EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

Novel MINIATURISM 新細密主義展2023受賞者展

(c)The Artcomplex Center of Tokyo

開催期間 2024年2月20日~2024年2月25日

Novel MINIATURISM 新細密主義展2023受賞者展

The Artcomplex Center of Tokyo

「細密(MINIATURE)」という作風は、現代美術において欠かせないジャンルです。それは、単なる技術や趣向としてではなく、一つの表現方法として多くの作家に支持されてきています。繊細でありながらも、時にダイナミックで突き抜けた表現を可能にし、新たな表現の可能性を私たちに見せてくれる「細密」という作風。それゆえ、多くの作家、そして、多くの鑑賞者の心を奪うのです。本展覧会は、昨年当館で開催された新細密主義展の優秀賞受賞者によるグループ展です。細密画の新時代という一面だけではなく、細密という作風を通して、新しいアートシーンを築き上げていきます。「Novel(新奇)」という名に相応しい、新時代の作家たちが描く唯一無二の細密画たちを鑑賞しよう。

【開催期間】2/20(火)~2/25(日)※入場無料、物販有料、月曜休館
【開催時間】11:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】The Artcomplex Center of Tokyo 2階 ACT5(新宿区大京町12-9 アートコンプレックス・センター2F)
【アクセス】JR「信濃町駅」から徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩7分
【お問い合わせ先】03-3341-3253(アートコンプレックスセンター)
https://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT245/nm.html

銀座ロフト「GINZA COFFEE MARKET

(c)THE LOFT

開催期間 2024年2月16日~2024年3月14日

銀座ロフト「GINZA COFFEE MARKET

銀座ロフト

国内外のさまざまなブランドのコーヒーを集積する銀座ロフトの「GINZA COFFEE MARKET」。3回目となる今回は、国内外のブランド、ロースタリーのスペシャルティコーヒーや、ハワイ島コナで収穫されるコーヒー豆だけを使った100%コナプレミアムロースト、個性あふれるコーヒーショップのオリジナル雑貨・アパレルが揃うほか、カラフルなドリッパーやマグなどコーヒーを愉しむためのアイテムも並びます。

【開催期間】2/16(金)~3/14(木)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~21:00(日曜日は11:00~20:00)
【会場】銀座ロフト 1階 特設会場(中央区銀座2-4-6 ベルビア館)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分、JR「有楽町駅」から徒歩4分
【公式instagram】https://www.instagram.com/p/C3d0mVUSjaE/
【お問い合わせ先】03-3562-6210(銀座ロフト)
https://www.loft.co.jp/shop_list/info.php?shop_id=407&info_id=508865

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

「練馬の男」1948年 ブロンズ 練馬区立美術館蔵(c)練馬区立美術館

開催期間 2023年11月17日~2024年2月25日

生誕120年 古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ

練馬区立美術館

練馬区に長くアトリエを構えていた彫刻家・古賀忠雄(こがただお)(1903~1979年)の生誕120年を記念した展覧会。写実のなかにやや誇張した表現を取り入れながらも安定した形態を持つ人体や動物像を多数制作した古賀の作品は、地元の佐賀県や練馬区内をはじめ、全国各地の公共空間にも設置されています。本展では古賀の活動のなかから粘土などを足し引きして形を生み出す塑造(そぞう)に注目し、約30点の塑像に加え、区内や他地域に設置された作品をパネルで紹介。塑像をさまざまな側面から見て考える楽しみを提示します。一部の作品はブロンズ像と共に石膏原型も展示するほか、1988年に開催した当館個展では提示されなかった戦時中の活動も紹介します。

【開催期間】11/17(金)~2/25(日)※入場無料、休館日は月曜、12/29(金)~1/3(水)(1/8(月・祝)、2/12(月・振休)は開館、1/9(火)と2/13(火)は休館)
【開催時間】10:00~18:00(入館は17:30まで)
【会場】練馬区立美術館 2階展示室(練馬区貫井1-36-16)
【アクセス】西武池袋線・東京メトロ有楽町線・副都心線直通「中村橋駅」から徒歩3分
【主催】練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)
【助成】公益財団法人花王芸術・科学財団
【お問い合わせ先】03-3577-1821(練馬区立美術館)
https://www.neribun.or.jp/event/detail_m.cgi?id=202308191692438180

KIOI WINTER 2023-2024 イルミネーション(紀尾井ウインター 2023-2024 イルミネーション)

(c)SEIBU PROPERTIES INC

開催期間 2023年11月17日~2024年2月29日

KIOI WINTER 2023-2024 イルミネーション(紀尾井ウインター 2023-2024 イルミネーション)

東京ガーデンテラス紀尾井町

東京ガーデンテラス紀尾井町で行われる、毎冬の恒例イベント。開業から8年目を迎えた2023年は、紀尾井町のシンボルでもあるパブリックアートと、シャンパンゴールドに輝くイルミネーションが融合した幻想的な冬を楽しめるよう、「ENCHANTED CHRISTMAS」をテーマに、魔法にかけられたかのような輝きに満ちた上質な大人のひとときをお届けします。11/17(金)には、1階「花の広場」において国際的なアーティストである松尾高弘氏が率いる光のアートスタジオ「EMISSION」とコラボレーションした、高さ約10mのクリスマスツリー「KIOI ENCHANTED TREE」のライトアップセレモニーを開催。ツリーの土台には東京ガーデンテラス紀尾井町の魅力の1つ、バラをモチーフにEMISSIONによって制作されたバラのアート「PRISM ROSE」が散りばめられ、ツリーとアートの融合を楽しむことができます。さらに、1階花の広場、テラスの小道(弁慶濠沿い)、4階水の広場などで、約40万球のシャンパンゴールドカラーのイルミネーションが輝き、段の施設とは一味違う、イルミネーションとのコラボレーションを楽しめます。また、イルミネーションをはじめ館内全ての電気には100%再生可能エネルギーを使用しており、CO2排出量実質ゼロで環境負荷を軽減しながら街を彩ります。

【開催期間】11/17(金)~2/29(木)※入場無料、クリスマスツリーの設置は12/25(月)まで
【開催時間】18:00~22:00
【会場】東京ガーデンテラス紀尾井町 1階花の広場、テラスの小道、4階水の広場(千代田区紀尾井町1-2)
【アクセス】東京メトロ半蔵門線・有楽町線・南北線「永田町駅」から直結、東京メトロ丸ノ内線・銀座線「赤坂見附駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3288-5500(東京ガーデンテラス紀尾井町)
https://www.tgt-kioicho.jp/event/details/evnt472.html

大森海苔のふるさと館写真展「冬の海と昭和の海苔養殖」

(c)特定非営利法人海苔のふるさと会 

開催期間 2023年11月21日~2024年4月14日

大森海苔のふるさと館写真展「冬の海と昭和の海苔養殖」

大森 海苔のふるさと館

海苔の収穫期は冬で、11月から海苔採りが始まります。翌日の早朝から海苔付けをして夕方に乾海苔が完成します。作業は家族総出で行い、子どもも家業の手伝いをしました。今回の写真展では、海苔の最盛期である冬の海苔養殖の作業を、主に昭和時代の写真で振り返ります。冬の厳しさと闘いながら大田区の一大産業を支えた人々の奮闘を感じてください。

【開催期間】11/21(火)~4/14(日)※入場無料、休館日は第3月曜日(第3月曜日が祝日の場合は翌日休館)、年末年始(12/29~1/3)
【開催時間】9:00~17:00
【会場】大森 海苔のふるさと館(大田区平和の森公園2-2)
【アクセス】京急「平和島駅」から徒歩15分、東京モノレール「流通センター駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-5471-0333(大森 海苔のふるさと館)
https://www.norimuseum.com/%E4%BC%81%E7%94%BB%E5%B1%95/

良品には、わけがある。展―無印良品 徳永美由紀の仕事―

(c)ATELIER MUJI

開催期間 2024年2月2日~2024年3月25日

良品には、わけがある。展―無印良品 徳永美由紀の仕事―

ATELIER MUJI GINZA Gallery

無印良品は1980年にスーパーマーケット西友(SEIYU)のプライベートブランドとして40品目からスタートしました。現在では衣服、生活雑貨、食品の分野で幅広い商品を揃え、地域や社会への貢献、日本から世界に向けても拡大を続けています。無印良品を構成する基本の思想は「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の3つです。それが普遍性を持って伝播していくように、それぞれ商品の「わけ」をキャッチコピーとして商品タグに込めています。本展では、長年にわたり無印良品のタグコピーに携わってきた徳永美由紀氏の仕事に焦点を当てます。彼女は2001年から良品計画社内にて商品開発の視点や工夫などを簡潔に伝えるための養成所、コピー工房を監修し、膨大な数の商品に対する途方もない量の仕事を一つの文化として育て、無印良品が発する言葉に対して力を尽くしてくれました。また、2009年に創設した「くらしの良品研究所」で、12年間にわたり同サイトから発信するコラムを執筆し、無印良品の小冊子『くらし中心。』、書籍『MUJI IS 無印良品アーカイブ』の執筆や、店内POPのコピーライティングも数多く手掛けています。「わけ」という無印良品の原点を根付かせ、文脈を創造してきた彼女の歩みをこれからも紡いでいけるよう、慈愛に満ちたその想いが多くの方に共有頂けることを深く願っています。

【開催期間】2/2(金)~3/25(月)※入場無料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~21:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery1(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3538-1311(ATELIER MUJI GINZA)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/6384/

ゲームの?展【いきものver.】~主役が変われば、視点が変わる。視点が変われば、世界が変わる。~

(c)PARCO

開催期間 2024年2月16日~2024年3月3日

ゲームの?展【いきものver.】~主役が変われば、視点が変わる。視点が変われば、世界が変わる。~

渋谷パルコ

メジャーやインディーといった規模感、作品のネームバリューや話題性に関わらず、新たな価値観を得たり、常識に対する疑問を抱かせるゲーム作品が存在します。今回、プレイヤーに気づきを与えるような影響力を持つ作品を厳選し、見どころ、開発者の思いや制作秘話、有識者のコメントを交えてご紹介します。今までプレイしたことがない人もプレイしたことがある人でも新鮮な感覚で触れ合うことができる、オンラインでは体感できない革新的なタッチポイントによって、プレイヤーと作品に出会いの場を提供すると共に、プレイヤーに何らかの影響を与える、そんな作品をラインナップしました。
<来場者特典>会場限定「Hatoful Boyfriend ポストカード」を先着でプレゼント(数量限定につき無くなり次第終了)
<展示作品>
・カニノケンカ・二―Fight Crab2―​
・ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator​

【開催期間】2/16(金)~3/3(日)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~21:00(最終日は18:00まで、入場は閉場時間の30分前まで)
【会場】GALLERY X BY PARCO(渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ地下1階)
【アクセス】JR・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」から徒歩4分
【主催・企画制作】株式会社パルコ、株式会社産経デジタル​
【協力】Gibier Games、カラッパゲームス、PLAYISM、ASUS JAPAN株式会社
【お問い合わせ先】03-6712-7505(GALLERY X BY PARCO)
https://shibuya.parco.jp/event/detail/?id=7117

SHIBUYA STREAM LIGHT TRAIL 2023(シブヤ ストリーム ライト トレイル 2023)

(c)SHIBUYA STREAM

開催期間 2023年11月25日~2024年2月29日

SHIBUYA STREAM LIGHT TRAIL 2023(シブヤ ストリーム ライト トレイル 2023)

渋谷リバーストリート

SHIBUYA STREAM LIGHT TRAIL 2023は「ヒカリ ツナグ ココロ ツナガル」をテーマに開催。渋谷ストリームは様々な人・モノ・コトを「つなぐ」場所であり続けたいという思いがあります。駅と街、異なる国や性別、世代を結びたい。旧東横線渋谷駅のホームや線路跡地としての歴史。ライン(線)は「ご縁」や「約束」「絆」の象徴。線路跡地や渋谷川だけでなく「クリスマスプレゼントのリボン」のように象徴されるライン(線)を用いて渋谷ストリームが目指す「つなぐ」というコンセプトをイルミネーションの光のラインで表現しています。渋谷ストリームおよび渋谷リバーストリートを含む渋南エリアに光のラインを引き、未来へつないでいきます。渋谷川上空にミストとレーザーライトを用いて光のラインを創り出し、音と連動する演出を通じて、独自の新しい景色や体験価値を創造しています。

【開催期間】11/25(土)~2/29(木)※入場無料
【開催時間】大階段・2階貫通通路 7:00~25:00、シンボルツリー 16:30~23:00、渋谷リバーストリート(稲荷橋~並木橋の区間)16:30~23:00(レーザーとミストの演出は、稲荷橋~金王橋区間と徒歩橋~並木橋区の2か所で毎時15分ごとに開催)
【会場】渋谷ストリーム 渋谷リバーストリート(渋谷区渋谷3-21-3)
【アクセス】JR・東急東横線・田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」直結
【主催】渋三さくら祭実行委員会(構成員:渋谷三丁目まちづくり推進協議会、渋谷三丁目町会、東急株式会社 、東急建設株式会社等)
【後援】渋谷区
【協力】國學院大學・渋谷三丁目町会・アイティビィ・日本中央競馬会・東急建設
【注意事項】こたつご利用時に飲食物持ち込み可、汁物は持ち込みご遠慮ください、火気使用禁止、混雑時のこたつ利用は利用制限(60分)
【お問い合わせ先】0570-050-428(渋谷ストリーム)
https://shibuyastream.jp/event/eventdetail/?cd=000069

鸞翔鳳集 Vol.11&12

(c)Gallery MUMON

開催期間 2024年1月11日~2024年3月2日

鸞翔鳳集 Vol.11&12

Gallery MUMON

Gallery MUMONは多くの来場者、作家さん、関係者の皆さんに支えらえて、2024年1月に開廊5周年の6年目を迎えます。今展は新年恒例の周年企画のグループ展。当ギャラリー、アドバイザーにゆかりのある魅力溢れる作家たちの新作中心の展示。Vol.11(前期)とVol.12(後期)の2回に分けて、各会期12名、総勢24名とこれまでで最も多くの作家が参加する豪華な内容です。
<会期>
Vol.11 1/11(木)~2/3(土)
Vol.12 2/8(木)~3/2(土)
<出展作家>(50音順)
Vol.11:阿部観水、池田和宏、石居麻耶、石川総一郎、牛尾篤、坂本友由、朱華、中島玲菜、平林孝央、山岸千穂、山口暁子、吉田涼香
Vol.12:蒼野甘夏、石野平四郎、加藤美紀、倉田明佳、小山久美子、近藤智美、島﨑良平、鈴木琢未、髙橋憲助、長谷川雅子、feebee、山中智郎

【開催期間】1/11(木)~2/3(土)※休廊日は毎週日・月、2/4~2/7
【開催時間】11:00~19:00
【会場】Gallery MUMON(中央区銀座4-13-3 ACN東銀座ビル1階)
【アクセス】東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-6226-2555(Gallery MUMON)
https://mumon.artcafe.co.jp

展覧会「共棲の間合い―「確かさ」と共に生きるには―」

(c)Tokyo Shibuya Koen-dori Gallery

開催期間 2024年2月10日~2024年5月12日

展覧会「共棲の間合い―「確かさ」と共に生きるには―」

東京都渋谷公園通りギャラリー

本展では、住む、暮らす、生活する、共に行うことを起点に表現する作家たちの作品や活動を紹介します。身近な家族との関係に迫るパフォーマンス、ある食料品に対する愛着、近隣地域のゴミ拾い、日常の出来事から生まれた詩、現代の住居や生活様式を問い直す試みなど、表現のあり方は作家それぞれにユニークです。それらの表現は、生活と芸術の境界を揺るがし、問いかけるものでもあります。それぞれの独自性と出会うとき、驚きや困惑を覚え、異様に感じ、または笑いや安らぎを感じるかもしれません。しかし、かれらの作品にはそれぞれにとって最も親密で、確かなものが共棲しています。かれらは言葉にしにくい個と個の間柄、大きなものに文脈化することのできない日常の間合いを大切にしているのです。本展ではそのなかに分け入り、かれらの「確かさ」に触れることで、鑑賞者それぞれにとっての「確かさ」とはなにかを反芻はんすうする機会となればと思います。それぞれの共棲の間合いへと足を踏み入れてみてください。
<出展作家>折元立身、酒井美穂子、スウィング、村上慧

【開催期間】2/10(土)~5/12(日)※入場無料、休館日は月曜(2/12、4/29、5/6は開館)、2/13、4/30、5/7
【開催時間】11:00~19:00
【会場】渋谷公園通りギャラリー(渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館1F)
【アクセス】JR・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」から徒歩8分
【主催】東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都現代美術館、東京都渋谷公園通りギャラリー
【お問い合わせ先】03-5422-3151(東京都渋谷公園通りギャラリー)
https://inclusion-art.jp/archive/exhibition/2024/20240210-178.html