EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

国より叙勲、授章の栄誉受けたるお二人の合同祝賀会は市民文化会館にて展開。「津軽・聊爾先生行状記」より(c)Ryoji Akiyama

国より叙勲、授章の栄誉受けたるお二人の合同祝賀会は市民文化会館にて展開。「津軽・聊爾先生行状記」より(c)Ryoji Akiyama

開催期間 2021年1月4日~2021年3月31日

写真歴史博物館 企画写真展「ここに人間味あふれる写真家がいます。秋山亮二『津軽・聊爾(りょうじ)先生行状記』」

東京ミッドタウン ウエスト

秋山亮二氏(1942—)は戦後日本を代表する写真家の一人です。国内外での旅や滞在を通じ、各地で出会った人々や風景を独特の距離感と間合いでとらえた写真は、国際的にも高く評価されています。秋山氏はAP通信社東京支局、朝日新聞社写真部に勤めたのち、1967年にフリーランスの写真家となりました。当初はフォトジャーナリストの視点で、インドの飢餓や離島の八丈島の過疎化といった社会問題を積極的に取材していましたが、ジャーナリストという職業が自分に不向きであることを徐々に自覚したことで、もっと自分の周りをよく見ることの大切さに気づき、旅先や滞在先で出会う人々に心を寄せ、その光景を温かな眼差しでとらえる写真へと作風を変化させていきました。「津軽・聊爾先生行状記」は1978年に自身初の写真集として発表された、秋山氏の初期の代表作です。独立して7年が経過した頃、しばらくの間、東京を離れて暮らしたいと思い立った秋山氏は、ユニークな発想のもと、新たな作品づくりに取り組み始めます。それは「仮想の支局長として自らを地方都市に派遣し、その暮らしを仮想の本社へ写真でリポートすることで、何か見えてくるのではないか」という試みでした。家族とともに1975年夏から1977年春にかけて青森県弘前市に移り住んだ秋山氏は、仮想の役割を担い、津軽の地で過ごした月日と、出会った人々を愛情ゆたかに、軽やかに写真で記録していきました。これらの写真群は、戦後の高度経済成長を糧に発展する地方都市の文化をとらえつつ、一時ながら、同じ時間と場所に生きた津軽の人々の日常と人生の機微を、そして彼らに心を重ねようとする写真家の人間味あふれる視点を映し出しています。作品名にある「聊爾(りょうじ)先生」の「聊爾」とは、軽率・不作法などを意味する言葉で、秋山自身が本名の「亮二」という音に当て、生来の気質を自嘲的に、遊び心たっぷりに表現したものです。また一葉一葉の写真には、秋山の愛読書である江戸中期の滑稽本、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」の文体を模した、秋山氏自身による擬古文調のユーモアに満ちた文章が添えられています。これらの言葉遊びは、秋山の写真にさらなる楽しみと味わいを加え、唯一無二の豊かな世界を作り上げています。本展は、1975年から約2年にわたり撮影された写真家・秋山亮二氏の傑作「津軽・聊爾先生行状記」より、精選した30点を新たに制作したオリジナルプリントで展示いたします。撮影から40年以上が経過した今、時代の変化とともに、写真も技術的・思想的に大きな変革を遂げました。しかし、1970年代の津軽で撮られた秋山氏の写真には、一瞬を記録するという写真の原点が鮮やかに表現され、その時、その場所でしかとらえることのできない時代と、一期一会の人々の人生が刻み込まれています。秋山氏がとらえた日本の古き良き時代の空気、人間同士の心が通い合う温かさは、ある世代には懐かしく、ある世代には新鮮に映り、現代を生きる私たちに新たな眼と、安らぎの時を与えてくれることでしょう。人間味あふれる写真家・秋山亮二氏の、ユーモアに満ちた温かな世界をどうぞお楽しみください。

【開催期間】1/4(月)~3/31(水)※入場無料、会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【作品点数】小全紙サイズ・30点
【主催】富士フイルム株式会社
【後援】港区教育委員会
【企画】フォトクラシック
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/detail/21010404.html

開催期間 2020年11月14日~2021年1月31日

OMOHARA Christmas illumination(オモハラ クリスマス イルミネーション)

東急プラザ表参道原宿

「東急プラザ表参道原宿」は、施設の象徴である屋上テラス「おもはらの森」において、「OMOHARA Christmas illumination(オモハラ クリスマス イルミネーション)」を11/14(土)~1/31(日)まで開催します。「OMOHARA Christmas illumination」は、樹木に囲まれた屋上テラス「おもはらの森」を約16,000球のイルミネーションで彩り、どこか懐かしく、ホッとできるような明るく優しい灯りの空間が登場します。今年は、心に安らぎを与えるブルーとホワイトをテーマにしたデザインで展開。緑に囲まれたオープンテラスで、イルミネーションの幻想的な光を楽しめます。このほか、館内のショップでは随時、クリスマスのお出かけやギフトに最適なアパレルや雑貨、クリスマスコフレや限定コスメを揃え、東急プラザ表参道原宿の“ここ”にしかないクリスマスが満載です。緑に囲まれたオープンテラス「おもはらの森」は、誰もが気軽に利用できるパブリックな憩いの場です。表参道・原宿エリアの象徴でもあるけやきをはじめ、四季が感じられる樹木や50種類以上の野草を配し、新たな「森」を創出。訪れる度に、新しい発見とそれぞれのお気に入りの場所を見つけられます。「おもはらの森」では、表参道と原宿の街を見守り、地域の方や来館者に愛され、親しまれる場所になれることを目指し、年間を通じてさまざまなイベントを開催しています。

【開催期間】11/14(土)~1/31(日)※入場無料
【開催時間】17:00~23:00
【会場】東急プラザ表参道原宿 6階屋上テラス「おもはらの森」(渋谷区神宮前4-30-3)
【アクセス】JR「原宿駅」から徒歩4分、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」から徒歩1分、東京メトロ銀座線・千代田線・半蔵門線「表参道駅」から徒歩7分
https://omohara.tokyu-plaza.com/

開催期間 2021年1月23日~2021年3月14日

第15回 藝大アートプラザ大賞展

東京藝術大学 上野キャンパス

藝大の全学生が応募できるコンペティション「藝大アートプラザ大賞」は、今年で15回目を迎えます。ここから多くのアーティストが巣立ち、さらなる活躍を続けています。本展では受賞・入選作品の全てが展示販売され、応募者の中には、初めて自分の作品に価格をつける学生もいます。

【開催期間】1/23(土)~3/14(日)※入場無料、月曜定休
【開催時間】11:00~18:00
【会場】東京藝術大学美術学部構内 藝大アートプラザ(台東区上野公園12-8)
【アクセス】JR「上野駅」、JR「鶯谷駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】050-5525-2102(藝大アートプラザ)
https://artplaza.geidai.ac.jp/gallery/2020/11/15.html

(c)會津八一記念博物館「青緑山水図巻」

(c)會津八一記念博物館「青緑山水図巻」

開催期間 2020年12月5日~2021年1月31日

富岡展 山水

早稲田大学 早稲田キャンパス

深山はかつて神仙の住処や冥界に通じる場として畏敬の念をもって見られました。山々の遠景や樹木、岩石、川の流れなどの風景が描かれた山水画は深い精神性を湛えた作品も多く、見ていると作品の中に引き込まれるような不思議な魅力が感じられます。江戸時代前期の禅僧・玉舟宗璠(ぎょくしゅうそうばん)(1600-1668)が賛を施した「瀟湘八景図屏風」(しょうしょうはっけいずびょうぶ)、近代の橋本雅邦(はしもとがほう)(1835-1908)の「山水図屏風」、富岡鉄斎(とみおかてっさい)(1836-1924)の「四季山水之図」四幅対、中国明代の山水を描いた掛幅や画巻など、日本と中国の山水画に加え、山水をモチーフとする東洋陶磁作品を展示します。山水画の幽玄な世界や簡素で明るい雰囲気の山水文様をお楽しみください。

【開催期間】12/5(土)~1/31(日)※入場無料、水曜休館、12/28(水)~1/6(水)休館
【開催時間】10:00~17:00
【会場】早稲田大学會津八一記念博物館 富岡重憲コレクション展示室(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス2号館)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2020/11/11/3226/

開催期間 2020年12月11日~2021年1月31日

イルミネーションアイランドお台場2020inダイバーシティ東京プラザ

ダイバーシティ東京

お台場エリアの商業施設や宿泊施設、交通機関や公園など全23の施設が参加し、様々なイルミネーションを一斉点灯する「イルミネーションアイランドお台場2020」。フェスティバル広場のカラフルな大階段は、12/11(金)~1/31(日)の期間限定で特別演出を実施します!

【開催期間】12/11(金)~1/31(日)
【開催時間】17:00~22:00
【会場】ダイバーシティ東京 プラザ(江東区青海1-1-10)
【アクセス】東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩3分、ゆりかもめ「台場駅」から徒歩5分
【主催】東京臨海副都心まちづくり協議会
【参加団体】アクアシティお台場、デックス東京ビーチ、ダイバーシティ東京 プラザ、ヴィーナスフォート、ヒルトン東京お台場、グランドニッコー東京 台場、株式会社フジテレビジョン、パレットタウン、MEGA WEB、東京港埠頭株式会社、株式会社東京ビッグサイト、株式会社ゆりかもめ、東京臨海高速鉄道株式会社、国営東京臨海広域防災公園そなエリア東京、パナソニック株式会社、株式会社乃村工藝社、the SOHO、ビー・エム・ダブリュー株式会社、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、ARTBAY HOUSE、東京国際クルーズターミナル、株式会社東京臨海ホールディングス、株式会社東京テレポートセンター
【お問い合わせ先】03-5530-3011(一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会)
https://www.tokyo-odaiba.net/illumination2020/

開催期間 2020年12月2日~2021年3月31日

「ベアーベアーベアー」展

切手の博物館

世界のクマの仲間(ヒグマ、ツキノワグマ、マレーグマ、メガネグマ、ホッキョクグマ、ジャイアントパンダなど)や、デザイン化されたクマの切手を一堂に紹介する、クマ尽くしの展覧会です。大きくて力が強いクマは、伝説や物語に登場したり、紋章に描かれたり、古くから人間との関わりが深い動物です。今日では、自然環境保護や地球温暖化防止の観点から、クマが注目されています。その象徴として、メッセージ性に富んだクマの切手が世界各国、地域から発行されている、といっても過言ではないでしょう。これらのクマが登場する多様な切手を、存分にお楽しみください。

【開催期間】12/2(水)~3/31(水)※月曜日、12/28(月)~1/4(月)休館
【開催時間】10:30~17:00
【会場】切手の博物館 1階 企画展示室(豊島区目白1-4-23)
【アクセス】JR「目白駅」から徒歩3分
【観覧料】大人:200円、小中学生:100円、障害者:無料
【お問い合わせ先】03-5951-3325(切手の博物館)
https://kitte-museum.jp/2020/03/03/k20201126/

「約束」(c)Rieko Honma

「約束」(c)Rieko Honma

開催期間 2021年1月15日~2021年1月28日

富士フイルムフォトサロン若手写真家応援プロジェクト【写真家たちの新しい物語】Rieko Honma写真展「白日夢」

東京ミッドタウン ウエスト

<「写真家たちの新しい物語」について>富士フイルムフォトサロン 東京は、若手写真家の皆様に写真展を行う意義や楽しみを見出していただき、写真文化の発展に繋げる為、2013年から年数回、若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」を開催しています。当社は写真展を開催する為のプリントや制作費等を支援しています。
<展示概要>若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」第23弾は、この世界に存在する様々な目に見えない境界線を表現し続けているRieko Honma氏による写真展を開催いたします。今作では夢と現実の境をテーマに水辺や砂浜、森を舞台に女性をモチーフにした作品を制作。「形のないものに写真で形を与えたい」というHonma氏ならではの世界観をお楽しみください。
<写真家からの写真展紹介>夢と現実のように形を持たない世界。確かに存在するのに、実態を持たない不確かで曖昧なもの。ふたつの世界を区切る、その間に私はいる。人の内面(心の中)と外世界(現実世界)の境界線とは。現実が境界線を超えてくることも、心に秘めていた夢や、抑えていた感情が境界線から溢れ出すこともあるだろう。その見えない境界線を表現したいと思っている。
<写真展関連プログラム>展示期間中に、「写真家によるギャラリートーク ムービー」を公開する予定です。展示初日以降、フジフイルム スクエアのウェブサイト内「写真展の鑑賞ガイド」に掲載予定です。
<Rieko Honma(りえこ ほんま)プロフィール>2010年より独学で写真を表現手段に作品制作を始める。「白日夢」「少女たちの脆さ、不安定さ」「心の中と現実の境界線」などをテーマに写真によって形のないものに形を与えたいと思い表現し続けている。

【開催期間】1/15(金)~1/28(木)※入場無料、会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン東京 スペース3(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【作品点数】全紙サイズ、カラー、約30点
【主催】富士フイルム株式会社
【協力】株式会社日本写真企画
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s3/21011505.html

(c)東京ガーデンテラス紀尾井町

(c)東京ガーデンテラス紀尾井町

開催期間 2020年11月20日~2021年2月14日

KIOI WINTER '20/'21

東京ガーデンテラス紀尾井町

今年の紀尾井テラスには、約10メートルの生木を用いたクリスマスツリーが登場!木々の間には輝く動物たちのオブジェが設置され、見る人たちの未来を明るく照らします。ツリーには、環境に配慮した再利用可能な樹種が使用されており、“日々の生活に感謝しながら大切な人と未来を語り合う温もりのある特別な冬のひととき” というメッセージを込め、自然と調和した豊かで心地よい空間を演出します。

【開催期間】11/20(金)~2/14(日)※ツリーは12/25(金)まで
【開催時間】16:00~24:00
【会場】東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町1-2)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」9a出口直結、東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3288-5500(東京ガーデンテラス紀尾井町)
https://www.tgt-kioicho.jp/feature/event/illumination20-21/

開催期間 2020年10月31日~2021年1月24日

明治のたばこ王 村井吉兵衛

たばこと塩の博物館

村井吉兵衛(1864-1926)は、たばこが専売制になる1904年(明治37)以前に国内最大手だったたばこ業者です。京都のたばこ商の家に生まれた吉兵衛は、将来有望と見込んだ人物を引き入れて「村井兄弟商会」を設立し、アメリカの技術を学んでシガレット(紙巻きたばこ)の製造に乗り出します。1891年(明治24)に「サンライス」、1894年(明治27)には「ヒーロー」を発売し、同じく大手たばこ業者だった岩谷松平や千葉松兵衛と「明治たばこ宣伝合戦」を繰り広げました。さらに1899年(明治32)には葉たばこ産地のアメリカで勢力を増していたアメリカン・タバコ社と資本提携を結ぶなど、その斬新で大胆な経営は日本の産業界に大きな影響を与えました。たばこ専売制の施行によってたばこ業から撤退した後は、銀行を足がかりに鉱業や農場経営など様々な事業に着手し、政財界に幅広い人脈を築きました。当時の実業界では、渋沢栄一や岩崎弥太郎に匹敵する人物として評価されていましたが、今日ではその名を知る人は多くない“隠れた偉人”といえます。本展は6つの章とエピローグで構成します。たばこパッケージや看板・ポスターなどの多彩な館蔵資料から、村井兄弟商会を中心とした明治のたばこ産業について紹介するとともに、文書や写真などから吉兵衛が興した事業や一族の足跡をたどります。約150点の資料を通して、近代たばこ産業を創った実業家・村井吉兵衛の人物と業績を紹介します。

【開催期間】10/31(土)~1/24(日)※休館日は月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休み)、年末年始(12/29~1/4)
【開催時間】11:00~17:00(入館は16:30まで)
【会場】たばこと塩の博物館 2階特別展示室(墨田区横川1-16-3)
【アクセス】東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」から徒歩8分、都営地下鉄浅草線「本所吾妻橋駅」から徒歩10分
【入館料】大人・大学生100円、小中高校生50円、満65際以上(要証明書)50円
【お問い合わせ先】03-3622-8801(たばこと塩の博物館)
https://www.tabashio.jp/exhibition/2020/2010oct/index.html

「荒れるチョモランマ峰」(c)川井靖元

「荒れるチョモランマ峰」(c)川井靖元

開催期間 2021年1月22日~2021年1月28日

富士フイルムフォトサロン東京公募写真展 川井靖元写真展「岳・信仰・民」

東京ミッドタウン ウエスト

ヒマラヤ山脈の名峰の中には、山岳信仰の聖地として地域住民より崇め奉られている山が多い。内陸の高所山岳地域には人を容易に寄せ付けない厳しい険峻(けんしゅん)な高い岩峰があり、強力で敬虔(けいけん)な山岳信仰の場が出来、特異な山岳文化が育まれた。さらに歴史的には東西からの宗教布教との融合なども起き、少しずつ進化している。世界最大のヒマラヤ山脈のネパール、中国の国境線を挟んで北側にあるチョモランマ峰、南側にあるマナスル峰、西側にあるカイラス峰。その高所山岳と信仰、地域住民について紹介する展示です。
<川井靖元(かわい やすもと)氏プロフィール>1937年、東京都千代田区神田生まれ。東京工業大学卒業後、東京ガス入社。1976年、山岳雑誌「岳人」写真年度賞受賞。以降、山岳写真クラブ代表やクラブツーリズム講師等を経て、2017年より日本山岳写真協会・副会長。個展開催、山岳雑誌、写真雑誌等へは執筆多数。写真集は「山からのメッセージ」など多数出版。日本山岳写真協会 評議員・副会長。東京工業大学写真研究部顧問。日本山岳会・日本写真協会・山岳写真同人四季・日本中国友好写真協会会員。

【開催期間】1/22(金)~1/28(木)※入場無料、会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン東京 スペース1(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【作品点数】全倍・全紙サイズ、カラー、32点
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/21012201.html