EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

大森海苔のふるさと館企画展「写真家の卵がとらえた海苔と共に生きる大森の人々」

(c)大森 海苔のふるさと館

開催期間 2022年4月19日~2022年8月14日

大森海苔のふるさと館企画展「写真家の卵がとらえた海苔と共に生きる大森の人々」

大森 海苔のふるさと館

日高勝彦氏は大田区在住のカメラマンです。大学の写真学科を卒業後、共同通信社の報道写真家を経て、建築写真や広告写真などを撮影するカメラマンとして活躍。昭和30年代、日高氏は大田区に暮らし、大学で写真を学ぶ青年時代を過ごしていました。当時は、高度経済成長が始まる直前で、大田区は町工場が活気を帯びつつある一方、海辺では伝統的な地場産業である海苔養殖が続けられていました。浜の活気に興味をひかれた日高青年は、卒業研究の題材を求めて足しげく大森に通いました。時には海苔生産者に頼み込み、船に同乗して仕事の様子を撮影しました。60年以上を経て、写真をまとめるために日高氏が海苔のふるさと館を訪ねました。かつて撮りためた写真に写っていたのは、海苔養殖の仕事に誇りをもち、活気にあふれた大森の人々の姿。今回は、日高勝彦氏が大学時代に撮影した大森の海苔養殖の風景と、それに従事する人々を写した写真を展示します。写真を通して、大森の人々の暮らしぶりと、当時の街の面影をご覧ください。

【開催日時】4/19(火)~8/14(日)※入場無料、休館日は5/16、6/20~6/24、7/19
【開館時間】9:00~17:00(6~8月は19:00まで)
【会場】大森 海苔のふるさと館(大田区平和の森公園2-2)
【アクセス】京急「平和島駅」から徒歩15分、東京モノレール「流通センター駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-5471-0333(大森 海苔のふるさと館)
https://www.norimuseum.com/

天野浩子展「見えない景色」

(c)SEIBU PROPERTIES

開催期間 2022年3月22日~2022年5月19日

天野浩子展「見えない景色」

東京ガーデンテラス紀尾井町

石を素材にさまざまな表現を試みる彫刻家・天野浩子氏の作品展。アトリエで石を削るとき、日の光が当たる明るいところと陰になっている暗いところの境目を見ている。光がもたらす色の変化で形を把握することができるから。丸みのある形は積もった雪の起伏から着想を得ており、それが載る立方体には晴れ渡った空の色を塗りました。形と色は記憶と結び付く。ふくらみのある形と立方体の単純な色が、それぞれの人が記憶している景色を呼び起こします。

【開催期間】3/22(火)~5/19(木)※観覧無料
【開催時間】11:00~20:00
【会場】東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー2F オフィスエントランス(千代田区紀尾井町1-2)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」9a出口直結、東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3288-5500(東京ガーデンテラス紀尾井町)
https://www.tgt-kioicho.jp/event/details/evnt354.html

MIDTOWN OPEN THE PARK 2022

(c)Tokyo Midtown Management

開催期間 2022年4月22日~2022年5月29日

MIDTOWN OPEN THE PARK 2022

東京ミッドタウン


都心の真ん中で自然を満喫できるイベント「MIDTOWN OPEN THE PARK 2022」が、期間限定で開催。芝生広場に、地球を構成する5つのエレメント「地・水・火・風・空」をテーマに国内建築家とのコラボレーションで制作された遊具が集まる「PLAY EARTH PARK」が登場し、子どもたちにがのびのびと自由に遊びを満喫できるほか、ミッドタウン・ガーデンには、国内外のアーティスト・デザイナーによる約100体のカラフルなこいのぼりが群泳する「こいのぼりGALLERY」をはじめ、緑に囲まれたくつろぎの空間「Nonbiri On the Green」、デザイナー46名によるカラフルでユニークな「PICNIC SHEET EXHIBITION」が登場!家族や友達と、アクティブに過ごすもよし!のんびり自然を満喫するもよし!それぞれのシーンに合わせて思い思いの時間を満喫できます。4/29(金・祝)からはハワイの魅力を満喫できる「One Aloha Festival 2022」が同時開催されます。また、会期中は様々なワークショップが開催されるほか、ガレリアB1ではゴールドウインが展開するGoldwin、THE NORTH FACE、HELLY HANSEN、Speedo、Canterburyの5つのブランドとデザイナーとのコラボアイテムなどを販売するポップアップストアも展開します。

【開催期間】4/22(金)~5/29(日)※入場無料
【開催時間】11:00~20:00※イベントにより異なります
【会場】東京ミッドタウン 芝生広場、ミッドタウン・ガーデン(港区赤坂9-7-1)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「六本木駅」8番出口より直結、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3475-3100(東京ミッドタウン・コールセンター)
https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/openthepark/

ハンガリー文化センター企画展示「ヘレンド工房の魅力を紐解く」

(c)ハンガリー文化センター

開催期間 2022年4月7日~2022年5月26日

ハンガリー文化センター企画展示「ヘレンド工房の魅力を紐解く」

ハンガリー文化センター

リスト・ハンガリー文化センターでは、約200年の歴史を持ち、各国の貴族やセレブに愛される陶磁器ブランド「HEREND(ヘレンド)」の魅力に迫るイベント展示「へレンド工房の魅力を紐解く」を開催します。ヘレンドは、ハプスブルク家の統治下にあった1826年、ハンガリ-西部のへレンド村に開窯し工房を開きました。1851年イギリス ロンドンのロンドンで開催された世開催の世界初の万国博覧会に出品し、時のヴィクトリア女王がウィンザー城用にディナーセットを注文、後年そのシリーズ名が「ヴィクトリア」と名付けられました。また皇帝フランツ・ヨ―ゼフの庇護の下、1864年に一時閉窯したウィーン窯の絵柄「ウィーンの薔薇」を継承。次いで1867年のパリ世界万国博覧会で、ナポレオン三世の皇妃ウージェニが「インドの華」を購入。シノワズリシリーズなど次々とヒット作を生み、現在に至るまで時代が大量生産機械化へと流れても、手造り・手描きを大切に守り、その多彩な絵柄に加え高い芸術性とチャレンジ精神で世界を魅了し続けています。今回、ヘレンドの魅力を最大限にお届けするため、会場に大きなテーブルをご用意。約4000種類ともいわれるへレンドの絵柄の中から、特に人気のあるヒストリカルなシリーズを選りすぐり、ご紹介します。

【開催期間】4/7(木)~5/26(木)※入場無料、土曜・日曜・祝日休館、4/15(金)と4/18(月)はハンガリーの祝日のため休館、4/23(土)・5/21(土)は13:00~17:00に限り特別開館
【開催時間】10:00~17:00
【会場】ハンガリー文化センター(港区麻布十番3-8-1 日比谷麻布十番ビル1階)
【アクセス】東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」から徒歩3分
【主催】駐日ハンガリー大使館、ハンガリー文化センター、株式会社メガハウス
【お問い合わせ先】03-6459-4931(ハンガリー文化センター)
https://culture.hu/jp/tokio

『デビルマン』&『マジンガーZ』50周年特別企画「DVZ50」

(c)Crazy Bump/Hakabanogarou

開催期間 2022年5月12日~2022年5月30日

『デビルマン』&『マジンガーZ』50周年特別企画「DVZ50」

中野ブロードウェイ

世界的な巨匠であり鬼才・永井豪先生が描き、現在に至るまで力強く輝き続ける傑作『デビルマン』と『マジンガーZ』。誕生から半世紀を経た2022年、新たな歴史に鋼鉄の楔を打つ記念碑的な特別企画です!店のエントランスにはド迫力の等身大『デビルマン』像を始め、貴重なコレクターズアイテムを大陳列!会場内には50周年を彩る展示やフォトスポットなどの限定企画も常時開催。また50周年記念として新たにデザインされたアパレルや雑貨、ソフビ、フィギュアなどのオリジナル商品も多数販売!原作愛に溢れるファン納得のアイテムはもちろん、国内外の人気アーティストやブランドとの悪魔的巨大コラボも実現し、新旧『デビルマン』『マジンガーZ』カルチャーを結ぶ、大ボリュームのラインナップでお送りします。混沌と化した50年後の現代だからこそ存在感を増す両作品の、新しい50年の歴史的瞬間を体感せよ!

【開催期間】5/12(木)~5/30(月)※入場無料、物販有料
【開催時間】平日12:00~20:00、土日祝日11:00~20:00
【会場】墓場の画廊本店(中野区中野5丁目52-15 中野ブロードウェイ3F)
【アクセス】JR・東京メトロ東西線「中野駅」からより徒歩5分、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-5318-9221(墓場の画廊本店)
【主催】株式会社クレイジーバンプ
https://hakabanogarou.jp/

自転車文化センター 令和3年度 第1回テーマ展示「自転車月間展」

(c)自転車文化センター

開催期間 2022年4月27日~2022年7月24日

自転車文化センター 令和4年度 第1回テーマ展示「自転車月間展」

自転車文化センター

昭和56年5月に「自転車基本法」制定を記念して、毎年5月を「自転車月間」とし、平成10年からは5月5日を「自転車の日」として、広く一般の方へ自転車月間の趣旨を周知すべく、国際自転車ロードレースなど自転車に関わる様々なイベントを実施しています。平成29年5月1日付けで「自転車活用推進法」が施行され、5月は「自転車月間」、5月5日は「自転車の日」と改めて法律で定められ、全国において様々な自転車を活用した施策の推進が行われています。本展示では、自転車月間にまつわる様々な展示や、3年ぶりに実開催を行う「サイクルドリームフェスタ2022」、公道を使用して行う自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン2022」など自転車月間期間中の各種イベントの紹介やロードバイク・チームジャージなどの展示を行います。

【開催期間】4/27(水)~7/24(日)※入場無料、月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日休み)
【開催時間】9:30~15:00(最終入館は14:45まで)
【会場】自転車文化センター ギャラリー、ライブラリー(品川区上大崎3-3-1 自転車文化センター1F)
【アクセス】JR・東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線・東急目黒線 「目黒駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-4334-7953(自転車文化センター)
https://cycle-info.bpaj.or.jp/?tid=100538

樺山祐和個展「堂」

(c)樺山祐和、油彩、244×151cm、2022

開催期間 2022年5月16日~2022年5月22日

樺山祐和個展「堂」

上野の森美術館

木々をテーマに、樺山祐和氏の生活の周辺に生きる「木」を生命力豊かに描きました。会場では2021年から2022年に制作した新・近作12点を展示。一見、書を思わせるような勢いある枝ぶりと迫りくる力に圧倒されるような作品との対話を体感できます。

【開催期間】5/16(月)~5/22(日)※入場無料、会期中無休
【開催時間】10:00~17:00(最終入場は閉館30分前まで、最終日は15:00閉館)
【会場】上野の森美術館ギャラリー(台東区上野公園1-2)
【アクセス】JR・東京メトロ銀座線・日比谷線・京成線「上野駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3833-4191(上野の森美術館)
https://www.ueno-mori.org/exhibitions/article.cgi?id=1071003

平和祈念展示資料館 交流展「息子として、兄として、父として 特攻隊員が遺した言葉」

(c)平和祈念展示資料館

開催期間 2022年4月26日~2022年7月3日

平和祈念展示資料館 交流展「息子として、兄として、父として 特攻隊員が遺した言葉」

平和祈念展示資料館

平和祈念展示資料館では、第二次世界大戦における、兵士、戦後強制抑留者、海外からの引揚者の労苦について、国民の理解を深めるための活動の一つとして、他館と連携した交流展を行っています。令和4年度は、鹿児島県南九州市の知覧特攻平和会館との交流展を開催します。知覧特攻平和会館では、大戦末期の沖縄戦において、航空特攻作戦により散華された陸軍特別攻撃隊員1036名の遺影や遺書、遺品等を展示しています。航空特攻は主として、爆弾を着装した航空機にパイロットが搭乗したまま、敵の艦船に体当たりする「必死」の作戦です。亡くなった特攻隊員は17歳から32歳、平均年齢21.6歳の若者たちでした。
本交流展では、知覧特攻平和会館の所蔵資料を借用し、特攻隊員が家族や恋人に宛てた手紙や遺品等をエピソードとともに紹介します。息子として、兄として、夫や父として、大切な人へ最期の言葉を遺し、知覧基地から「十死零生」の還らざる空へと飛び立った特攻隊員たちの姿に迫ります。

【開催期間】4/26(火)~7/3(日)※入館無料、休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)
【開催時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【会場】平和祈念展示資料館 企画展示コーナー(新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33階)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩7分、JR・小田急線・京王線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩10分
【主催】平和祈念展示資料館、知覧特攻平和会館
【お問い合わせ先】03-5323-8709(平和祈念展示資料館)
https://www.heiwakinen.go.jp/kikaku/20220331-1200/

千代田区立千代田図書館展示「ありがとう 岩波ホール」

岩波ホールのホール開き(1968年,岩波ホール提供)/(c)Chiyoda City

開催期間 2022年4月25日~2022年7月23日

千代田区立千代田図書館展示「ありがとう 岩波ホール」

千代田区役所・千代田区立千代田図書館

2022年7月、54年の歴史に幕を下ろす岩波ホール。これまでに270作品以上の映画を上映してきたこの映画館は、映画の街・神保町を支え、ミニシアターの草分け的存在として、日本全国の映画館文化に多くの影響を与えてきました。今展は、これまでの岩波ホールの歴史を振り返る展示を3期に分けて開催します。また、6/23(月)からは、9階展示ウォールにも展示会場を拡大し、過去の上映作品の紹介を行います。

【開催期間】4/25(月)~7/23(土)※入場無料、休館日:5/22(日)、6/26(日)
【開催時間】10:00~22:00(閉館時間は平日22:00まで、土曜19:00まで、日曜・祝日17:00まで)
【会場】千代田区立千代田図書館 9階 地域連携コーナー 展示ウォール(千代田区九段南1-2-1 千代田区役所9階)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩5分
【主催】千代田区立千代田図書館
【協力】岩波ホール
【お問い合わせ先】03-5211-4290(千代田図書館)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20220425-post_476/

国立公文書館 令和4年春の特別展「沖縄復帰50周年記念特別展 公文書でたどる沖縄の日本復帰」

(c)NATIONAL ARCHIVES OF JAPAN

開催期間 2022年4月23日~2022年6月19日

国立公文書館 令和4年春の特別展「沖縄復帰50周年記念特別展 公文書でたどる沖縄の日本復帰」

国立公文書館

令和4年(2022)は、昭和47年(1972)に沖縄が日本に復帰して50周年を迎えます。これを記念して、戦後の沖縄の歩みと日本政府の沖縄に関する政策を、当館所蔵資料から描く特別展を開催します。当館は国の行政機関から移管された歴史公文書等を所蔵しており、その中には、戦後アメリカの統治下におかれた沖縄の援助、復帰に向けた法制度の整備、復帰後の振興開発政策等の日本政府の沖縄に関する政策を示す資料が含まれています。 また、復帰を実現した佐藤榮作首相の資料の寄贈を受けています。これらの資料から、沖縄がどのように日本への復帰を果たしたか、また、復帰後の沖縄の歩みがどのようなものだったのかをご紹介します。

【開催期間】4/23(土)~6/19(日)※入場無料、期間中無休
【開催時間】9:15~17:00(入館は16:30まで)
【会場】独立行政法人 国立公文書館(千代田区北の丸公園3-2)
【アクセス】東京メトロ東西線「竹橋駅」徒歩5分
【お問い合わせ先】03-3214-0621(独立行政法人 国立公文書館)
https://www.archives.go.jp/exhibition/index.html#ex_0404