EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

開催期間 2020年7月16日~2021年1月26日

特設展示「魚が食べたい!!きみはおさかなエージェント」

葛西臨海水族園

葛西臨海水族園では、国立研究開発法人水産研究・教育機構との共同企画展示として、特設展示「魚が食べたい!!きみはおさかなエージェント」を開催します。私たちがふだんから食べている魚は重要な水産資源です。水産資源は、獲りすぎないようにしたり、守ったりすることによって、これからも利用し続けることができます。この特設展示では、完全養殖や資源管理、海の環境問題といったトピックスを取り上げ、私たちが魚を食べ続けるためにはどうしたらいいのか、どんな方法があるのかを、親子で楽しめるようなストーリー仕立てで紹介します。
【展示内容】
(1)魚が食卓にのぼるまで:私たちが食べている魚は、どうやって食卓やレストランへと運ばれてくるのでしょうか?海や川で獲られた魚たちが私たちのもとに来るまでを紹介します。
(2)少なくなってしまった魚を増やす工夫:ニホンウナギの完全養殖を例として、自然の海から魚の数を減らさずに、さらには減ってしまった魚でも食べ続けるための「増やす」取組みを紹介します。また、完全養殖で育てたニホンウナギを展示し、その生態について解説します。
(3)魚が減らないように守る工夫:魚を食べ続けるためには魚が減らないようにルールを守って獲ることが大切です。ここでは、魚が減らないようにどのような取組みが行われているのかを紹介します。そして、私たちにもできることとして、水産研究・教育機構の「SH“U”Nプロジェクト」【注】や、水産エコラベルなどを紹介します。【注】SH“U”Nプロジェクト:消費者自身の判断によって資源の持続可能性を担保していく活動を支えるため、科学的な情報をわかりやすく提供するツールを作成する目的として、水産研究・教育機構が立ち上げたプロジェクト。Sustainable, Healthy and “Umai” Nippon seafood(サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚)を意味します。
(4)これからも食べ続けられる魚:これからも安定して食べ続けられる魚の代表マアジを展示し、その生態や漁獲方法について紹介します。また、マアジを使ったおいしい料理の紹介では、“匂い”が出る展示もあります。ぜひ嗅いでみてください。※センサーで反応する匂い発生装置を使用します。マスクを着用したままお楽しみください。
(5)海で起きている問題とは?:魚たちは日々、密漁や乱獲、生息地の破壊、地球温暖化による環境の変化といったさまざまな問題に直面しています。ここでは、特に最近問題となっている「海洋プラスチック」について紹介します。

【開催期間】7/16(木)~1/26(火)※休園日:毎週水曜日(祝日のときは翌日)、7/29(水)は開園
【開園時間】9:30~17:00
【会場】葛西臨海水族園(江戸川区臨海町6-2-3)
【アクセス】JR「葛西臨海公園駅」から徒歩5分
【入園料】一般700円、中学生250円、65歳以上350円※小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料。中学生は生徒手帳を持参してください。※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と、その付添者(原則1名)は無料。手帳をお持ちの方(と付添者1名)は入園券を購入せず、そのまま券売機先の改札口に進み、手帳をご提示のうえご入園ください。ご不明な点は、係員にお声がけください。※各種受給者証の提示では入園料無料となりませんのでご注意ください。※65歳以上の方は年齢の証明となるものをお持ちください。※葛西臨海公園大観覧車の半券を切符売場窓口にご提示いただくと、半券1枚につき入園券1枚が2割引になります。
【お問い合わせ先】03-3869-5152(東京都葛西臨海水族園)
【協力】女子美術大学
【葛西臨海水族園入園整理券予約フォーム】https://www.tokyo-zoo.net/news/temp/2020_06/reopen/kasai/index.html
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/

(c)カラー(c)TOKYO-SKYTREE

(c)カラー(c)TOKYO-SKYTREE

開催期間 2020年12月23日~2021年3月31日

EVANGELION トウキョウスカイツリー計画

東京スカイツリー

映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の上映を記念して、エヴァンゲリオンとのコラボレーションイベント「EVANGELION トウキョウスカイツリー計画」が開催されます。本イベントは、地上450メートルの天望回廊を中心に、エヴァンゲリオンの世界観が楽しめる展示演出やフォトスポットを用意。そのほか、限定のオリジナルグッズやオリジナルカフェメニューの販売、劇中に登場するキャラクターと合成写真が撮れるオリジナルのフォトサービスなど、お楽しみ要素盛りだくさんです!

【開催期間】12/23(水)~3/31(水)※展望台への入場料は必要です
【開催時間】9:00~21:00(最終入場20:00)
【会場】東京スカイツリー天望デッキ、天望回廊(墨田区押上1-1-2)
【アクセス】東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ、東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・都営地下鉄浅草線・京成押上線「押上(スカイツリー前)駅」すぐ
【お問い合わせ先】0570-55-0634(東京スカイツリーコールセンター)
http://www.tokyo-skytree.jp/event/special/evangelion2020/

開催期間 2021年1月14日~2021年3月2日

自転車文化センター 令和2年度 第4回テーマ展示「求められる電動アシスト自転車展」

自転車文化センター

今では、世界的に増加傾向にある電動アシスト自転車。開発されてから今日まで約27年余り、モーターやバッテリーなど各社がしのぎを削って製作された自転車は、今も改進の一途をたどっています。現在のところ、子乗せ3人乗り用や高齢者向けに安定性も備えた三輪タイプ、ロードやクロスバイク、マウンテンバイクといったスポーツに特化したアシストユニットを搭載したE-バイクと言われるものなど、その使用用途は多岐にわたっています。私たちの生活の足として、定着している電動アシスト自転車が、どのような形態なのか、ユニットの違いなど、自転車の構造やパーツに触れ、対比しながら魅力を紹介。加えて、現代社会のニーズに合わせて情報をパネルで解説いたします。電動アシスト自転車って?解っているようで、意外と「?」がついてしまうアシストのしくみをこの機会に是非確認しにいらしてみてください。ご購入を検討されている方も、最新モデル車が展示されますので必見です!
※新型コロナ感染症拡大防止に伴い、通勤にも使用可能な電動アシスト自転車の紹介を行います。自転車の試乗は不可となっておりますが、一部カタログをご用意しております。
<展示協力社:順不同>ヤマハ発動機株式会社、ブリヂストンサイクル株式会社、堀田製作所、フランスベッド株式会社、パナソニックサイクルテック株式会社、ホダカ株式会社、株式会社ドコモ・バイクシェア、自転車工房いのうえ

【開催期間】1/14(木)~3/2(日)※入場無料、月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日休み)
【開催時間】9:30~17:00(最終入館は16:45まで)
【会場】自転車文化センターギャラリー、ライブラリー(品川区上大崎3-3-1 自転車文化センター1F)
【アクセス】JR・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線・東急目黒線 「目黒駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-4334-7953(自転車文化センター)
http://cycle-info.bpaj.or.jp/?tid=100478

開催期間 2021年1月23日~2021年2月21日

生活工房バックヤード展

三軒茶屋キャロットタワー

2020年は、どういう年として記憶されるのでしょうか。国内だけでも、新型コロナウイルスの流行、東京オリンピックの延期、総理大臣の辞任など、枚挙に暇がありません。激動の年、生活工房も例外ではありませんでした。予定していた展覧会やイベントの中止、延期、縮小、変更。展覧会やワークショップ、セミナー、市民活動支援といった事業をとおして、暮らしの「根っこ」を大切にしてきた生活工房、その足元をみつめる一年になりました。今回の展覧会では、そんな生活工房のバックヤードに眠っていた約200点のアレやコレを引っ張り出します。開館前につくられた街歩き本、イベントを記録したVHSテープ、いつかの展覧会の忘れ物。さらに中止になってしまった企画の顛末や、これからはじまる企画の展望もご紹介します。生活について考えてきた23年間。生活という営みの多くが特別な活動ではないことに似て、生活工房のバックヤードに眠るのも、何気ないモノばかりです。本展では、見過ごしがちな事々物々を振り返りながら、これからの生活を考えるヒントを探ります。

【開催期間】1/23(土)~2/21(日)※月曜休み
【開催時間】9:00~20:00
【会場】生活工房ギャラリー(世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F)
【アクセス】東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩5分、東急世田谷線「三軒茶屋駅」からすぐ
【お問い合わせ先】03-5432-1543(生活工房)
https://www.setagaya-ldc.net/program/503/

開催期間 2020年11月3日~2021年2月14日

東京イースト21 クリスマス・カラフルイルミネーション

東京イースト21プラザ

今年のコンセプトは「テンシェルと一緒に楽しむカラフルな冬」。10万球以上を使用し、より一層カラフルに彩られた東京イースト21で東京イースト21のマスコット・テンシェルたちと一緒に冬を楽しもう。

【開催期間】11/3(火)~2/14(日)
【開催時間】17:00~24:00
【会場】東京イースト21(江東区東陽6-3-2)
【お問い合わせ先】03-5632-9111(東京イースト21インフォメーション)
【アクセス】東京メトロ東西線「東陽町駅」から徒歩7分
https://tokyo-east21.co.jp/news/2020/20201120.html

開催期間 2020年11月4日~2021年2月28日

東京スクエアガーデン イルミネーション2020

東京スクエアガーデン

京橋駅直結の地下駅前広場に約8メートルのシンボルツリーが登場。京橋エリアのランドマークとして美しいイルミネーションを身にまとい、街を華やかに彩ります。今年は木目や自然を強調したボタニカルなシンボルツリー、自然の力と再生する大切さをライトアップとイルミネーションの優しいひかりで演出します。

【開催期間】11/4(水)~2/28(日)※クリスマスツリーは12/25(金)まで、入場無料、雨天決行
【開催時間】16:00~24:00
【会場】東京スクエアガーデン(中央区京橋3-1-1)
【アクセス】東京メトロ銀座線「京橋駅」直結、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩2分、都営地下鉄浅草線「宝町駅」から徒歩2分、JR「東京駅」から徒歩6分、JR「有楽町駅」から徒歩6分
【お問い合わせ先】03-6870-3427(株式会社プライムプレイス)
http://tokyo-sg.com/

開催期間 2020年11月27日~2021年2月28日

ライティング・コラボレーションかなまちイルミネーション

東京理科大学 葛飾キャンパス

金町駅周辺と東京理科大学葛飾キャンパスにつながる通りを中心にライトアップを行う。期間中は、ライトアップだけでなく、商店会加盟店等によるクリスマススタンプラリーも実施。

【開催期間】11/27(金)~2/28(日)
【開催時間】17:00~23:00
【会場】金町駅周辺~東京理科大学東京理科大学葛飾キャンパス前(葛飾区新宿6-3-1)
【アクセス】JR「金町駅」・京成金町線「京成金町駅」から東京理科大学葛飾キャンパスまで徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3607-3578(読売ニュースサービス企画政策室)
https://lc-kanamachi.com/

(c)Jimi Franklin

(c)Jimi Franklin

開催期間 2021年1月9日~2021年1月24日

Jimi Franklin写真展「Offering」

BOOK AND SONS

ニューヨークを拠点に活動する写真家・Jimi Franklinが、写真集「Strawberry Parfait」の出版を記念し写真展を開催。アメリカ・ロサンゼルスで生まれ9歳で日本に移住。日本の高等学校を卒業後、単身で帰国しMassachusettes College of Artで写真を専攻して学んだJimi Franklin。現在はニューヨークを活動の拠点としており、西洋と東洋の境目に視線を向け、それらが交差する分岐点に生じる交わりをテーマに制作活動をしています。洋食屋や喫茶店、フランス語が語源となる「パフェ」や、ポルトガルの文化とされている「ランドセル」。日本には私たちが外国の文化であると信じていながらも、異国のものが捩られ、私物化された結果、実際には日本独自のものに進化してしまった「文化のレプリカ」が溢れています。西洋化されていく日本社会と、東洋化されていくJimi氏自身の視点、二つが重なる部分に着目し記録したという本作は、日本という国の文化の表面が切り取られ、その背景にある哲学とは何かを私たちに問いかけます。本展は最新作の「Strawberry Parfait」と、東洋哲学や宗教思想を写真というメタフォアで表現した「Offering」の2部構成で、すべて日本で撮影された約60点の作品を展示いたします。会場では展示作品の他、新作写真集「Strawberry Pafait」も販売いたします。展示とあわせてぜひお楽しみください。

【開催期間】1/9(土)~1/24(日)※水曜定休、入場無料
【開催時間】12:00~19:00
【会場】BOOK AND SONS(目黒区鷹番2-13-3 キャトル鷹番)
【アクセス】東急東横線「学芸大学」駅から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-6451-0845(BOOK AND SONS)
https://bookandsons.com/blog/offering-2.php

開催期間 2020年11月14日~2021年2月14日

イルミネーションアイランドお台場2020inデックス東京ビーチ

デックス東京ビーチ

お台場エリアの商業施設や宿泊施設、交通機関や公園など全23の施設が参加し、様々なイルミネーションを一斉点灯する「イルミネーションアイランドお台場2020」。お台場海浜公園に面し、東京湾の美しい景色が望めるシーサイドテラス。アートスポットODAIBAを中心に、レストスペースや植栽が広がる居心地の良い空間がイルミネーションで彩られます。

【開催期間】11/14(土)~2/14(日)
【開催時間】17:00~22:00
【会場】デックス東京ビーチ(港区台場1-6-1)
【アクセス】ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」から徒歩2分、りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩5分
【主催】東京臨海副都心まちづくり協議会
【参加団体】アクアシティお台場、デックス東京ビーチ、ダイバーシティ東京 プラザ、ヴィーナスフォート、ヒルトン東京お台場、グランドニッコー東京 台場、株式会社フジテレビジョン、パレットタウン、MEGA WEB、東京港埠頭株式会社、株式会社東京ビッグサイト、株式会社ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道株式会社、国営東京臨海広域防災公園そなエリア東京、パナソニック株式会社、株式会社乃村工藝社、the SOHO、ビー・エム・ダブリュー株式会社、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、ARTBAY HOUSE、東京国際クルーズターミナル、株式会社東京臨海ホールディングス、株式会社東京テレポートセンター
【お問い合わせ先】03-5530-3011(一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会)
https://www.tokyo-odaiba.net/illumination2020/

開催期間 2020年10月1日~2021年3月31日

TEAM BEYOND パラスポーツ漫画パネル展

東京都庁第一本庁舎

TEAM BEYONDではパラスポーツ漫画パネル展を開催します。人気漫画家が描き下ろした迫力ある等身大パネルをご覧いただけます。また、SNSを使ってTEAM BEYONDグッズが当たる抽選にもご応募いただけます。
<展示競技と作画いただいた漫画家の方々(代表作)>
陸上競技:窪之内 英策さん(ツルモク独身寮)
5人制サッカー:高橋 陽一さん(キャプテン翼)
ゴールボール:真島 ヒロさん(RAVE)
車いすラグビー:ちばてつやさん(あしたのジョー)
車いすテニス:浦沢 直樹さん(YAWARA!)

【開催期間】10/1(木)~3/31(水)
【開催時間】8:00~18:45
【会場】東京都庁第一本庁舎1階南側スペース(新宿区西新宿2-8−1)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」直結、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩4分、JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-6441-4233(TEAM BEYOND TOKYO パラスポーツプロジェクト事務局)
https://www.para-sports.tokyo/topics/activity/parasports-mangapanel/