EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

(c)Ogawa Kanako

(c)Ogawa Kanako

開催期間 2021年4月20日~2021年4月25日

小川佳奈子個展「裸になってなにが悪い vol.5」

The Artcomplex Center of Tokyo

「ありそうで、ない世界」をテーマに油絵を描いています。また、個展「裸になってなにが悪い」シリーズも、今年で5回目を迎えます。メインモチーフは引き続き動物や人体、そして近年は、手や足など身体の一部分だけも加わりました。そんなモチーフ達が繰り広げる世界をお楽しみ下さい。

【開催期間】4/20(火)~4/25(日)※入場無料、事前予約制、月曜休館
【開催時間】11:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT4(新宿区大京町12-9 アートコンプレックス・センター2F)
【アクセス】JR「信濃町駅」、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-3341-3253(アートコンプレックスセンター)
https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT214/ogawa_kanako.html

開催期間 2021年3月27日~2021年5月30日

「東京タワーで、あいましょう」計画展 TTA EXHIBITION

東京タワー

エンターテイメントをはじめとした日本の魅力を世界に「発見」「発信」していくプロジェクトである「東京タワーで、あいましょう。」計画の始動を記念した展示会が、東京タワーフットタウン3階「TOWER GALLERY」にて開催。内容は、画家のホセ・フランキーさんの作品展示や、プロマイドの「マルベル堂」100周年を記念した展示・イベントなど。また、会期中には、昨年12月に刊行された「Tokyo of TOKYO TOWER 東京タワーと東京の60年」(ギャンビット刊)の内容が常設展示されます。
<展示内容>
●常設展示:「Tokyo of TOKYO TOWER 東京タワーと東京の60年」刊行記念パネル展(会期中常設展示)
●企画展示:ホセ・フランキー展「いろいろ、色々」(3/27(土)~4/18(日)、club333にて連動トークイベント)
●企画展示:マルベル堂100周年記念展(4/23(金)~5/30(日)プロマイド撮影コーナー設置(有料/土・日開催予定)、プロマイド展示販売、club333にて連動トークイベント)

【開催期間】3/27(土)~5/30(日)※入場無料、
【開催時間】11:00~19:30(展望台の営業時間に準じて、変更の可能性があります)
【会場】東京タワー フットタウン3F「TOWER GALLERY」(港区芝公園4-2-8)
【主催】株式会社BJ
【協力】マルペル堂 エムズデザインオフィス 「東京タワーで、あいましょう」計画室
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分、都営地下鉄三田線「御成門駅」から徒歩6分、東京メトロ日比谷線「神谷町駅」から徒歩7分、東京メトロ浅草線「大門駅」から徒歩10分、JR「浜松町駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-3433-5111(東京タワー)
https://gallery.tokyotower.co.jp/index.html

開催期間 2021年4月16日~2021年4月25日

ワールドワインフェスティバルin六本木ヒルズ2021

六本木ヒルズ

人気のワインイベントが今年も六本木ヒルズにやってきます!ヨーロッパ各国の銘醸地から、アメリカ、チリ、アルゼンチン、オーストラリアなどのニューワールド迄、120種類以上の多彩なワインが出揃う。夜は21:00まで開催しているので仕事帰りにも気軽に立ち寄ってみよう。友達や家族と一緒に参加してみてはいかが?

【開催期間】4/16(金)~4/22(木)、4/24(土)~4/25(日)※入場無料(一部有料のイベントもあり)
【開催時間】11:00~21:00
【会場】六本木ヒルズ ヒルサイド2F「ヒルズカフェ」(港区六本木6-10-1)
【アクセス】東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」からすぐ(コンコースにて直結)
【お問い合わせ先】03-3458-4455(ピーロート・ジャパン株式会社)
https://www.pieroth.jp/2021-wwfes-hills-april/

(c)しょうけい館(戦傷病者史料館)

(c)しょうけい館(戦傷病者史料館)

開催期間 2021年3月16日~2021年5月9日

しょうけい館 春の企画展「病床からフィールドへ~スポーツに取り組んだ戦傷病者の軌跡~」

しょうけい館(戦傷病者史料館)

現在の障がい者スポーツは、戦争によって傷つきあるは病に倒れた傷病兵のリハビリがその起源となっております。本展では、戦時中に開催された傷病兵によるスポーツ大会や戦後の1964年東京パラリンピックを通して、戦傷病者が身体機能の回復・強化を目指す中でスポーツとどのように関わってきたのかを紹介します。期間中は1964年東京パラリンピックのカラー記録映画を上映します。東京パラリンピックのカラーによる記録映画は現在確認されているものではこの作品しかありません。厚生省・国立箱根療養所(当時)が企画・製作した作品で、開会式や15の競技・種目の様子が詳細に記録されています。
<証言映像上映>
内容:企画展に関連する証言映像と東京パラリンピックカラー記録映画を上映します。
日時:会期中毎日 10:00~17:00(鑑賞自由・無料)
場所:しょうけい館1階 証言映像シアター

【開催期間】3/16(火)~5/9(日)※入場無料、毎週月曜日休館(5/3(月)は開館し、5/6(木)は休館。入館は17:00まで)
【開催時間】10:00~17:30(入館は17:00まで)
【会場】しょうけい館(戦傷病者史料館)1階 企画展示室(千代田区九段南1-5-13 ツカキスクエア九段下)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3234-7821(しょうけい館 戦傷病者史料館)
https://www.shokeikan.go.jp/

(c)津田大介

(c)津田大介

開催期間 2021年3月9日~2021年4月26日

津田大介 木彫展

東京ガーデンテラス紀尾井町

社会や場所と対峙することで感じる「情動」が、木彫家・ 津田大介にとっての制作イメージです。「働く事」が「生きる事」であると考え、あえて激しい情動や我欲に迷走しながら生きるサラリーマンやキャバクラ嬢など、様々な人のかたちを、独特の劇画のような表現で制作しています。

【開催期間】3/9(火)~4/26(月)※観覧無料
【開催時間】11:00~20:00
【会場】東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー2F オフィスエントランス(千代田区紀尾井町1-2)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・有楽町戦・南北線「永田町駅」直結、東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」より徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3288-5500(東京ガーデンテラス紀尾井町)
https://www.tgt-kioicho.jp/event/details/evnt296.html

(c)奈良まほろば館

(c)奈良まほろば館

開催期間 2021年4月10日~2021年4月21日

奈良大和路ポスター展~100作の歴史から~

奈良まほろば館

奈良県などで毎年制作している奈良大和路ポスター。昭和29年から多くの国宝や重要文化財の仏像を取り上げて制作しており、今回で100作品目になります。記念すべき100作品目は、「東大寺 盧舎那仏坐像」で、広く人々の信仰を集め、親しみを込めて「奈良の大仏さん」と呼ばれています。今作のポスターは、珍しく特別に屋根裏からのアングルで、普段は距離があり、はっきりと見ることができない仏の優れた身体的特徴である三十二相の中の螺髪(らほつ:一本の髪が巻貝状にまとまった仏の頭髪を表します)や白毫(びゃくごう:仏の眉間にある白い巻き毛。右旋していて光を放ち、無量の国を照らすといいます)を見ることができます。本イベントでは、「東大寺 盧舎那仏坐像」のポスターとともに、過去に制作したポスターからセレクトし、併せてご紹介いたします。

【開催期間】4/10(土)~4/21(水)※入場無料
【開催時間】10:30~19:30
【会場】奈良まほろば館(中央区日本橋室町1-6-2 日本橋室町162ビル1階・2階)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3516-3931(奈良まほろば館)
https://www.mahoroba-kan.jp/

開催期間 2021年4月10日~2021年4月23日

プリンス 追悼5年 Pop-up Store by PGS

池袋パルコ

2016年4月21日に逝去したプリンス・ロジャーズ・ネルソンの追悼5年企画として、ポップアップストアが期間限定でオープン。プリンス(PRINCE)のグッズが販売されます。

【開催期間】4/10(土)~4/23(金)
【開催時間】11:00~20:00
【会場】池袋パルコ 本館6F PGD STORE(豊島区南池袋1-28-1)
【アクセス】JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ有楽町線・副都心線・丸ノ内線「池袋駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-6804-8711(JAMSHOPPING)
https://store.pgs.ne.jp/?_gl=1

開催期間 2021年3月2日~2021年6月27日

大平農園と畑のレシピ帖展

三軒茶屋キャロットタワー

明治時代、小説家の徳冨蘆花が「農的生活」を求めて世田谷に移り住んだように、戦前までの世田谷は田畑が広がり、多くの人々が農業を生業としていました。近代化・都市化が進み住宅街となった世田谷ですが、今も練馬区に次ぐ広さの農地があります。そしてその畑には数多のいきものが生息し、地域の環境を支えています。世田谷区等々力に400年続く大平農園は、昭和20年代に当時珍しいハウス栽培をいち早く導入するなど、近代農業を先駆する存在でした。しかし、それゆえに起きた農薬の健康被害、11代目大平博四氏による農薬・化学肥料を使わない農法への大転換、生産緑地としての農地存続など、その歴史には、近代の都市農業のたどってきた道が記されています。本展では、大平農園や地域の農業の歴史をパネル等で展示し、畑の土壌の微生物・野菜・動物・人間の円環を、楽しいイラストから学びます。また大平農園と志をともにする他県の農家、それを支持する消費者からなる「若葉会」から、つながりの中に育まれた、旬の野菜を長くおいしく楽しむ知恵も紹介します。土の中の出来事と今日のあなたの食卓、それが地続きであることを知るための展覧会です。

【開催期間】3/2(火)~6/27(日)※入場無料、祝日をのぞく月曜休み
【開催時間】9:00~20:00
【会場】生活工房ギャラリー(世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F)
【アクセス】東急田園都市線「三軒茶屋駅」から徒歩5分、東急世田谷線「三軒茶屋駅」からすぐ
【お問い合わせ先】03-5432-1543(生活工房)
https://www.setagaya-ldc.net/program/509/

(c)TakuroYoneda

(c)TakuroYoneda

開催期間 2021年4月11日~2021年5月2日

米田拓朗写真展「石の国」

photographers' gallery(フォトグラファーズギャラリー)

四方を山に囲まれた甲府盆地を流れる笛吹川は、夏には豊かな流れが川筋を大きく変化させ、大小さまざまな石を運んできます。そして冬には、生い茂る草や水流に覆われていた石が姿を現します。川底に沈んでいたり、土になかば埋もれていたり、川岸に打ち上げられていたりと、その姿かたちは様々です。本展では、笛吹川をはじめ、各地の山や野原、河原や海辺に転がる石を撮影した作品を展示いたします。これらの石はみな、とりわけ特徴的な形をもつわけでもなく、変哲のないものばかりです。どこから流されてきたのかも、そしてどのようにして今ある形になったのかも定かでありません。米田が撮影する石はどれも、元をただすことが叶わず、過去あるいは未来から唐突に目の前に届いたかのような、不思議な存在感を放っています。

【開催期間】4/11(日)~5/2(日)※入場無料、会期中無休
【開催時間】12:00~20:00
【会場】photographers' gallery(フォトグラファーズギャラリー)(新宿区新宿2-16-11 サンフタミビル)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」から徒歩5分、JR「新宿駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-5368-2631(フォトグラファーズギャラリー)
https://pg-web.net/exhibition/ishinokuni-3/

開催期間 2019年8月1日~2021年5月10日

特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

国立新美術館

ガラスが素材の茶室 - 光庵が、国立新美術館の正面入口前にて特別公開。自然光のもとで変化していく表情を楽しむことができます。
「ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。国立新美術館では「ガラスの茶室 - 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」を併せて展示いたします。エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の思想にも受け継がれています。光庵は、空間と時間の概念を超え、日本文化の根源を再考する作品です。光をガラスによって表現したこの茶室は、伝統的な掛軸や生け花はなく、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出し、クリスタルプリズムの彫刻から放たれる光は虹となり「光の花」が現れます。その光の建築は、物質の概念から解き放たれ、詩的な光景を浮かび上がらせます。また、新作「Water Block - Sphere」も併せて展示されます。※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

【開催期間】2019/4/17(水)~2021/5/10(月)※2020/2/29(土)~当面臨時休館
【開催時間】10:00~18:00※会期中の毎週金・土曜日は20:00まで(7~9月は21:00まで)
【会場】国立新美術館 正面入口(港区六本木7-22-2)
【アクセス】東京メトロ千代田線「乃木坂駅」直結、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」から徒歩4分
【企画】株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
【協賛】NTT都市開発株式会社
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-6455-3576(株式会社吉岡徳仁デザイン事務所)
https://www.nact.jp/2019/chashitsu/