EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

令和5年度第2回特別展「鳳凰はばたく朝陽閣 明治・大正期の印刷局工場案内」

(c)NATIONAL PRINTING BUREAU

開催期間 2023年12月19日~2024年2月25日

令和5年度第2回特別展「鳳凰はばたく朝陽閣 明治・大正期の印刷局工場案内」

お札と切手の博物館

明治9(1876)年、東京・大手町に建設された印刷工場「朝陽閣」。最新の機械設備でお札や切手の製造を一手に担った工場は、先進技術のパイオニアとして評判を呼ぶ一方、そのモダンな外観が新東京名所にも数えられました。今展では、壮麗な外観を描く絵画資料や作業内容を記録した写真資料等から、朝陽閣の様々な側面を紹介。会期中の1月~2月には、お札の印刷方式である「凹版印刷」の体験イベントも実施します。

【開催期間】12/19(火)~2/25(日)※入館無料、休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日)、12/29~1/3、2/11は特別休館
【開催時間】9:30~17:00
【会場】お札と切手の博物館 2階展示室(北区王子1-6-1)
【アクセス】JR・東京メトロ南北線「王子駅」から徒歩3分、都電荒川線「王子駅前駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-5390-5194(お札と切手の博物館)
https://www.npb.go.jp/ja/museum/tenji/tokubetu/index.html

しょうけい館(戦傷病者史料館)特別企画展「武良茂(水木しげる)の人生」

(c)Shokei-kan

開催期間 2023年10月25日~2024年3月3日

しょうけい館(戦傷病者史料館)特別企画展「武良茂(水木しげる)の人生」

しょうけい館(戦傷病者史料館)

漫画家・妖怪研究者として著名な水木しげる(本名・武良茂)氏は、南方ラバウルで戦傷を負った傷痍軍人としても、広く知られています。一兵士だった武良氏が体験した激戦地での生活、受傷、そして復員。敗戦後の混乱期を様々な職に就いて乗り越えた苦労を作品や個人資料、映像で伝えます。

【開催期間】10/25(水)~3/3(日)※入場無料、休館日は月曜(祝日または振替休日の場合はその翌日)、年末年始(12/28~1/4)
【開催時間】10:00~17:30(入館は17:00まで)
【会場】しょうけい館(戦傷病者史料館)企画展示コーナー(千代田区九段北1-11-5 グリーンオーク九段2階)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3234-7821(しょうけい館 戦傷病者史料館)
https://www.shokeikan.go.jp/exhibitions/kikaku/open

紅ミュージアム テーマ展示「梅と桜」

(c)ISEHANHONTEN

開催期間 2024年1月30日~2024年4月7日

紅ミュージアム テーマ展示「梅と桜」

紅ミュージアム

日本を代表する花として愛されてきた梅と桜。梅は奈良時代の720年頃に中国から招来され、桜ははるか以前より日本の野山に在来していた花です。いずれも日本の風土の中に育まれ、“美しいもの”“よいもの”の喩えとして用いられるようになりました。『万葉集』(759~780年頃)には、薬師張氏福子の「梅の花 咲きて散りなば 桜花 継ぎて咲くべく なりにてあらずや」と詠まれ、すでに梅と桜は相互関係に置かれています。『万葉集』で詠まれた梅と桜の歌の数は、梅は120余首、桜は40余首で圧倒的に梅の方が多く、植物では2番目の多さです。当時はまだ白梅のみで紅梅は平安時代からのものですので、その白さを雪に喩えたり雪と対比したりする歌が多く歌われています。一見、当時は桜より梅の方が好まれていたように感じるかも知れませんが、これは文人たちの舶来の新趣味に負うところが大きく、決して歴史の長さや分布の広さからいっても在来の桜を凌駕していたわけではありません。時が移り、人々の嗜好や趣味が華美に向かう平安時代になると桜の品種改良も進み、観賞においても桜が優位となっていきます。一方、梅は香りが注目され、また、色の華やかな紅梅も脚光を浴びるようになります。以降、「梅=香り」、「桜=色彩」を嘆美する和歌が顕著になります。化粧道具や化粧品にも、この傾向は見て取れます。化粧道具や化粧品ラベルに咲く「梅と桜」は、私たちの感受性と購買意欲をどのように刺激してくれるでしょうか。ぜひ、紅ミュージアムで梅見・桜見をお楽しみください。

【開催期間】1/30(火)~4/7(日)※入場無料、毎週日・月休館(2/25からは日曜日も開館)
【開催時間】10:00~17:00(最終入館は16:30まで、4/5のみ13:00~19:00)
【会場】紅ミュージアム(港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1階)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩12分
【協力】アダチヨシオコレクシオン
【お問い合わせ先】03-5467-3735(紅ミュージアム)
https://www.isehanhonten.co.jp/cat-museum/theme_20240130/

世田谷のまちと暮らしのチカラ―まちづくりの歩み50年―

(c)Lifestyle Design Center

開催期間 2024年1月31日~2024年4月21日

世田谷のまちと暮らしのチカラ―まちづくりの歩み50年―

三軒茶屋キャロットタワー

世田谷区は、鉄道が敷設されたことをきっかけとして1920年代に都市化が始まり、今日にいたるまで東京の郊外として発展してきました。たくさんの人が集まり住むところには、そこに独自の生活文化が生まれます。一世紀に及ぶ都市化のなか、世田谷で発達したそのような生活文化の一つに、「まちづくり」があります。この言葉が広く世の中の人々に知れ渡るようになったのは1970年代のことです。世田谷区では住民参加を掲げ、1980年代からまちづくりや公共施設の整備が進められました。また、よりよい地域づくりには区民の参加が不可欠として、1990年代以降、区民のさまざまなまちづくりの活動を支援するしくみが生まれました。まちづくりは、世田谷の中でどのように発達し、何を残してきたのでしょうか。そしてそれは地域の人々の「まちと暮らし」をどう豊かにしてきたのでしょうか。本展では、「まちづくりの空間」、「地形と都市計画」、「グラフィックデザインと都市デザイン」、「ワークショップと道具箱」、「市民のデザイン」の5つのパートにより、世田谷において住民参加のまちづくりがつくり出してきた「まち」と、そこで繰り広げられてきた「暮らし」を見渡します。
<関連イベント>
未来の世田谷シンポジウム
日時:3/17(日) 13:00~18:00(参加費無料、事前申込制)
現在の活動から見えてくる「50年先の世田谷のまちづくり」とは?4つのテーマ・事例から、企業とそれぞれの活動の実践者にお話を伺います。
・「KOMAZAWA MOAI FARMから始まる駒沢のまちと駅のこれから」
登壇:株式会社イマックス、東急電鉄株式会社
・「下北沢で働く~誰かのやってみたいが街とつながるワークプレイス~」
登壇:株式会社ヒトカラメディア、株式会社はこぶん、京王電鉄株式会社
・「公共施設を核とした新たなコミュニティづくり」
登壇:さくら花見堂の会、まもりやまテラスの会、株式会社世田谷サービス公社
・「企業と市民が連携した『緑の基軸づくり』~下北沢の事例から」
登壇:一般社団法人シモキタ園藝部、小田急電鉄株式会社

【開催期間】1/31(水)~4/21(日)※入場無料、祝日除く月曜休み
【開催時間】9:00~21:00
【会場】生活工房ギャラリー(世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3階)
【アクセス】東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩5分、東急世田谷線「三軒茶屋駅」からすぐ
【お問い合わせ先】03-5432-1543(公益財団法人せたがや文化財団 生活工房)
https://www.setagaya-ldc.net/program/564/

花澄写真展「世界に、なにを見よう」

(c)KITAMURA Co., Ltd.

開催期間 2024年2月23日~2024年3月19日

花澄写真展「世界に、なにを見よう」

新宿 北村写真機店

当店で写真展を開催するのは2回目となる花澄氏。俳優やナレーター、写真家など幅広く活躍されている花澄氏が本写真展で伝えたい想いとは…。セルフポートレートと風景を組み写真にして20点ほど展示します。

【開催期間】2/23(金)~3/19(火)※入場無料
【開催時間】10:00~21:00
【会場】新宿 北村写真機店 6階イベントスペース(新宿区新宿3-26-14)
【アクセス】JR・京王線・小田急線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩4分、東京メトロ丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩1分、都営地下鉄大江戸線「新宿西口駅」から徒歩4分、西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩7分
【お問い合わせ先】03-5361-8300(北村写真機店)
https://www.kitamuracamera.jp/ja/event/20240223-photoexhibition

ライティング・コラボレーションかなまちイルミネーション2023-2024

(c)ライティングコラボレーションかなまち実行委員会事務局

開催期間 2023年12月1日~2024年2月29日

ライティング・コラボレーションかなまちイルミネーション2023-2024

東京理科大学 葛飾キャンパス

東京都葛飾区金町地域の冬の風物詩、金町駅周辺と東京理科大学葛飾キャンパスにつながる通りを中心にライトアップする「ライティング・コラボレーションかなまち」を開催。今年は「かなまちイルミネーション」「ふるさと・クリスマスマーケット」「東京理科大学とのコラボレーション」の3つを実施。かなまちイルミネーションでは、金町駅周辺を中心に、金町北口駅前団地広場や、東京理科大学前など6か所に約19万級を飾り付けます。ブルーを基調に、ゴールドのアクセントカラーを加えたイルミネーションは、金町を訪れた人々を魅了します。12/16日(土)には、金町駅北口駅前団地広場で「ふるさと・クリスマスマーケット」を実施。過去最多の42店が参加する飲食・物販イベントの他、フリーマーケットやステージイベント、商品券が当たるスタンプラリーなども開催し、イルミネーションとともに大いに楽しめます。

【開催期間】12/1(金)~2/29(木)※入場無料
【開催時間】17:00~23:00
【会場】JR金町駅北口・南口~東京理科大学葛飾キャンパス前ほか(葛飾区新宿6-3-1)
【アクセス】JR「金町駅」・京成金町線「京成金町駅」から徒歩すぐ
【お問い合わせ先】03-3838-5558(ライティングコラボレーションかなまち実行委員会事務局)
https://www.lc-kanamachi.com/illumination

ものたちの誰彼(たそがれ)展

(c)ATELIER MUJI

開催期間 2024年2月2日~2024年3月25日

ものたちの誰彼(たそがれ)展

ATELIER MUJI GINZA Gallery

今展では、割れても、歪んでも、それでも残されてきたガラスを撮り続けてきたフォトグラファー・泊昭雄氏の写真作品とその被写体を展示。時を重ね、朽ちていく様をとらえた数々の作品には、夕暮れ前の薄暗い誰彼(たそがれ)時の空気感やくらしの記憶が宿っているようにみえる。泊氏の写真作品を通し、身近なこわれやすいものとのつきあい方を再考し、日常の中に潜んでいる“ものたちの誰彼”を感じるような展示を試みます。

【開催期間】2/2(金)~3/25(月)※入場無料、物販有料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~21:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery2(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3538-1311(無印良品 銀座)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/6383/

警視庁創立150年記念特別展

(c)Metropolitan Police Department

開催期間 2024年2月20日~2024年3月2日

警視庁創立150年記念特別展

ポリスミュージアム 警察博物館

本展示では、1923年の関東大震災で焼失した当時の庁舎に掲げられていた「警視庁」の看板の実物が初めて展示されるほか、明治時代からの歴代の制服や日本初の木製免許証など、およそ600点の展示を見ることができます。今の警棒の代わりとなるサーベルのほか、制服の変遷なども展示されます。ドラマ『相棒』に出演する俳優の水谷豊や、人気漫画『名探偵コナン』の作者・青山剛昌ら、警察ゆかりの小説やドラマなどで活躍する著名人のサイン色紙も飾られています。

【開催期間】2/20(金)~3/2(土)※入場無料、2/26(月)は休館
【開催時間】9:30~16:00(最終入館は15:30)
【会場】ポリスミュージアム 警察博物館 6階イベントホール(中央区京橋3丁3-5-1)
【アクセス】東京メトロ銀座線「京橋駅」から徒歩約2分、東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」から徒歩6分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩4分、都営地下鉄浅草線「宝町駅」から徒歩5分、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」から徒歩7分、JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3581-4321(ポリスミュージアム 警察博物館)
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html

西恋山イルミネーション2024

(c)Shinagawa Tourism Association

開催期間 2024年2月2日~2024年3月20日

西恋山イルミネーション2024

西小山駅前広場

2017年から始まった「西恋山イルミネーション」が今年も開催。西小山駅前広場とロータリーが、イルミネーションで彩られます。

【開催期間】2/2(金)~3/20(水・祝)※入場無料、飲食・物販は有料
【開催時間】17:00~23:00
【会場】西小山駅前広場(品川区小山6-3-10)
【アクセス】東急目黒線「西小山駅」から徒歩1分
https://shinagawa-kanko.or.jp/event/nisikoyamaillumi2024/

NHK放送博物館企画展示「連続テレビ小説『ブギウギ』」パネル展」

(c)NHK

開催期間 2024年1月4日~2024年3月31日

NHK放送博物館企画展示「連続テレビ小説『ブギウギ』」パネル展」

NHK放送博物館

現在放送中の連続テレビ小説「ブギウギ」。ヒロインは戦後の大スター笠置シヅ子さんがモデルです。「東京ブギウギ」や「買物ブギー」など数々の名曲とともに、日本の朝にあふれる笑顔をお届けします。ぜひ「ブギウギ」の世界をお楽しみください!
<イベント内容>
・あなたもスズちゃんに!なりきりフォトスポット
・番組説明パネル展示
・番組ポスター展示

【開催期間】1/4(火)~3/31(日)※入場無料、休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
【開催時間】10:00~16:30(入館は16:00まで)
【会場】NHK放送博物館 1階 ロビー(港区愛宕2-1-1)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-5400-6900(NHK放送博物館)
https://www.nhk.or.jp/museum/event/202401/20240104.html