EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

最優秀賞「二十歳」(c)吉田重彦(群馬)

最優秀賞「二十歳」(c)吉田重彦(群馬)

開催期間 2020年9月25日~2020年10月1日

2020全日本読売写真クラブ展

東京ミッドタウン ウエスト

読売写真クラブ(YPC)は、読売新聞社が母体となり、全国の写真愛好家が集う写真クラブです。現在、全国に37クラブあり、多数の会員が在籍します。クラブごとの自主独立運営で、審査会、撮影会、勉強会、作品展などの活動を行っています。全国の会員が日頃撮りためた1474点の力作を、写真家・立木義浩先生に一点一点審査していただいた「個人部門」の95点と、各YPCが6枚の組み写真で競い合う「クラブ対抗戦部門」の102点(17YPC)を展示します。

【開催期間】9/25(金)~10/1(木)※会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1・2(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【入場料】無料
【作品点数】197点(全倍2点、全紙5点、半切190点)
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s12/200925012.html

(c)上野隆

(c)上野隆

開催期間 2020年9月25日~2020年10月8日

FILM/DIGITAL それぞれのACROS~14の車輪と7つの暗い部屋~

東京ミッドタウン ウエスト

自転車と写真が好きという共通点だけで、俳優、プロ写真家、デジタルカメラの作り手、という異なるバックボーンを持つ7人が集まり、それぞれの表現にチャレンジしました。元々全員が映像や写真に深くかかわる仕事に就きながら、本業を離れ、楽しみながら撮った写真達です。難しい理屈は抜きにして、単純に楽しんでいただけたら幸いです。
<写真家からの写真展紹介> 生活に欠かせないくらい身近で、でも追求すればきりがないという点で、自転車とカメラはよく似ている。絞りと車輪はかたちが似ているし、実用に基づく無駄のないフォルムの美しさや、金属の質感、近代化によってデザインが確立された時期も近い。どちらも機械でありながら、感覚の延長であり、扱うほどに肉体と一体化していく。それを手に入れると、出かけるのが楽しくなって、近場さえも旅行のように感じられる点も共通している。たぶんそういった共通点が、人のつながりを築いたのだろう。仲良くなるのに長い自己紹介は必要なかった。愛用しているカメラや自転車を言えば、それだけで全てが伝わる。最終的に七人が集まったけれど、結びつけてくれたのはアクロスだった。カーボンだろうがクロモリだろうが、自転車の素材や乗り心地を好みで選べるように、同じアクロスであってもフィルムもデジタルも自由に選べることを、我々は幸せだと感じた。作家ポール・ボウルズが、モロッコに行ったとき、心のエンジンが動き出すのを感じたと書いている。我々も、自転車にまたがったとき、あるいはカメラを手にしたとき、心のエンジンが動き出した。その燃料がアクロスだったかもしれない。ときにはアクロスが生まれるよりずっと前のカメラさえも、それを燃料に動き出した。(内田ユキオ)
<出展写真家(敬称略、50音順)7名>石井正則(いしいまさのり)、稲垣徳文(いながきのりふみ)、上野隆(うえのたかし)、内田ユキオ(うちだゆきお)、河田一規(かわだかずのり)、佐藤純(さとうじゅん)、宮坂佳子(みやさかよしこ)

【開催期間】9/25(金)~10/8(木)※会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【入場料】無料
【作品点数】全紙、モノクロ、約35点
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s3/20092505.html

開催期間 2020年9月26日

西葛西「新田はらっぱ公園」フリーマーケット

新田はらっぱ公園

フリーマーケットで楽しくエコ! 手作り品や洋服、使えるんだけどうちでは使わないもの、せっかくもらったけどチョット趣味が…、そんなお宝がフリーマーケットに大集合! 見に行くだけでも雰囲気を味わえ楽しめる。宝探しに出かけてみては?

【開催日】9/26(土)※雨天振替日:9/27(日)
【開催時間】10:10~15:00
【会場】新田はらっぱ公園(旧称:新田2号公園)(江戸川区中葛西7-1)※入場無料・出店は有料・飲食出店不可
【アクセス】東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】070-5043-1056(リサイクル団体ASOBO会)
【リサイクル団体ASOBO会公式Twitter】@ASOBOKAI
http://recycle-asobo.org/

開催期間 2020年9月26日~2020年9月27日

MOTTAINAI キッズフリーマーケット

東京ドームシティ

アフリカ人女性として初めてノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイ氏が、環境を守る合言葉として訴えた「もったいない」。その心を学ぶ場として始められた「MOTTAINAIキッズフリーマーケット」が東京ドームシティで開催。“モノ”を大事にする心や客との触れ合いが実践で学べる子供限定のフリーマーケット。その他、ワークショップ(定員に達し次第終了)も開催します!

【開催期間】9/26(土)~9/27(日)※雨天・荒天中止
【開催時間】ワークショップ11:00~16:00、フリーマーケット13:00~14:30(ワークショップは先着100名、未就学児は要保護者同伴)
【会場】東京ドームシティ ミーツポートガーデン(ミーツポートエリア)(文京区後楽1-3-61)
【アクセス】JR・都営地下鉄三田線「水道橋駅」から徒歩3分、都営大江戸線「春日駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「後楽園駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-5800-9999(東京ドームシティわくわくダイヤル)
【MOTTAINAIキッズフリーマーケットHP】https://kidsfm.trx.jp/
https://www.tokyo-dome.co.jp/event/city/events/autumn2020-kidsfm.html

伊東明日香/Asuka Ito「死を意識して、美しく生を纏う」2019-2020, 40×30cm, 麻布、鉛筆、銀筆、水彩、墨、アクリル

伊東明日香/Asuka Ito「死を意識して、美しく生を纏う」2019-2020, 40×30cm, 麻布、鉛筆、銀筆、水彩、墨、アクリル

開催期間 2020年9月26日~2020年10月16日

伊東明日香個展「死を意識して、美しく生を纏う」

MASATAKA CONTEMPORARY(マサタカコンテンポラリー)

人間は、生まれたと同時に“死”に向かって生きています。全ての生き物に必ず訪れる“死”。また、それはいつ訪れるかわからないものです。明日かもしれないし、1年後かもしれないし、100年後かもしれない…。ただ間違いなく、生きながらにして死に向かっているのです。今までどれだけ、“死”を意識してきたでしょうか?もし今、寿命を知らされたならば、どのような生き方を選びますか?今と変わらない生き方を選択するのか、もしくは違う生き方を選ぶのか…。死から目を背けるのではなく、自分の意志で“死”と向き合うことで、本来の自分(人間)を強く輝かせることが出来るのではないでしょうか?それは孤独な作業かもしれません。でもその孤独な作業こそが真剣に“生”と向き合うことなのです。死に際に、「あぁ、美しく生きたなぁ…。」と全身で感じられる人生を送るためには、“死を今世の美しいゴール”として掲げ、その時に向かって真剣に最後まで生き抜くことだと考えています。

【開催期間】9/26(土)~10/16(金)※日、月、祝休廊
【開催時間】12:00~19:00
【会場】MASATAKA CONTEMPORARY(マサタカコンテンポラリー)(中央区日本橋3-2-9 三晶ビルB1F)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」から徒歩3分、東京メトロ東西線・銀座線・都営地下鉄浅草線「日本橋駅」から徒歩5分
【入場料】無料
【お問い合わせ先】03-3275-1019(マサタカコンテンポラリー)
http://www.masataka-contemporary.com/asuka-ito2020/

開催期間 2020年9月26日

ボンクリ・フェス2020

東京芸術劇場

2017年にスタートした“Born Creative” Festival(略称:ボンクリ・フェス)。音楽に国境はないという言葉をそのままに、PCを駆使して世界中とボーダレスで繋がり、熱い視線を受ける気鋭の作曲家 藤倉大をアーティスティック・ディレクターに迎えてお届けする、贅沢なフェスティバルです。“Born Creative”というフェスティバルの名前は、「人間はみんな、生まれつきクリエイティヴだ」という意味を持っています。これは藤倉が2013年から福島県相馬市で開催している、子どもたちを集めた作曲教室を通じて得たもの。すべての人間は子どもの頃、「新しい音楽」や「新しい音」、子どもの言葉を借りると「変な音」が好きですが、なぜかそのクリエイティヴィティは成長するにつれ失われていくと藤倉は言います。「今の時代の音楽をより多くの人々に楽しんでいただきたい」という思いから、アーティスティック・ディレクターの藤倉大がその融通無碍な感性で選んだ伝統音楽から電子音楽まで「世界中の新しい音」を、赤ちゃんからシニアまであらゆる人々に楽しんでいただこうというボンクリ・フェスティバル。東京芸術劇場は「新しい音」に満ち溢れます。
【プログラム】
<スペシャル・コンサート>
●コンサートホールでおこなう、出演者勢揃いのスペシャル・コンサート!
<デイタイム・プログラム>
●赤ちゃんからシニアまで楽しめるアトリウム・コンサートや様々なプログラムを、館内各所でおこないます。誰でも楽しめる!無料プログラム。
●アーティストの「好きなこと」を詰め込んだワークショップ・コンサート!※各部屋有料、スペシャル・コンサート購入者対象。
<大人ボンクリ>
●参加アーティスト選曲による“出演者なしの電子音楽コンサート”。※参加無料、スペシャル・コンサート購入者対象。
【アーティスティック・ディレクター】藤倉大(作曲家)
【誰でも楽しめる!無料プログラム】
<アトリウム・コンサート(入場料無料)>ボンクリ精神あふれる音楽が東京芸術劇場の館内を駆け巡ります。(10:50~17:50 アトリウムボックスオフィス上ステージ)
<電子音楽の部屋(入場料無料・入退場自由)>アク―スモニウム(電子音響音楽の演奏装置)奏者として活躍する檜垣智也がデザインした音響空間でエリアーヌ・ラディーグ、アレハンドロ・ビニャオ、コリー・スマイス、蒲池愛らの音楽をお聴きいただけます。(11:00~19:00 アトリエイースト、アトリエウエスト)
<大友良英の部屋(入場料無料・入退場自由)>NHKの連続小説「あまちゃん」や大河ドラマ「いだてん」の音楽だけではなく、ジャンルを超えて幅広く活躍する大友良英の旧作から新作、音楽作品から映像作品を存分にお楽しみいただけます。(11:00~19:00 リハーサルルームL)
<藝大COIの部屋(入場料無料)>制作協力:東京藝術大学COI拠点(11:00~19:00 ギャラリー2)

【開催日】9/26(土)
【開催時間】11:00~21:00
【会場】東京芸術劇場 コンサートホールほか(豊島区西池袋1-8-1)
【アクセス】JR・東武東上線・西武池袋線・東京メトロ丸ノ内線・有楽町線・副都心線「池袋駅」から徒歩2分
【主催】文化庁、公益財団法人東京都歴史文化財団、文化庁委託事業「令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業」
【企画制作】公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場
【お問い合わせ先】0570-010-296(東京芸術劇場ボックスオフィス) 
https://www.borncreativefestival.com/

(c)和久井健/講談社

(c)和久井健/講談社

開催期間 2020年9月26日~2020年10月18日

東京卍リベンジャーズ 初原画展~渋谷 黄塔 決起集会~

タワーレコード渋谷店

「東京卍リベンジャーズ 初原画展 ~渋谷 黄塔 決起集会~」を9/26(土)~10/18(日)に開催します。講談社のマンガ誌「週刊少年マガジン」で連載中の人気マンガ「東京卍リベンジャーズ」(著:和久井健、よみ:トウキョウリベンジャーズ)の19巻発売を記念したオリジナル展示会です。連載史上初となる今回の展示会では、作品制作の裏側が垣間見える直筆モノクロ生原画や迫力満点のカラー複製原画をはじめ、記念撮影にぴったりなキャラクターのパネルなどを展示。また、北村匠海主演で近日公開となる実写映画「東京リベンジャーズ」に関連した展示も予定しています。そして会場内では、タワーレコードとのコラボグッズを含む「原画展オリジナルグッズ」を販売。さらには、版上サイン入りのモノクロ複製原画の受注販売も行います。これらの物販をご購入いただいた方には限定特典をお渡しします。累計発行部数500万部を突破し、2021年にはアニメ化が決定している「東京卍リベンジャーズ」の世界を堪能できる、注目の展示会となっています。

【開催期間】9/26(土)~10/18(日)
【開催時間】12:00~15:00、16:00~20:00(最終入場19:30、15:00~16:00は場内換気のため入場できません)
【会場】タワーレコード渋谷店8階「SpaceHACHIKAI」(渋谷区神南1-22-14)
【アクセス】JR・東急東横線・東急田園都市線・京王井の頭線・東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」から徒歩3分
【入場料】無料(電子チケットによる完全予約制※電子チケットは、同日中でも異なる時間帯であれば複数回ご予約が可能です。先着制で予約受付となるため、各回ともチケット予定枚数に達し次第受付終了です。当日予約も可能ですが、事前登録&予約は必須です。入場時間の15分前に集合、チケットに記載の整理番号順に入場となります)
【電子チケット予約フォーム】https://tokyo-revengers.selforder.live/
【お問い合わせ先】03-3496-3661(タワーレコード渋谷店)
http://towershibuya.jp/

開催期間 2020年9月26日~2020年10月11日

収蔵資料展示「小河内ダム写真パネル展」

東京都水道歴史館

収蔵資料展示「小河内ダム写真パネル展」を東京都水道歴史館1階ラウンジで開催します。東京都水道歴史館では小河内ダム(貯水池)に関係する写真を数多く収蔵しています。本展示では通常公開していない写真の中から、ダム建設時に写されたものを中心にパネル等にてご紹介します。併せて起工式や竣工式に関連する資料を展示いたします。
【関連催事】記録映像上映会「小河内ダム」(総集篇・約31分)企画:東京都水道局、製作:東京都映画協会、1959(昭和34)年
開催日時:9/27(日)、10/4(日)各日10:30~/11:30~/13:30~
開場:3Fレクチャーホール※予約不要(参加者多数の場合には、ご視聴いただけない場合がございます)。各回同じ内容/デジタル化したものを上映します。

【開催期間】9/26(土)~9/30(火)、10/3(土)~10/11(日)※入場無料
【開催時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【会場】東京都水道歴史館(文京区本郷2-7-1)
【アクセス】JR「御茶ノ水駅」「水道橋駅」から徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」から徒歩8分、都営地下鉄三田線「水道橋駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-5802-9040(東京都水道歴史館)
https://www.suidorekishi.jp/event.html#event_minitenji

開催期間 2020年9月26日~2020年9月30日

KIOI JAZZ WEEK 2020 紀尾井町から贈る未来へのエール~Smile~

東京ガーデンテラス紀尾井町

KIOI JAZZ WEEK 2020に協力した人に「勇気をもらえる曲」や「元気を出したいときに聴く曲」についてアンケートを実施。選んだ曲やその曲にまつわるエピソードやコメントを施設内にて展示。また、特設サイトでも紹介します。

【開催期間】9/26(土)~9/30(水)
【開催時間】各イベントにより異なります
【会場】東京ガーデンテラス紀尾井町(千代田区紀尾井町1-2)
【アクセス】東京メトロ「永田町駅」直結、東京メトロ「赤坂見附駅」より徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3288-5500(東京ガーデンテラス紀尾井町)
https://www.tgt-kioicho.jp/feature/event/kioijazzweek2020/

©環境を整える市民の会

©環境を整える市民の会

開催期間 2020年9月26日

靖国神社フリーマーケット

靖国神社

一般の市民の方々を対象としたリサイクル・フリーマーケットです。出店者・来場者の年齢層は 幅広い印象です。20歳前後の学生やOL、30代40代のファミリー、50代60代70代80代90代の夫婦や友達グループなど、幅広い年齢層の方々が 思い思いにフリマを楽しんでいます。また、小さな子どもを連れた若い夫婦の出店も多く、子ども服、子ども靴、子どものおもちゃ、などでは、ネットの口コミで、高い評価をいただいています。

【開催日】9/26(土)
【開催時間】10:00~15:00
【会場】靖国神社(千代田区九段北3-1-1)
【アクセス】東京メトロ東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線「九段下駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】090-8722-0437(環境を考える市民の会 広報担当)
http://www.kankyo.join-us.jp/