EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

グラフィックトライアル2022―CHANGE―

(c)Printing Museum

開催期間 2022年4月23日~2022年7月24日

グラフィックトライアル2022―CHANGE―

印刷博物館

グラフィックトライアルは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企画です。16回目を迎える今回のテーマは「CHANGE」。 コロナ禍で拍車がかかったさまざまな変化の波は、その先にある新たな価値観や世界観の到来を予感させています。居山浩二、GOO CHOKI PAR、小玉文、田中良治、増永裕子、5組のクリエイターが表現と技術のコラボレーションの先に見出した“ CHANGE ” のかたちをそれぞれ5枚のポスター作品へと昇華させました。展覧会では、クリエイターの独創的なアイデアと印刷技術を組み合わせて完成させたポスターと、制作過程での数々のトライアルをご紹介します。

【開催期間】4/23(土)~7/24(日)※入場無料、オンラインによる事前予約(日時指定券)制、休館日:月曜(ただし7/18は開館)、7/19(火)
【開催時間】10:00~18:00
【会場】印刷博物館(文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル)
【アクセス】東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩6分、JR・東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩13分、東京メトロ丸ノ内線、南北線「後楽園駅」から徒歩10分
【主催】凸版印刷株式会社、印刷博物館
【後援】公益社団法人日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)
【お問い合わせ先】03-5840-2300(印刷博物館)
https://www.printing-museum.org/collection/exhibition/g20220423.php

Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展

(c)Tokyo Arts and Space

開催期間 2022年3月19日~2022年6月19日

Tokyo Contemporary Art Award 2020-2022 受賞記念展

東京都現代美術館

中堅アーティストを対象に、受賞から複数年にわたる継続的支援によって、更なる飛躍を促すことを目的に、東京都とトーキョーアーツアンドスペースが2018年度から実施している現代美術の賞「Tokyo Contemporary Art Award(TCAA)」。第2回となる「TCAA2020-2022」受賞者の藤井光、山城知佳子による受賞記念展覧会を開催します。藤井は、国内外の歴史的事象について実証的に検証しつつ、常に現在の視点を持ち込むことで同時代の社会課題に対する応答を試みてきました。本展では、戦後の、絵画をめぐる議論をアメリカ占領軍が残した公文書から考察する新作を発表します。山城は、これまで出身地の沖縄を主題に制作してきました。制作過程で、次作のビジョンが見えるという山城は、沖縄でのリサーチを軸にした新作と、それに繋がる過去作品を展示します。

【開催期間】3/19(土)~6/19(日)※入場無料、休館日:月曜日(3/21は開館)、3/22
【開催時間】10:00~18:00
【会場】東京都現代美術館 企画展示室3F(江東区三好4-1-1)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」から徒歩9分、都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」から徒歩12分、東京メトロ東西線「木場駅」から徒歩15分、都営地下鉄新宿線「菊川駅」から徒歩15分
【主催】東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団トーキョーアーツアンドスペース・東京都現代美術館
【お問い合わせ先】03-5245-1142(東京都現代美術館)
https://www.tokyocontemporaryartaward.jp/exhibition/exhibition_2020_2022.html

うのまちともだち展

アクリル板に女性と「女子トーク」をイメージしたせりふを書いた作品(c)うのまち珈琲店渋谷店

開催期間 2022年4月20日~2022年5月20日

うのまちともだち展

西武渋谷店

岡山出身のシンガー・ソングライターでクリエーターのSETAさんがイラストを描いたアクリル板を店内に置く「うのまちともだち展」。SETAさんの楽曲を応援する活動をしていた「青山学院大学クリエイティブラボ」の学生が、うのまち珈琲店とSETAさんの共通点に気付き、同展を企画。同展では、新型コロナウイルス感染症流行に伴い飲食店に普及したアクリル板を活用。SETAさんは、女性のイラストと共に「盛れた」「太宰治みたいな男おらんかね」など、「女子トーク」をイメージしたセリフをアクリル板に描き、「架空のともだち」と過ごすカフェ体験の演出を図ります。展示数は30点を予定。

【開催期間】4/20(水)~5/20(金)※入場無料、飲食有料
【開催時間】11:00~21:00
【会場】うのまち珈琲店(西武渋谷店A館地下2階カジュアルレストラン街 渋谷区宇田川町21-1)
【アクセス】JR・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線「渋谷駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-6416-9554(うのまち珈琲店)
https://www.sogo-seibu.jp/shibuya/topics/page/210709unomachicoffeeshop.html

Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE ハンドメイド」展

(c)ATELIER MUJI GINZA

開催期間 2022年4月22日~2022年6月26日

Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE ハンドメイド」展

ATELIER MUJI GINZA Gallery

日常芸術をテーマにアートを広げるアートプロジェクト「Life in Art」において、パリを拠点に活動するアーティスト、フィリップ・ワイズベッカーの展覧会を開催します。良品計画は、衣食住において日常生活に必要なくらしの基本をお店から提供するだけではなく、アート作品の販売や自社のプロモーションなどアーティストやクリエイターの方々にご協力いただきながら「感じ良いくらし」の探究を続け、その中でもフィリップ・ワイズベッカーとはMUJI Forum des Halles(欧州旗艦店)やイベントなどこれまで様々な企画でコラボレーションしてきました。フィリップ・ワイズベッカー氏は1942年生まれ、日常の身近なモチーフ、平面的でありながらも不思議な立体感のある独特なパース、淡くあたたかみのある線の表情など、自身の目線から生み出す素朴に描かれた絵が多くの人を魅了しています。また、本人の自宅やアトリエにある家具のほとんどは自身で設計、制作、塗装をしています。本展は身近な暮らしの中にあるものをモチーフに描いたドローイング作品や本人が制作した生活の道具、アトリエで収録した映像で構成しています。自身の内面にある発想を自由に表現し生活環境を構築していく、そんな彼の生活美学の視点を感じ、日々の暮らしをゆたかに愉しむきっかけを見つけてください。

【開催期間】4/22(金)~6/26(日)※入場無料、物販有料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~21:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery1・2(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【主催】良品計画
【企画協力】貴田奈津子(Bureau Kida)、藤城成貴
【施工】HIGURE 17-15 cas
【写真】宮本敏明
【グラフィックデザイン】東川裕子
【協力】櫛田理(株式会社EDITHON)、図書印刷株式会社
【お問い合わせ先】03-3538-1311(無印良品 銀座)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/4483/

展覧会「まれびとと祝祭―祈りの神秘、芸術の力―」

(c)TAKASHIMAYA

開催期間 2022年3月2日~2022年8月21日

展覧会「まれびとと祝祭―祈りの神秘、芸術の力―」

日本橋高島屋本館

本展では、まれびとと祝祭を現在の視点からとらえ直してみたいと思います。古より人類は、幾度も疫病の脅威にさらされてきましたが、我々は祝祭(祭り)と、その時間的・空間的中心に現れるまれびと(来訪神)を信仰することにより、それらを乗り越える経験を重ねてきました。感染症パンデミックにより、不可避的に閉ざされた関係を強いられている現在だからこそ、改めてまれびとと祝祭に目を向け、これら根源に立ち返ることが、現状を打ち破るヒントになるのではないかと考えます。まれびととは、民俗学者であり国文学者でもあった折口信夫(1887-1953)が提唱した概念です。折口はそれを、祭祀などに、超現実の世界から現実の世界を訪れて、またもとの世界にかえってゆくという、人間を超えた存在としています。そもそも時間や空間を一新する強大な力を持つまれびとは、もたらし、追いはらう、という両義牲を持つ存在でもありますが、それはすなわちまれびとが、異物としてもたらされた病でもあり、そしてその病を彼方へ追いはらって救いをもたらす神でもあるということを意味しています。こうした一見相矛盾する概念が同居する状況を、古代から私たちの社会が内包してきたことは、コロナ禍によって混迷した状況を、いま一度立ち止まって考察する契機にもなるでしょう。そして同時にそれは、分野を超越して一つにつなぎ合わせるという、これからの芸術表現の可能性をも示すことになるでしょう。

【開催期間】3/2(水)~ 8/21(日)※入場無料、月・火曜休館
【開催時間】11:00~19:00
【会場】日本橋高島屋S.C.本館 高島屋史料館TOKYO 4階展示室(中央区日本橋2-4-1)
【アクセス】東京メトロ銀座線・東西線・都営地下鉄浅草線「日本橋駅」直結
【主催】高島屋史料館TOKYO
【お問い合わせ先】03-3211-4111(日本橋高島屋本館)
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/exhibition/

旅の途中展

(c)Galleryころころ

開催期間 2022年5月18日~2022年5月23日

旅の途中展

Galleryころころ

もし生きることそのものが旅なら、いま何処にいて、何が見えているのか?そんな問いに答える展示会。油彩、コラージュ、水墨画、イラストレーションが多方面から「旅の途中」を解釈し景色を描く。
<出展作家>遠藤純也、タカザワ風旗、林裕紀子、三木コヲジ、WANG CHI ROU

【開催期間】5/18(水)~5/23(月)※入場無料
【開催時間】12:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】Galleryころころ(新宿区若松町35-15)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線大江戸線「若松河田駅」から徒歩4分、東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩6分
【お問い合わせ先】03-6457-3611(Galleryころころ)
http://d-korokoro.com/

中野北口十字路商店会主催「さくらフォトコンテスト」

(c)さくらフォトコンテスト/中野北口十字路商店会

開催期間 2022年5月18日~2022年5月30日

中野北口十字路商店会主催「さくらフォトコンテスト」入賞作品展示

ケンコー・トキナー本社

中野北口十字路商店会が毎年主催する「さくらフォトコンテスト」の入賞作品を展示します。過去の受賞作も展示する予定です。

【開催期間】5/18(水)~5/30(月)※火曜休、入場無料
【開催時間】11:00~19:00
【会場】ケンコー・トキナー本社 ギャラリー(中野区中野5-68-10 KT中野ビル)
【アクセス】JR・東京メトロ東西線「中野駅」から徒歩7分、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩15分
【主催】中野北口十字路商店会
【お問い合わせ先】https://crossroad.tyn-c.com/contact-form/(中野北口十字路商店会)
https://crossroad.tyn-c.com/

ウクライナ避難民のための緊急チャリティコンサート

(c)AAR Japan

開催期間 2022年5月18日

ウクライナ避難民のための緊急チャリティコンサート

紀尾井ホール

ウクライナ避難民のための緊急チャリティコンサートを開催。実力派ピアニストの佐藤卓史さんの協力のもと、ウィーン在住のコロラトゥーラ・ソプラノの田中実力派ピアニストとして国内外で大活躍する佐藤卓史さんが協力します。そしてウィーン在住のコロラトゥーラ・ソプラノの田中彩子さんを特別ゲストとして迎えます。才能あふれる2人の初共演です。当コンサートの入場料は無料とし、当日会場にて寄付を募ります。寄付金は、AARが実施しているウクライナ避難民への食料や医薬品、衣類などの生活支援、子どもたちの心のケアなどの支援に確実に活用します。

【開催日】5/18(水)※入場無料、全席指定、事前予約制
【開催時間】19:00開演(18:00開場)
【会場】紀尾井ホール(千代田区紀尾井町6-5)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四谷駅」から徒歩6分、東京メトロ有楽町線「麹町駅」から徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩8分、東京メトロ半蔵門線・有楽町線「永田町駅」から徒歩8分
【事前予約フォーム】https://app.jibun-apps.jp/form/628027e6-b776-4bff-8ab5-227e66b33f9c/new
【お問い合わせ先】03-5423-4511(AAR JAPAN/難民を助ける会)
https://aarjapan.gr.jp/event/5566/

國學院大學博物館 企画展「沖縄復帰50年 うちなーぬ ゆがわりや 琉球・沖縄学と國學院」

(c)Kokugakuin University

開催期間 2022年5月19日~2022年7月23日

國學院大學博物館 企画展「沖縄復帰50年 うちなーぬ ゆがわりや 琉球・沖縄学と國學院」

國學院大学 渋谷キャンパス

昭和47(1972)年5月15日、アジア太平洋戦争の終結後、米国の統治下にあった沖縄県が日本に返還されました。今年はちょうど50年の節目の年に当たります。また、さらに遡った150年前の明治5(1872)年には日本の明治政府によって琉球国の外交権が剥奪され、琉球藩が設けられました。その後明治12(1879)年に琉球藩は廃止されて、今日につながる沖縄県が設置されています。日本とは異なる琉球国が存在した沖縄の歴史や文化に対する研究は「沖縄学」と呼ばれ、國學院大學はその創設期から深い関わりを持ってきました。そこで、國學院大學博物館では沖縄の本土復帰50周年および琉球処分開始150周年を機会として、企画展「琉球・沖縄学と國學院」を開催することとしました。本企画展では沖縄の歴史や文化について振り返るとともに、國學院大學と「沖縄学」研究との関わりについて再確認したいと思います。また、関連イベントとして「日本文化を知る講座~『沖縄復帰50年 歴史・文化・沖縄学』」も開催し、加えて、展示紹介動画「オンラインミュージアム」を配信します。

【開催期間】5/19(木)~7/23(土)※入場無料、会期中の休館日は毎週日・月・火
【開催時間】12:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【会場】國學院大學博物館 企画展示室(渋谷区東4-10-28 國學院大學 渋谷キャンパス 学術メディアセンター 地下1階)
【アクセス】JR・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」から徒歩13分、または渋谷駅東口バスターミナル54番より都営バス(学03系統)「日赤医療センター行き」に乗車、途中の「国学院大学前」で下車すぐ、東京メトロ「表参道駅」から徒歩15分、JR・東京メトロ「恵比寿駅」から徒歩20分
【主催】國學院大學博物館
【後援】琉球大学図書館
【お問い合わせ先】03-5466-0359(國學院大學博物館)
http://museum.kokugakuin.ac.jp/special_exhibition/detail/2022_okinawa50.html

樹村みのり展―その優しさ、芯の強さ―

(c)Meiji University

開催期間 2022年2月18日~2022年6月6日

樹村みのり展―その優しさ、芯の強さ―

明治大学 駿河台キャンパス

14歳でデビューして以来、見過ごされがちな日常の問題から大きな社会問題までを誠実な作風で描き続け、日本の女性漫画家を代表する一人として長きに渡り活躍を続ける樹村みのり氏。明治大学付属のマンガとサブカルチャーの専門図書館で行われる本展示では初期から近年までの作品を「子ども」「少女・女性」「菜の花・家族」「人間と社会」をテーマに、原画と樹村みのり自身のコメントを通して紹介します。少しでも多くの方に樹村作品のもつ普遍的魅力に触れられます。

【開催期間】2/18(金)~6/6(月)※入場無料、休館日:火・水・木、5/3(火・祝)・5/4(水・祝)は休館
【開催時間】月・金14:00~20:00、土・日・祝12:00~18:00
【会場】明治大学駿河台キャンパス 米沢嘉博記念図書館 現代マンガ図書館 1階企画展示コーナー(千代田区神田猿楽町1-7-1)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」から徒歩約7分、JR・都営地下鉄新宿線「水道橋駅」から徒歩8分
【主催】明治大学米沢嘉博記念図書館・明治大学現代マンガ図書館
【協力】笹生那実、大久保勲 
【お問い合わせ先】03-3296-4554(明治大学 米沢嘉博記念図書館)
https://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/exh-minori.html