EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

開催期間 2020年10月23日~2020年11月3日

クリスチャン・ラッセン展~Jewels~

有楽町イトシア

クリスチャン・ラッセンが描くマリンアートの代表作を厳選して展示いたします。30年以上の画業の中で、常に見る人に新しい感動を与えてくれる彼の作品。特に本展の主役とも呼べる「ジュエルズオブスカイシリーズ」では、“地球の楽園ハワイ”が魅せる奇跡の瞬間が描かれ、日常では体感できない癒しの世界へと誘います。初公開となる最新作も展示する今回の機会に、是非皆さまお誘いあわせの上ご来場ください。
<来場特典>会場にお越し頂いた方全員に『オリジナルアートカード』プレゼント!さらに、特設ページにて、オリジナルグッズがもらえるキャンペーン情報あり。
<特設ページ>https://lassen-jewels.net/?dgm_bcn_cdc=vpcVTontCuc7sWcOQM6b02N2n9AjC0rsEq4NVdA3

【開催期間】10/23(金)~11/3(火)※入場無料、絵画展示販売会
【開催時間】11:00~19:00(最終日は18:00まで)
【会場】有楽町マルイ8階 イベントスペース(有楽町イトシア内)
【アクセス】JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」から徒歩1分、東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」から徒歩2分
【お問い合わせ先】0120-78-7601(アールビバン株式会社)
https://artvivant-event.jp/event/detail/id=653

旅券 査証ページ デザイン

旅券 査証ページ デザイン

開催期間 2020年10月13日~2020年11月29日

富士山 お札・切手・旅券に描かれた日本の象徴(シンボル)

お札と切手の博物館

富士山は日本最高峰の山であり、日本を象徴する山として、国内外を問わず多くの人々に親しまれています。その優美な姿は、お札や切手などのモチーフとして繰り返し用いられてきました。私たちがふだん使用しているお札の裏面にも、日本の象徴として富士山が描かれていますが、令和6(2024)年発行予定の1000円券の裏面や本年発給が開始された旅券のデザインにも富士山をメインモチーフとした葛飾北斎の『富嶽三十六景』が採用され、話題を集めました。また、切手においても、富士山を描いた美術作品や美しい風景写真などを用いたものが数多く発行されていますが、こうしたお札や切手、旅券などには、作品の芸術性はそのままに偽造防止効果が付与されるなど、国立印刷局の高い技術が使われています。本展では、富士山をテーマに国立印刷局の技術の粋を集めたこれらの製品とともに、多種多様な富士山の姿、デザインをご紹介します。

【開催期間】10/13(火)~11/29(日)※入館無料、休館日は月曜日(祝日の場合は翌平日)
【開催時間】9:30~17:00
【会場】お札と切手の博物館(北区王子1-6-1)
【アクセス】JR・東京メトロ南北線・「王子駅」から徒歩3分、都電荒川線「王子駅前駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-5390-5194(お札と切手の博物館)
https://www.npb.go.jp/ja/museum/tenji/tokubetu/index.html

開催期間 2020年10月21日~2020年11月3日

GINZA FASHION WEEK

銀座三越

今回で17回目を迎える「GINZA FASHION WEEK」。銀座三越と松屋銀座・和光・東急プラザ銀座・GINZA SIXがタッグを組んでお届けする多彩な催しです。この秋のおすすめファッションをご紹介するほか、チャリティー企画やInstagramでの投稿キャンペーンなど楽しい企画がいっぱい!銀座の秋をファッションで盛り上げます!

【開催期間】10/21(水)~11/3(火・祝)
【開催時間】10:00~20:00
【会場】銀座三越(中央区銀座4-6-16)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座駅」徒歩5分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩5分、東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」から徒歩2分、JR「有楽町駅」から徒歩9分
【お問い合わせ先】03-3562-1111(銀座三越)
https://www.mistore.jp/shopping/event/ginza_e/gfw_51

開催期間 2020年9月24日~2020年10月28日

ご当地マンホール collection

東急ハンズ池袋店

全国各地にいろいろなマンホールがある事をご存知でしょうか?今回は珍しいデザインマンホールやマンホールカードの展示、マンホールグッズが大集合!期間限定イベントですので、是非この機会にお立ち寄りください。
<ご当地マンホールストラップ>大人気ご当地マンホールストラップを多数準備!通常は現地購入の商品も!
<リアルご当地マンホール>本物そっくりに精巧にできた大人気のミニチュアマンホールシリーズ!
<路上鉄蓋ステッカー、路上鉄蓋缶バッジ>
その他、多数のマンホールグッズを取り揃えております。マンホール企画商品2000円(税込み)以上お買上げのお客様に、マンホーラーバッジハンズ版を1つプレゼントいたします!

【開催期間】9/24(木)~10/28(水)
【開催時間】10:00~21:00
【会場】東急ハンズ池袋店(豊島区東池袋1-28-10)
【アクセス】JR・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3980-6111 (東急ハンズ池袋店)
https://ikebukuro.tokyu-hands.co.jp/item/7f/-collection.html

(c)竹内良輔・三好輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

(c)竹内良輔・三好輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

開催期間 2020年10月8日~2020年11月18日

カプコンカフェ池袋店「憂国のモリアーティ」コラボ

キュープラザ池袋

テレビアニメ「憂国のモリアーティ」コラボカフェが期間限定オープン。メインビジュアルでは、モリアーティ家からウィリアムをはじめ、アルバートやルイス、モラン、フレッドが、カフェの準備をしているオリジナルのイラストを展開。また、このメインビジュアルを基にしたコラボメニューが登場。その他、多彩なコラボグッズの販売も行います。

【開催期間】10/8(木)~11/18(水)
【開催時間】10:00~22:00(ラストオーダー21:00)
【会場】カプコンカフェ 池袋店(豊島区東池袋1-30-3 キュープラザ池袋3F)
【お問い合わせ先】03-5904-9106(カプコンカフェ 池袋店)
【アクセス】JR・西武池袋線・東武東上線・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋駅」から徒歩10分
http://www.capcom.co.jp/amusement/capcomcafe/ikebukuro/topics/-tv.html

開催期間 2020年10月6日~2020年12月26日

テーマ展示「明治期の折熨斗コレクション~贈り物のシンボル」

紅ミュージアム

贈り物に熨斗を添える―祝う気持ちを示すこの習わしは、贈答文化が広く浸透した近世社会に礼法として定着をみます。そもそも「熨斗(のし)」とは進物に添えるものではなく、古来、高級な贈答食品であった干し鮑(アワビを薄く削ぎ、乾燥させ伸ばしたもの=熨斗鮑)それ自体を意味し、またその略称でもありました。今日、祝儀袋や進物の掛け紙に用いられる熨斗は、江戸時代以来の贈答のしきたりを簡略化した「折熨斗」であり、小さな方形の色紙を熨斗包みのかたちに折ったもの、あるいはプリントされた味気ないものも少なくありません。しかし、折熨斗がもっとも多用された明治時代には、錦絵に劣らぬ彫りと摺りの木版技術を使い、目に愉しく色鮮やかなものが盛んに作られました。今展では、明治時代の貴重な木版摺りの折熨斗とその原紙をご紹介します。

【開催期間】10/6(火)~12/26(土)※休館日:毎週日・月、10/25、26は開館、後期展示期間中の11/14~12/26は月曜のみ
【開催時間】10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【会場】紅ミュージアム(港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩12分
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-5467-3735(紅ミュージアム)
https://www.isehanhonten.co.jp/cat-blog/blog_permanent/tenji_20201006/

開催期間 2020年10月1日~2020年12月13日

本田亮SDGsユーモアイラスト原画展~楽しく知る世界を救う17の目標~

伊藤忠青山アートスクエア

伊藤忠商事株式会社は、地域貢献の拠点「伊藤忠青山アートスクエア」にて、認定NPO法人国連WFP協会による「本田亮SDGsユーモアイラスト原画展」を開催いたします。SDGs達成期限まであと10年と迫る中、いま私たちが取り組むべき世界の課題は少なくありません。しかしSDGsの内容については理解が十分に広がっていないのが現状です。そこでプランナーや環境漫画家として活躍するマルチクリエーター本田亮氏が、SDGsの17の目標とその課題をイラストで表現しました。「世界食料デー」に合わせ本展を行うことで、国連WFP協会が取り組む飢餓問題を含む SDGsに対する理解を深め、解決のために何ができるかを考える機会にしたく存じます。本田氏が本展のために描き起こした40点もの原画の、ユニークな表現やフレッシュな色彩、繊細なタッチもお楽しみください。

【開催期間】10/1(木)~12/13(日)※入場無料、休業日:月曜日(月曜日が祝日の場合は営業、翌日休館)
【開催時間】11:00~17:00
【会場】伊藤忠青山アートスクエア(港区北青山2-3-1 Itochu Garden B1F)
【アクセス】東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩2分、東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線「青山一丁目駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-5772-2913(伊藤忠青山アートスクエア)
http://www.itochu-artsquare.jp/information

開催期間 2020年7月15日~2021年1月17日

サンリオキャラクターコラボカフェ

POWDER ART CAFE HARAJUKU

自分でメニューに絵を描くことができる「POWDER ART CAFE HARAJUKU」が期間限定でサンリオキャラクターとのコラボカフェを開催!7/15(水)から10月中旬までは「2020年サンリオキャラクター大賞」の上位10位にランクインしたキャラクターたちが、10月中旬から1月中旬までの期間中は、2020年に45周年を迎えたマイメロディとリトルツインスターズが登場します!コラボメニューもラテアートペンを使って自由に絵が描けるので、かわいくて美味しいサンリオキャラクターたちを自分好みにもっとかわいくアレンジできます!

【開催期間】7/15(水)~2021年1月中旬(予定)※月曜定休、月曜が祝日の場合は翌日火曜休み
【開催時間】11:00~21:00(ラストオーダー20:00)
【会場】POWDER ART CAFE HARAJUKU(渋谷区神宮前6-3-9 井門ビル B1F)
【アクセス】東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前(原宿)駅」・JR「原宿駅」から徒歩2分
【料金】入場無料、飲食有料
【お問い合わせ先】03-6450-6037(株式会社タヌマ)
https://k-tanuma.com/company#04

(c)會津八一記念博物館「五彩牡丹文盤 万暦赤絵 明時代」

(c)會津八一記念博物館「五彩牡丹文盤 万暦赤絵 明時代」

開催期間 2020年9月25日~2020年11月23日

富岡展 五彩と色絵

早稲田大学 早稲田キャンパス

中国の陶磁器で上絵付けによってさまざまな文様を施す五彩は、日本に伝わって赤絵、色絵などと呼ばれました。日本では古くから中国産の陶磁器を珍重し、時期や産地、文様や色合いなどによって独自の呼び名をつけました。富岡重憲コレクションには、明代の嘉靖年間(1522~1566)頃に江西省の景徳鎮民窯で焼かれた古赤絵(五彩婦人図盤)、万暦年間(1573~1620)に生産された濃彩の万暦赤絵(五彩牡丹文盤等)、明末の天啓年間(1621~1627)に焼成され、飄逸な図柄の多い天啓赤絵(五彩算木文花生等)、明末から清初に南方の漳州窯で焼かれた厚手で奔放な絵付けの呉州赤絵(五彩人物図大盤等)があります。日本の伊万里焼はこれらの影響を受けて作られ、ヨーロッパにも輸出されました。乳白色の地に赤、青、緑、黄などで描かれた文様が映える、彩りゆたかな世界をご覧ください。

【開催期間】9/25(金)~11/23(月)※休館日:土曜・日曜・11/6(金)
【開催時間】10:00~16:00
【会場】早稲田大学會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス2号館)
【お問い合わせ先】03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2020/09/16/3067/

開催期間 2020年9月24日~2020年11月9日

ルービックキューブ40周年展

ハンガリー文化センター

ルービックキューブの開発者、エルノー・ルービック氏の故郷である「ハンガリー」。この度、ルービックキューブ40周年を記念した展示会をハンガリー文化センターで初めて開催します。入場無料です!
<展示内容>駐日ハンガリー大使館実施「ルービックキューブコラボレーション映像」、世界最小の「極小ルービックキューブ」展示、ルービックキューブ1600個を使用したモザイクアートの展示、ルービックキューブシリーズ商品の展示など

【開催期間】9/24(木)~11/9(月)※土日祝日及び10/23休館、10/17(土)、10/18(日)は特別開館
【開催時間】10:00~16:30
【会場】ハンガリー文化センター(港区麻布十番3-8-1 日比谷麻布十番ビル1階)
【アクセス】東京メトロ南北線・都営地下鉄大江戸線「麻布十番駅」から徒歩3分
【入場料】無料
【主催】駐日ハンガリー大使館、ハンガリー文化センター、株式会社メガハウス
【お問い合わせ先】03-6459-4931(ハンガリー文化センター)
https://www.facebook.com/HungarianCultureTokyo/