EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[文京区]

グラフィックトライアル(GRAPHIC TRIAL)2024―あそび―

(c)TOPPAN

開催期間 2024年4月27日~2024年7月7日

グラフィックトライアル(GRAPHIC TRIAL)2024―あそび―

印刷博物館

2024年で第18回目を迎える本展は、第一線で活躍するクリエイターとTOPPANグループが協力し、ポスター制作を通じて新しい印刷表現を探るプロジェクト。「あそび」をテーマにした今回は、クリエイターとTOPPANグループが全力で楽しみながら作品づくりに挑み、クリエイターのアイデアによって引き出された印刷表現の豊かな世界を紹介します。会場では印刷実験を生かして作りあげたポスター作品とともに、完成に至るまでの試行錯誤した実験のプロセスなどを鑑賞できます。また、VRで作品制作を行い、現実には存在しない作品を印刷で具現化させるトライアルに挑んだ日比野克彦さんなど、参加クリエイターたちの作品を通して新たな印刷の可能性を知ることができます。

【開催期間】4/27(土)~7/7(日)※入場無料(印刷博物館展示室は有料)、休館日は毎週月曜日(4/29、5/6は開館)、4/30(火)、5/7(火)
【開催時間】10:00~18:00(入場は17:30まで)
【会場】印刷博物館 P&Pギャラリー(文京区水道1-3-3 トッパン小石川ビル)
【アクセス】東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩10分、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩13分
【主催】TOPPANホールディングス株式会社、印刷博物館
【企画】TOPPAN株式会社GAC部
【後援】公益社団法人日本グラフィックデザイン協会(JAGDA)
【お問い合わせ先】03-5840-2300(印刷博物館)
https://www.toppan.com/ja/joho/gainfo/graphictrial/2024/

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」

(c)Tokyo Arts and Space

開催期間 2024年6月29日~2024年9月22日

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2024 成果発表展「微粒子の呼吸」

トーキョーアーツアンドスペース本郷

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2006年よりレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス」を開始し、東京や海外の派遣先を舞台に、さまざまな分野で活動するアーティストたちへ滞在制作の機会を提供しています。私たちは、自然災害や環境破壊といった地球規模の問題から、経済格差、人種や文化、思想等の相違によって生まれる非対称な権力構造による社会的問題、またこのような複雑な状況が個人の生活や精神面に及ぼす影響など、急速な変動の中で日々さまざまな課題に直面しています。この不確実な日常を生きるには、その起因を問い直すとともに、物事を転換させるための主体的な活力や知性、そして既存の枠組みや価値観に捉われない、新たな方法論を編み出す想像力/創造力を共有することが、ひとつの糸口となりうるのではないでしょうか。今回紹介する11名のアーティストは、世界各国の都市でのレジデンス滞在をとおして、その鋭敏な感覚と多種多様なまなざしで、自身を取り巻く生態系を観察し、そこに潜むさまざまな生命の活動や創造的実践の息吹に耳を澄ませました。彼らの作品は、目の届かない場所で息づく小さなエネルギーの交換を掬い上げ、そこから形成される有機的な営みを手がかりとして、この多層的な世界の未来に向けた、共生の新たな様態を模索します。本展の第1期では、TOKASレジデンシーに滞在した4名のアーティストがテーマ・プロジェクトとして「都市を取り巻くエコロジー」を主題に、対話や議論を重ねながら制作活動に取り組んだ成果を発表するほか、海外からの招聘作家2名の作品を展示します。第2期では、日本から海外の提携機関に派遣された作家5名が、それぞれのレジデンスでの滞在制作の成果を発表します。
第1期:6/29(土)~8/4(日)
第2期:8/17(土)~9/22(日)
<アーティスト>
第1期(6/29~8/4):エド・カー、キム・ウジン、ネストール・シレ、前田耕平、松本美枝子、エドウィン・ロウ
第2期(8/17~9/22):大野由美子、谷崎桃子、辻󠄀梨絵子、仲本拡史、西毅徳

【開催期間】6/29(土)~8/4(日)、8/17(土)~9/22(日)※入場無料、休館日は月曜日(7/15、9/16は開館)、7/16、9/17
【開催時間】11:00~19:00(入場は閉館30分前まで)
【会場】トーキョーアーツアンドスペース本郷(文京区本郷2-4-16)
【お問い合わせ先】03-5689-5331(トーキョーアーツアンドスペース)
【アクセス】JR・東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」から徒歩7分、JR・都営地下鉄三田線「水道橋駅」から徒歩7分、東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目駅」から徒歩7分
【主催】公益財団法人東京都歴史文化財団、東京都現代美術館、トーキョーアーツアンドスペース
【提携機関】アトリエ・モンディアル(スイス・バーゼル)、エディンバラ・スカルプチャー・ワークショップ(スコットランド・エディンバラ)、HIAP(ヘルシンキ・インターナショナル・アーティスト・プログラム)、フィンランド文化財団(フィンランド・ヘルシンキ)、センター・クラーク、ケベック・アーツカウンシル(カナダ・ケベック州モントリオール)、トレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジ、アーティスト・イン・レジデンス台北(台湾、台北)
【お問い合わせ先】03-5689-5331(トーキョーアーツアンドスペース)
https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2024/20240629-7317.html

関東サッカーリーグ

(c)KANTO SOCCER LEAGUE

開催期間 2024年9月1日

【2024年度 関東サッカーリーグ1部 第14節】東京ユナイテッドFC vs エリース東京FC

小石川運動場

関東サッカーリーグ(KSL)の歴史は古く、1967年(昭和42)に「関東社会人サッカーリーグ」として8チームが参加して第1回がスタート、日本サッカーリーグ(JSL)への登竜門として数多くのチームが活躍、横浜F・マリノス(当時・日産FC)、東京ヴェルディ(当時・読売クラブ)、FC東京(当時・東京ガス)などもこのリーグで力を蓄え、大きく飛躍していきました。1978年度(第12回大会)から2チーム増加し規模を拡大するなど発展を続け、2000年度(第34回大会)には「関東サッカーリーグ」(KSL)に改称。2003年度から1部・2部制が導入され、16チームが参加することとなりました。そして2012年度、KSLではさらなるリーグの発展、活性化、競技力向上を目指して、1部・2部8チーム制()(計16チーム)で開催していたリーグ戦を、1部・2部各10チーム制(計20チーム)に変更しました。拮抗したゲームが多く展開されることで、関東各地域や都県リーグの底上げにつながればと考えています。今年度のKSLは関東各地で全180試合(前・後期制/1部・各9節、2部・各9節/ホーム&アウェー2回戦総当たり方式/引き分けあり)が開催。今年度KSL1部優勝チームには全国地域サッカーチャ ンピオンズリーグへの出場権が与えられます。

【開催日】9/1(日)※入場無料
【開催時間】17:30キックオフ
【会場】小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3816-1060(一般社団法人関東サッカー協会)
http://www.kanto-sl.jp/index.html
#jffmskanto

関東サッカーリーグ

(c)KANTO SOCCER LEAGUE

開催期間 2024年9月14日

【2024年度 関東サッカーリーグ1部 第16節】東京ユナイテッドFC vs ジョイフル本田つくばFC

小石川運動場

関東サッカーリーグ(KSL)の歴史は古く、1967年(昭和42)に「関東社会人サッカーリーグ」として8チームが参加して第1回がスタート、日本サッカーリーグ(JSL)への登竜門として数多くのチームが活躍、横浜F・マリノス(当時・日産FC)、東京ヴェルディ(当時・読売クラブ)、FC東京(当時・東京ガス)などもこのリーグで力を蓄え、大きく飛躍していきました。1978年度(第12回大会)から2チーム増加し規模を拡大するなど発展を続け、2000年度(第34回大会)には「関東サッカーリーグ」(KSL)に改称。2003年度から1部・2部制が導入され、16チームが参加することとなりました。そして2012年度、KSLではさらなるリーグの発展、活性化、競技力向上を目指して、1部・2部8チーム制()(計16チーム)で開催していたリーグ戦を、1部・2部各10チーム制(計20チーム)に変更しました。拮抗したゲームが多く展開されることで、関東各地域や都県リーグの底上げにつながればと考えています。今年度のKSLは関東各地で全180試合(前・後期制/1部・各9節、2部・各9節/ホーム&アウェー2回戦総当たり方式/引き分けあり)が開催。今年度KSL1部優勝チームには全国地域サッカーチャ ンピオンズリーグへの出場権が与えられます。

【開催日】9/14(土)※入場無料
【開催時間】17:30キックオフ
【会場】小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3816-1060(一般社団法人関東サッカー協会)
http://www.kanto-sl.jp/index.html
#jffmskanto

関東サッカーリーグ

(c)KANTO SOCCER LEAGUE

開催期間 2024年9月21日

【2024年度 関東サッカーリーグ1部 第17節】東京ユナイテッドFC vs VONDS市原FC

小石川運動場

関東サッカーリーグ(KSL)の歴史は古く、1967年(昭和42)に「関東社会人サッカーリーグ」として8チームが参加して第1回がスタート、日本サッカーリーグ(JSL)への登竜門として数多くのチームが活躍、横浜F・マリノス(当時・日産FC)、東京ヴェルディ(当時・読売クラブ)、FC東京(当時・東京ガス)などもこのリーグで力を蓄え、大きく飛躍していきました。1978年度(第12回大会)から2チーム増加し規模を拡大するなど発展を続け、2000年度(第34回大会)には「関東サッカーリーグ」(KSL)に改称。2003年度から1部・2部制が導入され、16チームが参加することとなりました。そして2012年度、KSLではさらなるリーグの発展、活性化、競技力向上を目指して、1部・2部8チーム制()(計16チーム)で開催していたリーグ戦を、1部・2部各10チーム制(計20チーム)に変更しました。拮抗したゲームが多く展開されることで、関東各地域や都県リーグの底上げにつながればと考えています。今年度のKSLは関東各地で全180試合(前・後期制/1部・各9節、2部・各9節/ホーム&アウェー2回戦総当たり方式/引き分けあり)が開催。今年度KSL1部優勝チームには全国地域サッカーチャ ンピオンズリーグへの出場権が与えられます。

【開催日】9/21(土)※入場無料
【開催時間】17:30キックオフ
【会場】小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3816-1060(一般社団法人関東サッカー協会)
http://www.kanto-sl.jp/index.html
#jffmskanto