EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

開催期間 2020年9月12日~2020年10月31日

渋谷公園通りフラワーフェスティバル2020

渋谷公園通り

渋谷公園通りの景観となった花のプランターの設置を記念して開催されるイベント。「花でつながる人と街」をコンセプトに、渋谷公園通りにて、花壇を活用したガーデニングコンテンストを開催するほか、渋谷公園通りの一部街路灯に「ハンギングバスケット」が装飾されます。

【開催期間】9/12(土)~10/31(土)※雨天決行
【開催時間】期間内終日
【会場】渋谷公園通り全域及び代々木公園けやき並木(渋谷区神南および宇田川町地域)
【アクセス】東京メトロ千代田線「代々木公園駅」から徒歩8分、小田急線「代々木八幡駅」から徒歩9分、JR「原宿駅」から徒歩13分
【お問い合わせ先】03-3462-5181(渋谷公園通り「フラワーフェスティバル」実行委員会)
http://www.koen-dori.com/

開催期間 2020年9月1日~2020年11月30日

写真展「ウズベキスタン 開かれた国へ」

JICA市ヶ谷ビル

中央アジアに位置し、フォトジェニックなシルクロードの遺跡で知られるウズベキスタン。近年、観光地としても注目されてきたこの国では、2016年からミルジョエフ新大統領のもとで開かれた国づくりに向けた様々な改革が進められてきました。2019年末にはミルジョエフ大統領が初来日し、日本との政治的・経済的なつながりも強まっています。ウズベキスタンの日本とのつながり、そして自由で開かれた発展へ向けたJICAの協力を、写真で紹介します。

【開催期間】9/1(火)~11/30(月)※入場無料
【開催時間】10:30~21:00
【会場】JICA市ヶ谷ビル 1階 フォトギャラリー(新宿区市谷本村町10-5)
【アクセス】JR・東京メトロ有楽町線・南北線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷駅」から徒歩10分
【主催】JICA
【お問い合わせ先】0120-767-278(JICA地球ひろば 地球案内デスク)
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/exhibition/space/hall/2020/200901_01.html

開催期間 2019年8月1日~2021年5月10日

特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

国立新美術館

ガラスが素材の茶室 - 光庵が、国立新美術館の正面入口前にて特別公開。自然光のもとで変化していく表情を楽しむことができます。
「ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。国立新美術館では「ガラスの茶室 - 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」を併せて展示いたします。エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の思想にも受け継がれています。光庵は、空間と時間の概念を超え、日本文化の根源を再考する作品です。光をガラスによって表現したこの茶室は、伝統的な掛軸や生け花はなく、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出し、クリスタルプリズムの彫刻から放たれる光は虹となり「光の花」が現れます。その光の建築は、物質の概念から解き放たれ、詩的な光景を浮かび上がらせます。また、新作「Water Block - Sphere」も併せて展示されます。※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

【開催期間】2019/4/17(水)~2021/5/10(月)※2020/2/29(土)~当面臨時休館
【開催時間】10:00~18:00※会期中の毎週金・土曜日は20:00まで(7~9月は21:00まで)
【会場】国立新美術館 正面入口(港区六本木7-22-2)
【アクセス】東京メトロ千代田線「乃木坂駅」直結、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」から徒歩4分
【企画】株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
【協賛】NTT都市開発株式会社
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-6455-3576(株式会社吉岡徳仁デザイン事務所)
https://www.nact.jp/2019/chashitsu/

開催期間 2020年7月18日~2020年12月20日

戦後75年特別企画写真展「東京情景―師岡宏次がみた昭和―」

昭和館

戦後75年の特別企画として、昭和初期から東京を撮り続けた写真家、師岡宏次(1914~1991)の作品をご紹介します。東京芝区(現・港区)に生まれた師岡は、18歳になった昭和8年(1933)に写真家工藤孝へ弟子入りし、以来、およそ半世紀にわたり東京の姿を写し続けました。懐かしきよき時代の東京、戦争に向かっていく東京、悲惨な敗戦下の東京、そして復興への道を歩む東京の表情をリアルに記録しています。それは同時代を歩んできた人びとの記録でもあります。このたび昭和館では、次世代に残すべき貴重な資料としてこれらの作品を入手いたしました。終戦から復興へと向かう東京を写した作品を展示いたします。東京2020オリンピックを契機として、変貌を遂げ続けている現在の東京とともに、昭和の東京に想いをめぐらせていただければ幸いです。

【開催期間】7/18(土)~12/20(日)※月曜日(祝日または振替休日の場合開館、翌日休館)
【開催時間】10:00~17:30(入館時間は17:00まで)
【会場】昭和館 2階ひろば(千代田区九段南1-6-1)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩1分、JR「飯田橋駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3222-2577(昭和館)
【入場料】無料
https://www.showakan.go.jp/events/photo/index.html

開催期間 2020年9月12日~2020年9月22日

大絵画展―近代日本美術の軌跡―

加島美術ギャラリー

明治維新が起こり、怒涛のように流入してきた西洋美術は、日本画壇に大きな衝撃と変動をもたらしました。そんな中で、日本の美術は自らを再定義し、より強いものに生まれ変わっていく必要に迫られました。そのような激しい潮流の中、絵筆一つで新たな地平を切り拓き、その身を成した才能の数々、彼らが残した輝かしい軌跡は今も色褪せません。2020年秋、近代日本絵画の巨匠たちに敬意を込めて、振り返ります。

【開催期間】9月12日(土)~22日(火)※会期中無休
【開催時間】10:00~18:00
【会場】加島美術ギャラリー(中央区京橋3-3-2)
【アクセス】東京メトロ銀座線「京橋駅」から徒歩1分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩2分、都営地下鉄浅草線「宝町駅」から徒歩5分、JR「東京駅」から徒歩6分
【お問い合わせ先】03-3276-0700(株式会社加島美術)
https://www.kashima-arts.co.jp/exhibitions/modern-japanese-paintings/?utm_source=eventbank&utm_medium=referral&utm_campaign=2009daikaiga

開催期間 2020年9月10日~2020年9月25日

アートアワードトーキョー丸の内2020

新丸の内ビルディング

「アートアワードトーキョー丸の内」は、行幸地下ギャラリーを中心とした、丸の内、有楽町、大手町エリアを会場に、若手アーティストの発掘・育成を目的とした現代美術の展覧会として開催いたします。全国の主要な美術大学・芸術大学・大学院の卒業終了制作展を訪問し、その中から発掘したノミネート作品より、さらに厳選した作品を展示。審査員による最終審査を実施し、グランプリや審査員賞などを決定します。丸の内は今後も、文化・芸術の発信地としてアートとの出会いの場を創り出し、若いアーティスト達の可能性を広げていきます。次世代を担うアーティスト達の清々しく斬新な感性が一堂に会する丸の内で、ぜひお楽しみください。

【開催期間】9/10(木)~9/25(金)※入場無料・会期中無休
【会場】行幸地下ギャラリー・新丸ビル3Fアトリウム・国際ビル1Fエントランス・新東京ビル1Fエントランス・大手町仲通り(千代田区丸の内1-5-1)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」から徒歩すぐ
【お問い合わせ先】03-5218-5100(丸の内コールセンター)
http://www.artawardtokyo.jp/2020/

開催期間 2020年9月11日~2020年10月9日

写真展「人が消えた街」

チェコセンター東京

感染症拡大により、全世界の都市生活が停止を余儀なくされました。これまで想像もしていなかったことが現実に起こっています。こうした中、チェコの写真家カレル・ツドリーンがカメラを手に、首都プラハを撮影しました。「この状況もいつかは終わり、記憶の片隅に追いやられてしまうかもしれない。だからこそ今、作品に残したい」という思いを胸に。 現在、世界複数都市で、その地の写真家との合同展示企画が進行しています。日本では、6月に目黒区のコミュニケーションギャラリーふげん社で開催された「東京2020 コロナの春~写真家が切り取る緊急事態宣言下の日本~」出展作品との合同写真展として開催いたします。12名の写真家が写したコロナ禍の都市の姿を、ぜひご覧ください。
【出展者】土田ヒロミ、港千尋、大西みつぐ、オカダキサラ、小林紀晴、藤岡亜弥、Ryu Ika、元田敬三、普後均、田口るり子、Area Park

【開催期間】9/11(金)~10/9(金)※入場無料、土日祝日休館
【開催時間】平日10:00~17:00
【会場】チェコセンター東京 展示室(渋谷区広尾2-16-14 チェコ共和国大使館内)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「広尾駅」から徒歩10分、JR・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-3400-8129(チェコセンター東京)
【主催】チェコセンター東京
【協力】コミュニケーションギャラリーふげん社
http://tokyo.czechcentres.cz/program/more/mesta-bez-nas-tokio/

開催期間 2020年9月19日~2020年11月3日

ドーム映像番組「足立の花火」

ギャラクシティ・西新井文化ホール

今年の開催が中止となった「足立の花火」を、ドーム映像としてお届けします。ぜひこの機会にご覧ください!また、9/21(月・祝)と10/31(土)の2日間は、スペシャルイベント「足立の花火!スペシャル」として、花火のメイキング映像やその日の星空解説もお楽しみいただけます。

【開催期間】9/19(土)~11/3(火・祝)の土・日・祝日
【開催時間】14:30~14:55
【会場】ギャラクシティ・西新井文化ホール まるちたいけんドーム(足立区栗原1-3-1)
【アクセス】東武スカイツリーライン「西新井駅」から徒歩3分
【定員】50名、車いす1席(桟敷席の使用は不可、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、間隔を空けてお座りいただくために一部の座席の使用を中止させていただきます)
【観覧料】無料
【チケット】当日9:00より1階総合受付にて整理券を配布(先着順)
【協力】Saha Entertainment、北陸火工株式会社、一般財団法人 足立区観光交流協会、ヤオキン商事株式会社
【お問い合わせ先】03-5242-8161(ギャラクシティ・西新井文化ホール)
https://www.galaxcity.jp/future-creation-hall/multi-experience-dome/20200919-002960.html

開催期間 2020年9月13日~2020年9月26日

Hikari Exhibition―LE BETEAU IVRE―

LE PETIT PARISIEN

銀筆画家、日香里による小作品展です。併せて、蔵書票(書籍の所有者を示す紙片)、その他ノベルティの販売を予定しています。

【開催期間】9/13(日)~9/26(土)※木曜定休。夜の開室(19:00~)は、facebookを確認してください。
【開催時間】13:00~24:00
【会場】LE PETIT PARISIEN(墨田区東向島2-14-12)
【アクセス】東武スカイツリーライン「曳舟駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3612-9961(le petit parisien)
【Le Petit Parisien公式Facebook】@petit.parisien.net
http://www.le-petit-parisien.com/

開催期間 2020年7月18日~2020年9月29日

GALAXY EXPRESS 999 ULTIMATE JOURNEYとキャプテンハーロック~次元航海~の世界

中野ブロードウェイ

松本零士氏作品関連資料の展示、および関連商品を販売!グッズだけの購入も可能です(期間中、展示内容物は一部変わります)。期間中店内にて飲食された方に限定非売品コースターをプレゼント!(プレゼントはなくなり次第終了となります)。また期間中スタンプを集めた方には、素敵なプレゼント(非売品)を差し上げます。詳しくは店舗にて御確認ください。

【開催期間】7/18(土)~9/29(火)※水曜定休日、入場無料
【開催時間】13:00~18:00(最終日は17:30で終了)
【会場】ギャラリーカフェΩ(オメガ)(中野区中野5−52−15 中野ブロードウェイ2F)
【アクセス】JR・東京メトロ東西線「中野駅」からより徒歩5分、西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3386-0389(ギャラリーカフェΩ)
【ギャラリーカフェΩ公式Twitter】https://twitter.com/g_cafe_omega
【ギャラリーカフェΩ公式Facebook】https://www.facebook.com/gcafeomega/
https://www.gcomega.com/