EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

Jauary 3 2019 かづらをけずりて かがみをうつす/Silver 950/H23×W105×D110mm/2019年(c)Tetsuj i SETA

Jauary 3 2019 かづらをけずりて かがみをうつす/Silver 950/H23×W105×D110mm/2019年(c)Tetsuj i SETA

開催期間 2020年10月8日~2020年10月31日

瀬田哲司展「パラレルワールド/併行世界」

GALLERY TAGA 2

主にヨーロッパで古い歴史を持つメダルの伝統的で閉じられた丸い形態を、瀬田は開放的で立体的な二層構造にするのと同時に、かつては戦争や結婚のような「メダルが作られるべき特別なイベント」を極めて日常的な瞬間に置き換えてアートメダルを制作しています。この独自のスタイルと鋳造技術の高さで、瀬田の作品はコンテンポラリーアートメダルの分野で常に注目されています。今展では仕上げの技術をさらに洗練させた新作を紹介いたします。

【開催期間】10/8(木)~10/31(土)※水曜・日曜・祝日休廊
【開催時間】13:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】GALLERY TAGA 2(世田谷区祖師谷1-34-2)
【アクセス】小田急小田原線「祖師ケ谷大蔵駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-6411-5590(GALLERY TAGA 2)
https://gallerytaga2.com/seta-tetsuji-2020/

(c)竹内良輔・三好輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(c)竹内良輔・三好輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

開催期間 2020年10月8日~2020年11月18日

カプコンカフェ池袋店「憂国のモリアーティ」コラボ

キュープラザ池袋

テレビアニメ「憂国のモリアーティ」コラボカフェが期間限定オープン。メインビジュアルでは、モリアーティ家からウィリアムをはじめ、アルバートやルイス、モラン、フレッドが、カフェの準備をしているオリジナルのイラストを展開。また、このメインビジュアルを基にしたコラボメニューが登場。その他、多彩なコラボグッズの販売も行います。

【開催期間】10/8(木)~11/18(水)
【開催時間】10:00~22:00(ラストオーダー21:00)
【会場】カプコンカフェ 池袋店(豊島区東池袋1-30-3 キュープラザ池袋3F)
【お問い合わせ先】03-5904-9106(カプコンカフェ 池袋店)
【アクセス】JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋駅」から徒歩10分
http://www.capcom.co.jp/amusement/capcomcafe/ikebukuro/topics/-tv.html

開催期間 2020年10月6日~2020年12月26日

テーマ展示「明治期の折熨斗コレクション~贈り物のシンボル」

紅ミュージアム

贈り物に熨斗を添える―祝う気持ちを示すこの習わしは、贈答文化が広く浸透した近世社会に礼法として定着をみます。そもそも「熨斗(のし)」とは進物に添えるものではなく、古来、高級な贈答食品であった干し鮑(アワビを薄く削ぎ、乾燥させ伸ばしたもの=熨斗鮑)それ自体を意味し、またその略称でもありました。今日、祝儀袋や進物の掛け紙に用いられる熨斗は、江戸時代以来の贈答のしきたりを簡略化した「折熨斗」であり、小さな方形の色紙を熨斗包みのかたちに折ったもの、あるいはプリントされた味気ないものも少なくありません。しかし、折熨斗がもっとも多用された明治時代には、錦絵に劣らぬ彫りと摺りの木版技術を使い、目に愉しく色鮮やかなものが盛んに作られました。今展では、明治時代の貴重な木版摺りの折熨斗とその原紙をご紹介します。

【開催期間】10/6(火)~12/26(土)※休館日:毎週日・月、10/25、26は開館、後期展示期間中の11/14~12/26は月曜のみ
【開催時間】10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【会場】紅ミュージアム(港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩12分
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-5467-3735(紅ミュージアム)
https://www.isehanhonten.co.jp/cat-blog/blog_permanent/tenji_20201006/

開催期間 2020年7月15日~2021年1月17日

サンリオキャラクターコラボカフェ

POWDER ART CAFE HARAJUKU

自分でメニューに絵を描くことができる「POWDER ART CAFE HARAJUKU」が期間限定でサンリオキャラクターとのコラボカフェを開催!7/15(水)から10月中旬までは「2020年サンリオキャラクター大賞」の上位10位にランクインしたキャラクターたちが、10月中旬から1月中旬までの期間中は、2020年に45周年を迎えたマイメロディとリトルツインスターズが登場します!コラボメニューもラテアートペンを使って自由に絵が描けるので、かわいくて美味しいサンリオキャラクターたちを自分好みにもっとかわいくアレンジできます!

【開催期間】7/15(水)~2021年1月中旬(予定)※月曜定休、月曜が祝日の場合は翌日火曜休み
【開催時間】11:00~21:00(ラストオーダー20:00)
【会場】POWDER ART CAFE HARAJUKU(渋谷区神宮前6-3-9 井門ビル B1F)
【アクセス】東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」・JR「原宿駅」から徒歩2分
【料金】入場無料、飲食有料
【お問い合わせ先】03-6450-6037(株式会社タヌマ)
https://k-tanuma.com/company#04

開催期間 2020年9月28日~2020年12月26日

展示「おとなも遊べる 少年文庫の世界」

千代田区役所・千代田区立千代田図書館

「ナルニア国ものがたり」「ドリトル先生」シリーズ、「長くつ下のピッピ3部作(岩波書店)など、いまも読み継がれる数多ある児童書は、おとなになってから読み返しても不思議な世界や冒険の旅へと誘ってくれます。本展では、岩波少年文庫を中心に、児童書の表紙とあらすじ、その世界を彩る"さし絵"をパネルで紹介するとともに、約150冊の児童書と児童書関連本を展示・貸し出します。少年少女時代に抱いたドキドキわくわく感を再び味わってみてはいかがでしょうか。

【開催期間】9/28(月)~12/26(月)※入場無料、10/25(日)、11/22(日)休館
【開催時間】10:00~22:00(土曜19:00まで、日曜・祝日17:00まで)
【会場】千代田区立千代田図書館 9階 展示ウォール(千代田区九段南1-2-1 千代田区役所9階)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩5分
【主催】千代田区立千代田図書館
【協力】岩波書店
【お問い合わせ先】03-5211-4290(千代田図書館)
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20200928-post_315/

開催期間 2019年8月1日~2021年5月10日

特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」

国立新美術館

ガラスが素材の茶室 - 光庵が、国立新美術館の正面入口前にて特別公開。自然光のもとで変化していく表情を楽しむことができます。
「ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。国立新美術館では「ガラスの茶室 - 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」を併せて展示いたします。エネルギーを知覚化する日本の自然観は、茶道の思想にも受け継がれています。光庵は、空間と時間の概念を超え、日本文化の根源を再考する作品です。光をガラスによって表現したこの茶室は、伝統的な掛軸や生け花はなく、降り注ぐ太陽の光により水面のような輝きを生み出し、クリスタルプリズムの彫刻から放たれる光は虹となり「光の花」が現れます。その光の建築は、物質の概念から解き放たれ、詩的な光景を浮かび上がらせます。また、新作「Water Block - Sphere」も併せて展示されます。※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問い合わせいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

【開催期間】2019/4/17(水)~2021/5/10(月)※2020/2/29(土)~当面臨時休館
【開催時間】10:00~18:00※会期中の毎週金・土曜日は20:00まで(7~9月は21:00まで)
【会場】国立新美術館 正面入口(港区六本木7-22-2)
【アクセス】東京メトロ千代田線「乃木坂駅」直結、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」から徒歩4分
【企画】株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
【協賛】NTT都市開発株式会社
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-6455-3576(株式会社吉岡徳仁デザイン事務所)
https://www.nact.jp/2019/chashitsu/

(c)萌木ひろみ(c)生熊奈央

(c)萌木ひろみ(c)生熊奈央

開催期間 2020年10月21日~2020年10月29日

モルペウスの共生

みうらじろうギャラリーbis

注目の幻想美術作家、萌木ひろみと生熊奈央による2人展「モルペウスの共生」を開催します!タイトルに登場する「モルペウス」はギリシア神話における夢の神であり、イメージに過ぎない夢や空想に形を与える役目を担います。幻想・夢想の世界に形を与える2人の作家は、まさにモルペウスの化身であると言えます。唯一無二の表現を貫く2人の思いが交錯し共生する、異界と耽美が織りなす世界を堪能してみては?

【開催期間】10/21(土)~10/29(日)(10/26~10/27休廊)
【開催時間】12:00~19:00(初日は15:00から)
【会場】みうらじろうギャラリーbis(中央区日本橋大伝馬町2-5 石倉ビル3F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」から徒歩2分
【お問い合わせ先】03-6661-7687(みうらじろうギャラリー)
【主催】TEAM-TAN
https://www.facebook.com/events/2279887438978771

開催期間 2020年10月28日~2020年11月8日

TARP 五人の作家展

PARK GALLERY

ドローイングZINE「TARP」に参加した5人によるグループ展「TARP 五人の作家展」を開催します。2020年7月に刊行したZINE「TARP」は、多彩な5人の絵描きによるモノクロドローイングを収録した42ページの冊子です。今回の展示では、「TARP」に収録した絵から抜粋した一部の原画と、5人の作家それぞれのモノクロドローイングという縛りを持たない作品を出展します。モノクロという制限の中でこそ静かに輝く作家の個性と、制限を抜きにして描かれる表現のあじわい。タープテントの下で季節の風を感じるひと時のように、落ち着きと刺激が混ざり合う空間をお楽しみ頂ければ幸いです。
<参加者一覧>Louiszona、春日井さゆり、半袖、中村美和子、海老沢竜

【開催期間】10/28(水)~11/8(日)※入場無料、月・火曜定休(祝日は営業)
【開催時間】13:00~20:00
【会場】PARK GALLERY(千代田区外神田3-5-20)
【アクセス】東京メトロ銀座線「末広町駅」から徒歩4分、東京メトロ千代田線「湯島駅」から徒歩6分、JR・東京メトロ日比谷線・つくばエクスプレス「秋葉原駅」から徒歩7分、JR・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】070-6482-4186(PARK GALLERY)
https://park-tokyo.com/post/629205917066559488/tarpexhibition

「明日花―Asuka」2020年制作 40x30㎝(c)池田実穂

「明日花―Asuka」2020年制作 40x30㎝(c)池田実穂

開催期間 2020年10月24日~2020年11月3日

池田実穂個展「明日花」

ギャラリーHANA

イタリアを拠点とし活動する木版画家、池田実穂氏による展覧会。詩的な、あるいは物語るような小気味良いテンポの作品が並びます。新作の木版画、アクリル画、ペン画、計約40点を展示いたします。表題作「明日花―Asuka」は、どんな困難な状況でも、希望や想像力を忘れずに、すっくと立っていようとの願いを込めて制作。他にミニ木版画、ミニペン画など、2021年の卓上カレンダーも販売いたします。

【開催期間】10/24(土)~11/3(火)※入場無料、10/26(月)、10/27(火)休廊
【開催時間】12:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】ギャラリーHANA(世田谷区北沢3-26-2)
【アクセス】小田急線・京王井の頭線「下北沢駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-6380-5687(ギャラリーHANA)
https://www.g-hana.jp/current-exhibition

松戸博物館にある虚無僧の立像

松戸博物館にある虚無僧の立像

開催期間 2020年10月28日

様々な流派の尺八演奏会 港区邦楽研究会 10月定期演奏会

赤坂コミュニティープラザ

港区邦楽研究会には、尺八の流派の普化明暗、琴古流、都山流、さらに各流派の中でも別の会派に所属する奏者がいる。演奏曲も、虚無僧の古典本曲から現代邦楽、洋楽までバラエティに富む。古からの日本人の魂が凝縮された尺八音楽の奥深い世界を体験しに、ぜひ足を運んでみよう。
<演奏曲目(予定)>虚鈴、巣鶴鈴慕、一二三調、松巌軒鈴慕、調、江差、鈴慕、本調、一高音、瀧落、虚空、鳥の歌、白鳥、砧巣籠、鶴の巣籠、二高音、魔切など

【開催期間】10/28(水)
【開催時間】18:00~21:00(17:45開場)
【会場】赤坂区民ホール(港区赤坂4-18-13 赤坂コミュニティープラザ3階)
【お問い合わせ先】03-5413-2711(赤坂区民ホール)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線「赤坂見附駅」から徒歩10分
http://minatohougaku.sblo.jp/