EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[新宿区]

新宿ミナミルミ

(c)Odakyu SC Development

開催期間 2022年11月14日~2023年2月14日

新宿ミナミルミ

新宿サザンテラス

2019年以来3年ぶり8回目を迎える「新宿ミナミルミ」。今年のテーマは「再会の喜びを光にのせて。」国内初上陸となる最先端のシステムを導入した、インタラクティブなイルミネーションの設置など、見ごたえあるイルミネーションが施されます。新宿ミナミルミ各施設でのイルミネーションにより新宿南口エリア全体が光に包まれます。新宿駅新南改札に直結するSuicaのペンギン広場にはスノードーム状のお家とSuicaのペンギン像が設置され、来訪者をお出迎え。新宿サザンテラスの遊歩道や新宿マインズタワー、タカシマヤタイムズスクエアへとつながる、光の回廊が楽しめます。また、新宿サザンテラスでは「Twinkly Light System」を用い、輝くインタラクティブな体験型イルミネーションを楽しめます。新宿マインズタワーでは約2週間ごとに色が変わるツリー、タカシマヤ タイムズスクエアでは「Berryカラー」のベアやオーナメントが散りばめられたツリーが登場するなど、施設ごとに特色あるイルミネーションを展開し、新宿ミナミルミの「再開」と来街の皆様との「再会」の喜びを表現します。

【開催期間】11/14(月)~2/14(火)※入場無料
【開催時間】17:00~24:00(12月のみ16:30~)
【会場】新宿サザンテラス(渋谷区代々木2-2-1)、JR南新宿ビル、JR新宿ミライナタワー、Suicaのペンギン広場、タカシマヤ タイムズスクエア、新宿マインズタワー
【アクセス】JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄新宿線・都営地下鉄大江戸線「新宿駅」から徒歩1分、東京メトロ丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩9分
【お問い合わせ】03-3200-8623(「新宿ミナミルミ」運営事務局)
https://www.southernterrace.jp/news/2286

表現工房vol.4 森谷修写真展「み熊野の」

(c)Osamu Moriya

開催期間 2022年10月21日~2023年2月24日

表現工房vol.4 森谷修写真展「み熊野の」

DNPプラザ

世界遺産、熊野の撮影をライフワークとする写真家・森谷修氏。その森谷氏が、著書『デジタルで極める 完全なるモノクローム』(ホビージャパン「Cameraholics」編集部刊)をきっかけに表現工房と出合い、「一緒にやってみたい」と強く思ったのが写真集の制作でした。そこで今回、社員のエディトリアルデザイナー3名(古郡和子、高木孝子、砂坪将司)が森谷氏との対話を重ね、それぞれの観点と切り口で写真集を仕立てました。同じ写真をもとにしているはずなのに、全く異なる写真集が出来上がる。それも写真とデザインの面白さの一つです。今回は、写真集をメインとした写真展です。写真家とデザイナーの価値観が融合し、世界に1冊しかない、作品として昇華された写真集を、ぜひ会場でお手に取り、じっくりと読み解いてください。会場では、5種の写真集(開催直後は3種)の展示のほか、1×1.5mの大判カラープリント3点、さらに森谷氏よりプラチナプリントを一部お借りして展示を行います。また、作品だけでなく、森谷さんの写真に対する想いや、デザイナーのコンセプト解説なども展示します。

【開催期間】10/21(金)~2/24(金)※入場無料、日曜・年末年始(12/28~1/5)休館
【開催時間】10:00~20:00(最終入場19:30)
【会場】DNPプラザ(新宿区市谷田町1-14-1 DNP市谷田町ビル)
【アクセス】東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅」から徒歩1分、JR「市ヶ谷駅」から徒歩5分、都営地下鉄新宿線「市ヶ谷駅」から徒歩6分
【主催】株式会社DNPメディア・アート
【協力】株式会社ホビージャパン
【お問い合わせ先】050-3170-0903(DNPプラザ)
https://dnp-plaza.jp/CGI/event/reservation/detail.cgi?seq=0001214

ショコラ×ショコラ

(c)Odakyu Department Store

開催期間 2023年1月25日~2023年2月14日

ショコラ×ショコラ

小田急百貨店新宿店

今年は「幸せのショコラめぐり」をテーマに、新しくなった小田急百貨店新宿店で初めての「ショコラ×ショコラ」が開催。国内外のトップショコラティエや有名ブランドのチョコレート、ギフトにもおすすめの見た目も楽しめる一品まで、バラエティ豊かなチョコレートをラインナップ。7階のイベントスペースのほか、地下1Fの和洋菓子売場でも1/18(水)~2/14(火)まで人気ブランドの期間限定チョコレートやスイーツが登場。地下2階のイベントコーナーや入口前イベントコーナー、小田急エース北館 デリッシュパーク、小田急百貨店オンラインショッピングでも多彩なチョコレートを展開します。

【開催期間】1/25(水)~2/14(火)※入場無料、物販有料
【開催時間】10:00~20:00(2/3(金)・2/4(土)・2/10(金)・2/11(祝)・2/13(月)・2/14(火)は20:30まで)
【会場】小田急百貨店新宿店(新宿区西新宿1-5-1 新宿西口ハルク)
【アクセス】JR・小田急電鉄・京王電鉄・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】0570-025-888(小田急百貨店新宿店代表)
https://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/valentine/index.html?iref=HP_banner_s

New Statues From NEXTLEVEL SHOWCASE X

(c)Prime 1 Studio

開催期間 2023年1月18日~2023年2月15日

New Statues From NEXTLEVEL SHOWCASE X

新宿マルイアネックス

ハリウッド最高のコンセプトデザイナーがリファインしたスーパーロボット。傑作SFアクションから人気の高い姿で立体化されたサイボーグの少女。昨年12月に公開されたYouTube番組『NEXT LEVEL SHOWCASE X Part 2』から選りすぐった最新スタチューが1/18(水)から登場します!まず注目したいのは、今回が初展示となる『NEXT LEVEL SHOWCASE X Part 2』で発表された最新作。ハリウッド最高のコンセプトデザイナー、ジョシュ・ニジーによる『マジンガーZ』は元来の特徴を生かしつつも各部のディテールを徹底的に追求。新たな魔神像を創り出しています。SFアクションの金字塔『銃夢』からは、主人公「ガリィ」のモーターボールで戦う姿が。メカニカルな質感と滑らかな曲線で構成されたコスチューム、凛々しくも可憐な表情は作中さながらです。また、バットケイブの玉座に座るバットマンと傍らに控えるアルフレッド。11月公開の『NEXT LEVEL SHOWCASE Part 1』、そして東京コミコン2022の会場でも話題になったこの「バットマンタクティカルスローン」も
新宿初登場です。他にもファンから大きな反響があった新作や、関連作・過去の名作を用意。ぜひ世界が認める造形美を間近でお楽しみください!

【開催期間】1/18(水)~2/15(水)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~20:00
【会場】新宿マルイアネックス 7階 プライム1スタジオ 新宿ギャラリーショップ(新宿区新宿3-1-26)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】https://www.prime1studio.co.jp/contact-us(プライム1スタジオ)
https://www.prime1studio.co.jp/news/shinjuku_0118newstatues?___store=jp

第17回新宿歌舞伎町区役所通りイルミネーション

(c)特定非営利活動法人新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会

開催期間 2022年11月1日~2023年2月28日

第17回新宿歌舞伎町区役所通りイルミネーション

歌舞伎町新宿区役所通り

新宿区役所通り約700メートル区間の街路樹に、ワイングラスをモチーフにしたイルミネーションを展開。2022年度は白色を施し、新宿の夜を温かな光で彩ります。イルミネーションの前後にディナーを楽しめる立地条件も魅力です!初日の11/1(火)には、新宿区役所前で点灯式を開催。16:00~16:30に東京消防庁音楽隊の演奏。16:30から16:50頃に来賓挨拶、16:50からカウントダウン・点灯、17:00から17:30にはデキシ―パラダイスの演奏が行われます。

【開催期間】11/1(火)~2/28(火)※入場無料、点灯式は11/1(火)
【開催時間】16:30~4:00
【会場】歌舞伎町新宿区役所通り(新宿区歌舞伎町1~2)
【アクセス】西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩2分、JR・東京メトロ丸ノ内線「新宿駅」から徒歩4分、都営地下鉄大江戸線「新宿西口駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-3209-2238(新宿歌舞伎町区役所通り3Aの会)
http://www.npo-3a.org/

ハイアットリージェンシー東京イルミネーション

(c)Hyatt Corporation

開催期間 2022年11月5日~2023年3月31日

ハイアットリージェンシー東京イルミネーション

ハイアットリージェンシー東京

ハイアット リージェンシー東京が煌めくイルミネーションと華やかなデコレーションに彩られます。壮麗なシャンデリアが輝く天井高28メートルのアトリウムロビーには、オーセンティックなクリスマスツリーが登場し、クリスマスシーズンならではの記念写真スポットとしてもオススメ。また、ホテルの外周には約6万個のLED電球がシャンパンゴールドに輝く「光の海」が幻想的な世界を演出します。

【開催期間】11/5(土)~3/31(水)※入場無料
【開催時間】日没~24:00
【会場】ハイアットリージェンシー東京(新宿区西新宿2-7-2)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から徒歩1分、JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩9分、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩4分
【お問い合わせ先】03-3348-1234(ハイアットリージェンシー東京 代表)
https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-regency-tokyo/tyoty

京王プラザホテル クリスマスツリー&イルミネーション2022

(c)Keio Plaza Hotel

開催期間 2022年11月9日~2023年2月28日

京王プラザホテル クリスマスツリー&イルミネーション2022

京王プラザホテル

京王プラザホテルのメインロビーに、ホワイトクリスマスをイメージした高さ4メートルのメインツリーとガーデンオブジェが出現。白枝のアーチやホワイト、シルバー、シャンパンゴールドの色合いが、まるで雪が降り積もったような幻想的な情景を演出します。また、本館2階レストランコリドール通路の壁際には、約1.8メートルのクリスマスツリーが飾られ、ホリデーシーズンを盛り上げます。2/28(火)までは、外周イルミネーション装飾が行われ、16:00から24:00まで点灯されます。

【開催期間】外周イルミネーション装飾期間 11/9(水)~2/28(火)※入場無料、ロビーツリーおよびホテルクリスマス装飾 11/10(木)~12/25(日)
【開催時間】0:00~24:00(2/28までの外周イルミネーション装飾は16:00~24:00)
【会場】京王プラザホテル 本館メインロビーほか(新宿区西新宿2-2-1)
【アクセス】JR・京王・小田急・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩5分、都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-3344-0111(京王プラザホテル)
https://www.keioplaza.co.jp/event/xmas/

新宿三丁目イーストビルイルミネーション

(c)新宿三丁目イーストビル

開催期間 2022年11月15日~2023年2月14日

新宿三丁目イーストビルイルミネーション

新宿マルイアネックス

新宿三丁目イーストビルは、マルイアネックスをはじめ、映画館のバルト9、カフェ・ベローチェ、メーカーズシャツ鎌倉の4つのテナントが入った商業ビルで、映画やショッピング、休憩にと最適な施設です。甲州街道側から見えるイルミネーションが美しく光り輝き、幻想的な空間を演出します。

【開催期間】11/15(火)~2/14(火)
【開催時間】16:00~22:00
【会場】新宿三丁目イーストビル(新宿区新宿3-1-26)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・副都心線・都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」から徒歩2分
【お問い合わせ先】03-3225-0011(新宿三丁目イーストビル)

平和祈念展示資料館 企画展「言葉は海を越えて 収容所と日本を結んだ葉書」Ⅱ期:残されし者たち[1952-1956]

(c)平和祈念展示資料館

開催期間 2023年1月11日~2023年4月23日

平和祈念展示資料館 企画展「言葉は海を越えて 収容所と日本を結んだ葉書」Ⅱ期:残されし者たち[1952-1956]

平和祈念展示資料館

1945年8月の終戦後、満州 (現・中国東北部)・朝鮮北部・南樺太(現・サハリン島南部)・千島にいた日本の軍人・軍属を始めとする約60万の人びとは、ソ連軍によりソ連(現・ロシア)やモンゴルへ連行されました。そして収容所(ラーゲリ)に入れられ、強制労働に従事させられました。その結果、約6万人が異国の地で命を落としました。この出来事は戦後強制抑留(シベリア抑留)と呼ばれます。1946年12月の米ソ協定の成立により、ほとんどの抑留者は1950年4月までに帰還を果たしました。しかし、日本軍や満州国の元高官、スパイ活動・ソ連研究・生物化学兵器の研究に関与した人など、二千数百人はソ連の一方的な「裁判」で「戦争犯罪人 (戦犯)」とされ、1950年以降も引き続き抑留されました。そうした長期抑留者と呼ばれる人びとは、何年にもわたって家族との連絡を禁じられました。1952年4月にようやく「郵便葉書」と呼ばれる専用の往復葉書のやり取りが認められると、最終引揚船が出る1956年末まで、家族や友人と何十枚もの葉書を交わしたのです。本企画展では、長期抑留者と家族をつないだ「郵便葉書」を中心に、長期抑留にまつわる様々な資料を紹介いたします。また、辺見じゅん『収容所から来た遺書』(文藝春秋)や、映画『ラーゲリより愛を込めて』(東宝)などの主人公のモデルとなった山本幡男氏や、その上司で大学の先輩でもあった佐藤健雄氏の資料も展示いたします。

【開催期間】1/11(水)~4/23(日)※入館無料、休館日:毎週月曜日、2/5(日)
【開催時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【会場】平和祈念展示資料館 企画展示コーナー(新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33階)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩7分、JR・小田急線・京王線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-5323-8709(平和祈念展示資料館)
https://www.heiwakinen.go.jp/kikaku/20221207-1400/

大細密展2022受賞者展―Over the MINIATURE―

(c)The Artcomplex Center of Tokyo

開催期間 2023年2月7日~2023年2月12日

大細密展2022受賞者展―Over the MINIATURE―

The Artcomplex Center of Tokyo

本展覧会は、昨年当館で開催された大細密展の優秀賞受賞者名によるグループ展です。彼らは、細密という作風を武器に、それぞれの世界観を濃密に表現してくれます。その世界観は単なる細密画という域を越え、さらなる奥行きと広がりを感じさせてくれます。洗練された技術から生み出される細密な描写・緻密な構成による多彩な作品群を、 そして、細密画の新たな局面を心ゆくまでお楽しみください。
<受賞作家>佐、紫龍、関根京子、妬血

【開催期間】2/7(火)~2/12(日)※入場無料、月曜休館
【開催時間】11:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】The Artcomplex Center of Tokyo 2階 ACT1(新宿区大京町12-9 アートコンプレックス・センター2F)
【アクセス】JR「信濃町駅」、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-3341-3253(アートコンプレックスセンター)
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT231/otm.html