土)、9/19(土)、11/21(土)、1/23(土)、3/20(土)、
【集合時間】14:00~14:45※参加無料。当日13:45より受付を開始し、定員になり次第、受付を終了。記録用の撮影や取材等が入ることがあります。
【対象】どなたでも(当日先着30名)
【会場】東京都美術館 ミュージアムショップ前(中央棟 ロビー階)(台東区上野公園8-36)
【アクセス】JR「上野駅」から徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩10分、京成電鉄「京成上野駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3823-6921
https://www.tobikan.jp/learn/architecturaltour.html

開催期間 2020年7月19日

第1回 公園探検隊~虫をさがそう~

東京港野鳥公園

東京の海辺で虫探しをしよう。どんな虫が見つかるかは解らないけど、よーく見てみると新しい発見が!ファーブル先生になって、夏休みの自由研究に役立てよう!

【開催日】7/19(日)
【開催時間】13:00~15:30
【会場】東京港野鳥公園(大田区東海3-1)
【アクセス】東京モノレール「流通センター駅」から徒歩15分、JR「大森駅」から京浜急行バス約20分「野鳥公園」「東京港野鳥公園」下車徒歩5分
【入園料】大人300円、こども無料(小学生以下)、65歳以上150円
【お問い合わせ先】03-3799-5031(東京港野鳥公園)
http://www.tptc.co.jp/park/03_08

「時間経過」165x120cm 油彩・キャンバス 2019年

「時間経過」165x120cm 油彩・キャンバス 2019年

開催期間 2020年7月20日~2020年7月26日

オーロラ・イオアナ・ポペスク展

OギャラリーUP・S

ルーマニアで幼少期を過ごしその後イタリアに移住、バイオリンを学んだ後にウィーンで美術を専攻したオーロラは、異文化に順応する経験から様々なことを学びました。鳥やカエル、植物、昆虫、菌類すべて共存ているように、人間も惑星の残りの部分に存在し依存関係を築き上げています。具象と抽象の間を行き来する色彩の重なり合いは、生命の本質や混沌としたエネルギーを垣間見ることができるものとなっています。

【開催期間】7/20(月)~7/26(日)
【開催時間】12:00~20:00(最終日は11:00~16:00)
【会場】Oギャラリー(中央区銀座1-4-9 第一田村ビル3F)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分、JR「有楽町駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3567-7772(Oギャラリー)
https://www4.big.or.jp/~ogallery/

開催期間 2020年7月21日~2020年7月26日

南無子個展「7月の喫茶マリンブルー」

The Artcomplex Center of Tokyo

7月、水色の風吹いて、夏の匂いにさらわれて、たどり着く、海辺の喫茶マリンブルー。グラスの中の水色を覗けば、しゅわり煌めく海の世界。
【南無子略歴】
1986年生まれ。静岡県静岡市出身。鱗と石をモチーフにひんやりした絵を描いています。
【南無子個展】
2015年 初個展「ぱらいそ」The Artcomplex Center of Tokyo
2016年 「ものがたりが終わってしまう前に」The Artcomplex Center of Tokyo
2017年 「覚めない夢を見せてあげる」The Artcomplex Center of Tokyo
2018年 「水縹の季節」The Artcomplex Center of Tokyo
2019年 「クリームソーダ奇譚」The Artcomplex Center of Tokyo

【開催期間】7/21(火)~7/26(日)
【開催時間】11:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT2(新宿区大京町12-9 アートコンプレックス・センター2F)
【アクセス】JR「信濃町駅」、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-3341-3253(アートコンプレックスセンター)
【来場事前予約案内】http://www.gallerycomplex.com/v.html
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT202/numco.html

第6回なかの国際声楽コンクール本選案内

第6回なかの国際声楽コンクール本選案内

開催期間 2020年7月21日

第6回なかの国際声楽コンクール本選

杉並公会堂 ハーモニープラザ

予選を勝ち抜いた人達が、本選に向かって増々磨き上げた声を披露します。表彰式の喜びと興奮も味わおう!※本選のみ一般公開

【開催日】7/21(火)
【開催時間】13:30開演(13:00開場)
【会場】杉並公会堂小ホール(杉並区上荻1-23-15)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線「荻窪駅」から徒歩10分
【料金】入場無料。ただし当日配布の整理券が必要(自由席)
【お問い合わせ先】03-5385-5275(一社:なかの国際音楽協会)
【なかの国際音楽協会Facebook】https://www.facebook.com/2015YuichiTerashima/

(c)YUYA

(c)YUYA

開催期間 2020年7月21日~2020年7月26日

ちょっきんきりえ展11「のどか」

haus&terrasse(ハオス&テラス)

「人がにっこりする絵」をテーマに活動する切り絵作家、YUYAの個展です。11回目の開催となる本展のテーマは「のどかな切り絵」。切り絵作品をメインに、スケッチやデザインワークも展示します。また、会場ではYUYAデザインのオリジナル商品や、パン・お菓子研究家の妻、スパロウ圭子の手づくりのジャムの他、パンやお菓子は日程を限定して販売します。

【開催期間】7/21(火)~7/26(日)
【開催時間】11:00~19:00 (最終日は17:00まで)
【会場】haus&terrasse(ハオス&テラス)(渋谷区渋谷1-20-3 2F)
【アクセス】東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前<原宿>駅」から徒歩7分、JR・京王井の頭線・東急東横線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」から徒歩9分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-6427-5705(haus&terrasse)
http://chokkin-kirie.com/2020/06/16/chokkin_11_info/