EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

開催期間 2020年9月21日~2020年9月26日

北海道教育大学油彩画研究室4人展「なまぬるい北風」

銀座スルガ台画廊

9/21(月)~9/26(土)、銀座スルガ台画廊で北海道教育大学油彩画研究室4人展「なまぬるい北風」が開催されます。メンバーは、津田光太郎さん(大学院2年)、中村まり子さん(大学院2年)、山内知恵さん(2015年修士課程修了)、山崎麻乃さん(2015年修士課程修了)の4人です。ぜひご覧ください。

【開催期間】9/21(月)~9/26(土)
【開催時間】11:00~19:00(最終日17:30まで)
【会場】銀座スルガ台画廊(中央区銀座6-5-8トップビル2F)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3572-2828(銀座スルガ台画廊)
https://www.facebook.com/pg/%E6%B2%B9%E7%A0%94%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E6%95%99%E8%82%B2%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%B2%A9%E8%A6%8B%E6%B2%A2%E6%A0%A1%E6%B2%B9%E5%BD%A9%E7%94%BB%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-1977837112492158/posts/

開催期間 2020年8月7日~2020年9月23日

「可愛い嘘のカワウソ」POP UP SHOP

東京駅一番街

8/7(金)~9/23(木)の期間限定で、「可愛い嘘のカワウソ」POP UP SHOPがオープンします。今人気急上昇中のキャラクター「可愛い嘘のカワウソ」のグッズを沢山取り揃えております。また、8/20(木)からは、限定商品販売、ノベルティプレゼントもスタートします!ご来店お待ちいたしております。

【開催期間】8/7(金)~9/23(水)
【開催時間】月~木11:30~19:30 金・土・祝 11:00~20:00 日11:00~19:00
【会場】東京駅一番街 B1 東京キャラクターストリート k-spot(千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 B1)
【アクセス】JR「東京駅」八重州地下中央口改札を出てすぐ
【お問い合わせ先】03-3210-0077(東京キャラクターストリート)
https://www.tokyoeki-1bangai.co.jp/event/detail/?cd=000124

開催期間 2020年9月4日~2020年10月31日

東京ドームシティ 秋のおでかけスペシャル

東京ドームシティ

9/4(金)~10/31(土)の期間中「秋のおでかけスペシャル」と題し、さまざまなイベントを開催します!9/4(金)~9/5(土)はラクーアガーデンにて「星空ヨガ」を開催する(各日先着40名)ほか他、9/5(土)~9/6(日)はミーツポートガーデンにて「手持ち花火大会」を実施。また、9/12(土)~9/13(日)には「水生動物ふれあい体験」を行う。その他、9/20(日)、9/22(祝)、10/17(土)~10/18(日)に「てづくり市」を、10/2(金)~10/3(土)には「天体観望会」を開催!さらに、10/10(土)~10/11(日)には「ニジマス釣り体験」を、10/24(土)~10/25(日)には「さつまいMogMogフェスタ」も行われ、多彩な催しを展開します!

【開催期間】9/4(金)~10/31(土)
【開催時間】10:00~21:00(イベントの時間は日にちにより異なります)
【会場】東京ドームシティ(文京区後楽1-3-61)
【アクセス】JR・都営地下鉄三田線「水道橋駅」から徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「春日駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ南北線「後楽園駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-5800-9999(東京ドームシティわくわくダイヤル)
https://www.tokyo-dome.co.jp/feature/odekake_autumn/

開催期間 2020年8月18日~2020年9月22日

特集展示「川瀬巴水―日本を歩く―」

大田区立郷土博物館

川瀬巴水(本名:文治郎、1883-1957)は、大正8(1919)年から新版画の制作に携わり、戦後にかけて600点以上の作品を残しました。その多くは、版元・渡邊庄三郎のもとで生み出され、近年、国内外で高い人気を得ています。本展示では、渡邊版の作品を中心に、生まれ故郷である東京と、旅を愛した巴水が日本国内を歩き、描いた風景版画を約50点展示します。そして、旅に出る際、いつも持ち歩いたスケッチ帖もご紹介し、どのような過程の中で作品が生まれたかをご覧いただきます。現在、川瀬巴水が目にし、作品とした風景の多くは失われてしまいました。伊東深水から「旅情詩人」と評された巴水の等身大の目線を通して、古き良き日本の風景がどのように描かれたのか、その作品世界をご堪能ください。

【開催期間】8/18(火)~9/22(火・祝)※休館日:月曜日(祝祭日の場合は開館)
【開催時間】9:00~17:00
【会場】大田区立郷土博物館 3階 第2展示室(馬込文士村コーナー) (大田区南馬込5-11-13)
【アクセス】都営地下鉄浅草線「西馬込駅」から徒歩7分、JR「大森駅」からバス大森駅北口改札(山王方面)東急バス4番乗り場の「荏原町駅入口行き」または「蒲田駅行き(平日の日中のみ運行)」で「万福寺前」から徒歩2分、東急大井町線「荏原町駅」から東急バス「荏原町駅入口」から「大森操車場行き」で「万福寺前」下車から徒歩2分
【入館料】無料
【お問い合わせ先】03-3777-1070(大田区立郷土博物館)
https://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/manabu/hakubutsukan/topics/20200715kyohaku_hasui.html

開催期間 2020年9月4日~2020年10月21日

私の絵ハガキを探しに行こう!

まるごとにっぽん

浅草の「まるごとにっぽん」では台東区の幼稚園、保育園、小学校の子どもたちを対象に「ワタシのボクの夏の思い出」をテーマに絵ハガキを募集し411点の応募がありました。その子どもたちの作品を10月21日まで、まるごとにっぽんにて展示します!コロナでも元気いっぱい、地元の小さな画伯たちの力作をお楽しみに。

【開催期間】9/4(金)~10/21(水)
【開催時間】10:00~20:00(3Fは21:00まで、4Fは23:00まで)
【会場】まるごとにっぽん 2F、3F、4F(台東区浅草2-6-7)
【アクセス】つくばエクスプレス「浅草駅」から徒歩1分、東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武鉄道「浅草駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-5811-1929(絵ハガキコンテストイベント事務局)
https://marugotonippon.com/

(c)ビアテラスin丸の内ハウス2020

(c)ビアテラスin丸の内ハウス2020

開催期間 2020年7月6日~2020年9月30日

ビアテラスin丸の内ハウス2020

新丸の内ビルディング

今年も丸の内ハウスの“テラス”が最高に気持ちのいい季節となりました。丸の内ハウスの特製のビールジョッキでビールをゴクゴク!東京丸の内駅舎が一望でき、爽やかな風が吹き抜ける丸の内ハウスのテラスに今年もビアテラスがオープン!今年は、丸の内ハウス9店が、ピンチョスメニューをご用意。「大エビのチリソース」(1200円)や「フレッシュモッツァレラ」(400円)、「生ハムとマンゴーのピンチョス」(980円)などが見た目も美しく食べやすいメニューとなって登場!また、8/1(土)からはビアテラスメニューをご注文の方に、丸の内ハウスオリジナル「シロクマ柄マスクケース」をプレゼントします(なくなり次第終了)。※通年、テラス席のご予約は承っておりません。予めご了承ください。

【開催期間】7/6(月)~9/30(水)※天候やその他の事情によりテラスを閉鎖する場合があります。
【開催時間】11:00~23:00
【会場】丸の内ハウス(千代田区丸の内1-5-1 新丸ビル7F)
【アクセス】JR「東京駅」丸の内中央口から徒歩すぐ
【お問い合わせ先】03-5218-5100(丸の内コールセンター/平日11:00~21:00、日曜・祝日・連休最終日11:00~20:00)
http://www.marunouchi-house.com/event/2020/06/17015/

開催期間 2020年9月10日~2020年10月11日

可能性アートプロジェクト展2020

トッパン小石川ビル

凸版印刷と一般社団法人障がい者アート協会は、障がい者アート作品の「プリマグラフィー」を、障がい者アート協会サイト内にて9/10(木)から販売を開始しました。また、これに合わせて、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期していた「可能性アートプロジェクト展2020」を、9/10(木)から10/11(日)まで文京区のトッパン小石川ビル1Fエントランスにて開催し、販売予定の「プリマグラフィー」を展示しています。今回販売される「プリマグラフィー」は、ジグレー版画技法と凸版印刷が持つカラーマネジメント技術を融合させ、新たなアート作品として製品化したもの。また、「可能性アートプロジェクト」は、2018年より「障がい者の自立支援」と「企業の人財開発」を組み合わせた新たな試みとして同社が推進している取り組みです。開催中の「可能性アートプロジェクト展 2020」では、「無限の可能性・才能」をテーマとしたアート作品を募集。応募アーティスト総数87名・応募作品総数456作品から、選考会に通過した38作品を、凸版印刷の技術者で構成される「可能性アート工房」にて「プリマグラフィー」として新たに制作。これを額装した上で、同展において展示している。今回の販売を記念して、作品「朝日とにわとり」では、スマートフォンをかざすと作品が動き出すARコンテンツを3/31(水)まで期間限定で楽しむことができます。今後は、ARコンテンツが楽しめる「プリマグラフィー」の拡充も検討しています。

【開催期間】9/10(木)~10/11(日)※入場無料
【開催時間】10:00~18:00
【会場】トッパン小石川ビル 1Fエントランス(文京区水道1-3-3)
【アクセス】東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩6分、JR・東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩13分、東京メトロ丸ノ内線、南北線「後楽園駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】042-978-9910(一般社団法人障がい者アート協会)
https://www.toppan.co.jp/news/2020/09/newsrelease_200910_3.html

(c)山端拓哉「ロシア語日記」

(c)山端拓哉「ロシア語日記」

開催期間 2020年8月28日~2020年9月24日

FUJIFILM SQUARE 企画写真展「平成・東京・スナップLOVE」ポートフォリオレビュー/ファイナル・セレクション展

東京ミッドタウン ウエスト

2019年、FUJIFILM SQUARE 企画写真展「平成・東京・スナップLOVE」を東京会場・フジフイルムスクエア(6月)と大阪会場・富士フイルムフォトサロン大阪(7月)において開催しました。その期間中、同展出品作家6名(有元伸也、大西みつぐ、尾仲浩二、中藤毅彦、ハービー・山口、元田敬三 敬称略)が、写真展での作品の発表を目指す方たちにアドバイスする「ポートフォリオレビュー」を開催し、計78名が参加しました。フジフイルム スクエアは、この度、ポートフォリオレビューの「最終選考会」で選出された4名の写真家に、東京・大阪両会場にて「個展開催」を応援します。新たな才能を開花させ、将来の飛躍に繋げていただくために、推薦作家から写真展の企画・構成のアドバイスを受けながら、写真展開催のプロセスを体験していただく、という意欲的な試みです。写真に真摯に向き合う4名それぞれの視点が提示する彼らの可能性は、写真の新たな可能性を私たちに見せてくれます。4名の作品と思いを、推薦作家のコメントと共にお楽しみください。

【開催期間】8/28(金)~9/24(木)※会期中無休
Vol.1:山端拓哉「ロシア語日記」8/28(金)~9/10(木)
Vol.2:小西拓良「笹舟」9/11(金)~9/24(木)
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【入場料】無料
【作品点数】各展20~30点を予定
【主催】富士フイルム株式会社
【企画】コンタクト
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/detail/20082805.html

開催期間 2020年9月2日~2020年9月22日

東京カレーカルチャー

西武池袋本店

西武池袋本店では、9/2日(水)から「カレー」から広がる世界を楽しむ「東京カレーカルチャー(CURRY CULTURE)」を初開催。これは、音楽、ファッション、アート、ライフスタイルに広がるカレーカルチャーに触れられるイベントです。イベントスペースでは、「カレー愛」あふれるクリエイターによる作品やカレー関連商品を販売、ミニイベントも行われます。デパ地下では、イートイン店舗「お食事ちゅうぼう」を週替わりで「カレー」の人気店がジャック、旬な3店舗の味を楽しめます。この企画をプロデュースするのは、国内外3000軒以上を食べ歩いた知見から、様々なメディアで国内外のカレー情報を発信するカレーキュレーター「カレー細胞」さんこと松宏彰氏。松さんのカレーネットワークが可能にした、刺激的な3週間です。

【開催期間】9/2(水)~9/22(火・祝)※不定休
【開催時間】10:00~21:00(日・祝休日は20:00まで)
【会場】西武池袋本店 3階(南B10)=婦人服フロア イベントスペース、西武食品館地下1階(南A10)=おかず市場 イートインコーナー(豊島区南池袋1-28-2)
【アクセス】JR・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロ丸ノ内線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線「池袋駅」東口より徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3981-0111(西武池袋本店)
https://www.sogo-seibu.jp/ikebukuro/topics/page/1468377.html

(c)大森 海苔のふるさと館

(c)大森 海苔のふるさと館

開催期間 2020年8月18日~2020年11月15日

企画展「一枚の海苔簀(のりす)ができるまで―海苔づくりを支えた道具たち―」

大森 海苔のふるさと館

大田区で海苔生産をしていたころは、生産者自らが道具の多くを手作りしていて、海苔簀もその一つでした。海苔簀は海苔を付けて乾燥させるための簀のことで、1日4~5000枚の乾海苔を生産する家であれば、10000枚以上は保有していました。更に海苔簀は毎年3分の1ずつ新調したのです。海苔簀の主な材料は河原に自生する葦で、7月20日過ぎからヨシ刈り、揃える作業、ヨシ干し、葉落とし、選別の作業などが続きました。海での作業が始まる晩秋まで、毎日家族全員で夜なべをして数千枚の海苔簀を編みました。海苔は冬の仕事として知られますが、夏から準備は始まっていたのです。今回の企画展では、海苔の良し悪しを支えていた海苔簀に焦点を当て、材料調達から一枚の海苔簀ができるまでを紹介します。9/13(日)・10/11(日)13:30~16:00「海苔簀づくり」(小学3年生以上、事前予約、各先着10名)も開催します。

【開催期間】8/18(火)~11/15(日)※休館日:第3月曜日(第3月曜日が祝日の場合は翌日休館)
【開催時間】9:00~17:00(8月は19:00まで)
【会場】大森 海苔のふるさと館(大田区平和の森公園2-2)
【アクセス】京急「平和島駅」から徒歩15分、東京モノレール「流通センター駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-5471-0333(大森 海苔のふるさと館)
https://www.norimuseum.com/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95/