EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[新宿区]

(c)會津八一記念博物館「五彩牡丹文盤 万暦赤絵 明時代」

(c)會津八一記念博物館「五彩牡丹文盤 万暦赤絵 明時代」

開催期間 2020年9月25日~2020年11月23日

富岡展 五彩と色絵

早稲田大学 早稲田キャンパス

中国の陶磁器で上絵付けによってさまざまな文様を施す五彩は、日本に伝わって赤絵、色絵などと呼ばれました。日本では古くから中国産の陶磁器を珍重し、時期や産地、文様や色合いなどによって独自の呼び名をつけました。富岡重憲コレクションには、明代の嘉靖年間(1522~1566)頃に江西省の景徳鎮民窯で焼かれた古赤絵(五彩婦人図盤)、万暦年間(1573~1620)に生産された濃彩の万暦赤絵(五彩牡丹文盤等)、明末の天啓年間(1621~1627)に焼成され、飄逸な図柄の多い天啓赤絵(五彩算木文花生等)、明末から清初に南方の漳州窯で焼かれた厚手で奔放な絵付けの呉州赤絵(五彩人物図大盤等)があります。日本の伊万里焼はこれらの影響を受けて作られ、ヨーロッパにも輸出されました。乳白色の地に赤、青、緑、黄などで描かれた文様が映える、彩りゆたかな世界をご覧ください。

【開催期間】9/25(金)~11/23(月)※休館日:土曜・日曜・11/6(金)
【開催時間】10:00~16:00
【会場】早稲田大学會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス2号館)
【お問い合わせ先】03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2020/09/16/3067/

(c)1976,2020 SANRIO CO., LTD.APPROVAL NO.L611679

(c)1976,2020 SANRIO CO., LTD.APPROVAL NO.L611679

開催期間 2020年8月1日~2020年10月31日

KUROMI MY MELODY CAFE

新宿ルミネエスト

新宿ルミネエスト「EGG&SPUMA」では、サンリオのクロミとマイメロディとのコラボレーションカフェが、期間限定(前期:8/1(土)~9/15(火)、後期:9/16(水)~10/31(土))で開催されます。本イベントは、2019年4月にも行われたコラボカフェの第2弾。前回とはまた違った、ハートに囲まれたガーリーでキュートなクロミとマイメロディたちが店内や料理を彩ります。今回も何度も楽しめるよう、前期・後期でメニューを用意。前期はピンクのバンズがかわいいバーガーや、夏にピッタリのひんやりアイスが登場。後期は思わず写真におさめたくなるメニューから、EGG&SPUMAで大人気スフレパンケーキがのったメニューまで、豪華なラインナップとなっています。そのほか、コラボメニューを注文するとオリジナルコースター(全4種)をランダムにプレゼント。クロミ、マイメロディファンにはたまらない世界観を存分に楽しめます。

【開催期間】8/1(土)~10/31(土)
【開催時間】11:00~21:00(ラストオーダー20:00)
【会場】新宿ルミネエスト 8F EGG&SPUMA(新宿区新宿3-28-1)
【アクセス】JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩1分
【お問い合わせ先】03-6273-0255(エッグアンドスプーマ)
http://salt-group.jp/shop/egg-spuma/

開催期間 2020年9月1日~2020年11月1日

東京2020オリンピック聖火 一般展示

日本オリンピックミュージアム

日本オリンピックミュージアム1階のWELCOME SALONにおいて、東京2020オリンピック聖火を展示中です。2020年3月12日、ギリシャ・オリンピアでの採火式において太陽光から採火され、聖火特別輸送機「TOKYO2020号」によって日本へつながれた東京2020オリンピック聖火は、聖火リレーのスタートを待つ間も変わらず灯っています。これからも世界の平和と平穏を祈りながら、希望の光を灯し続ける聖火をオリンピックの歴史とともに是非、間近でご覧ください!

【開催期間】9/1(火)~11/1(日)※休館日:月曜(月曜が祝日または休日の場合、翌平日休館)
【開催時間】10:00~17:00(最終受付16:00)
【会場】日本オリンピックミュージアム(新宿区霞ヶ丘町4-2 JAPAN SPORT OLYMPIC SQUARE1・2F)
【アクセス】東京メトロ銀座線「外苑前駅」から徒歩5分、都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」から徒歩10分、JR「千駄ヶ谷駅」から徒歩12分、JR「信濃町駅」から徒歩12分
【入場料】一般:500円、シニア(65歳以上/証明書をご提示ください):400円、高校生以下(学生証をご提示ください):無料※障害者手帳をお持ちの方と付添人(1名のみ)は無料です。受付に手帳をご提示ください。
【お問い合わせ先】03-6910-5561(日本オリンピックミュージアム)
【入館予約フォーム】https://japan-olympicmuseum.jp/jp/reopen/
https://japan-olympicmuseum.jp/jp/information/IF000058

開催期間 2020年9月1日~2020年11月30日

写真展「ウズベキスタン 開かれた国へ」

JICA市ヶ谷ビル

中央アジアに位置し、フォトジェニックなシルクロードの遺跡で知られるウズベキスタン。近年、観光地としても注目されてきたこの国では、2016年からミルジョエフ新大統領のもとで開かれた国づくりに向けた様々な改革が進められてきました。2019年末にはミルジョエフ大統領が初来日し、日本との政治的・経済的なつながりも強まっています。ウズベキスタンの日本とのつながり、そして自由で開かれた発展へ向けたJICAの協力を、写真で紹介します。

【開催期間】9/1(火)~11/30(月)※入場無料
【開催時間】10:30~21:00
【会場】JICA市ヶ谷ビル 1階 フォトギャラリー(新宿区市谷本村町10-5)
【アクセス】JR・東京メトロ有楽町線・南北線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷駅」から徒歩10分
【主催】JICA
【お問い合わせ先】0120-767-278(JICA地球ひろば 地球案内デスク)
https://www.jica.go.jp/hiroba/information/exhibition/space/hall/2020/200901_01.html

開催期間 2020年10月20日~2020年11月1日

ACT主催版画グループ展「版は異なもの味なもの 展 陸」

The Artcomplex Center of Tokyo

版画作品と私たち、あなたたちの結びつきはとても不思議なもので、うまくできているということ。版画作品との出会いの縁はどこでどう結ばれるかわからず、非常に不思議でおもしろいものだということ。また、版画作品に魅了された瞬間、私たちが感じる胸の高鳴りを指す言葉。2020年10月にアートコンプレックスセンターにて版画作家の企画グループ展を開催します。ACT作家、コレクター推薦枠、ACTスタッフ推薦枠として作家8名のグループ展です。年代、性別も様々な作家様に出展いただき、版画作品の幅広い表現力や魅力をお客様にご紹介します。
<出展作家>赤池ももこ、大石照美、神崎智子、今野樹里恵、辻えりか、福田美菜、前川 弘、わたなべなみ

【開催期間】10/20(火)~11/1(日)※入場無料、月曜休館
【開催時間】11:00~19:00(最終日は17:00まで)
【会場】The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT1(新宿区大京町12-9 アートコンプレックス・センター2F)
【アクセス】JR「信濃町駅」、東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-3341-3253(アートコンプレックスセンター)
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT201/hanhainamono.html

開催期間 2020年9月25日~2020年11月23日

特集展示「廣瀬文俊旧蔵品展―永島慎二を中心に―」

早稲田大学 早稲田キャンパス

廣瀬文俊氏(1950-2019)は、丹尾安典本学名誉教授がかつて担当していた旧第二文学部の授業に、数年にわたり招聘講師としてまねかれ、学生からは「ヒロセサン」と親しまれ、自身が蒐集した絵画や彫刻を学生の前に提示し、作品・作家について自身の人生とのかかわりをまじえながら語り、その熱心な講義で学生を魅了しました。廣瀬コレクションの中心となるのは漫画家・永島慎二(1937-2005)の作品です。永島慎二は漫画雑誌「ガロ」で特集が組まれる漫画家として、また手塚治虫・石森章太郎とともに「COM」の編集に携わった人物としても知られています。一方で、絵画作品や版画作品も多く残し、東京・阿佐谷にあった永島慎二お気に入りの喫茶店Cobuでは、しばしば個展が開催されました。永島慎二に画家の素質を見出した廣瀬氏はこの個展に通い、まっさきに作品を購入します。こうして蒐集された廣瀬コレクションは、昨年の廣瀬氏ご逝去にともない、丹尾安典先生を通じて一括して当館にご遺贈されることとなりました。本展では、廣瀬氏旧蔵の永島慎二作品を中心に、ウジェーヌ・カリエール、藤田嗣治、国吉康雄、藤井浩佑などの作品に加え、廣瀬氏が生涯敬愛し続けた画家・中村彝のデッサンもあわせて展示いたします。

【開催期間】9/25(金)~11/23(火)※入館無料、休館日:土曜日・日曜日・11/6(金=大学の臨時休業日)
【開催時間】10:00~16:00
【会場】早稲田大学會津八一記念博物館 2階 グランドギャラリー(常設・企画大展示室)(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学早稲田キャンパス2号館)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2020/09/16/3110/

開催期間 2020年10月1日~2020年11月23日

新宿ビアマーケット by OKTOBER FEST

SHINJUKU ODAKYU PARK

今年は新型コロナ感染の影響で本場ドイツでも開催できなかったオクトーバーフェスト。今回、国及び東京都のコロナ対策のガイドラインに沿った形で、ドイツの樽生ビールをテイクアウトできるイベント「新宿ビアマーケット by OKTOBER FEST」が、SHINJUKU ODAKYU PARK (新宿西口 スバルビル跡地)にて初めて開催されます。会場には40種類以上のドイツビールが登場。また、シュニッツェルサンドや大粒ムール貝など、約100種類のフードも用意されます。ソト飲みもウチ飲みもどちらも楽しめる都会のオアシスビアマーケットです!

【開催期間】10/1(木)~11/23(月・祝)※入場無料、飲食有料、定休日:11/4(水)・11/5(木)・11/16(月)
【開催時間】11:30~22:00(ラストオーダー21:30)
【会場】SHINJUKU ODAKYU PARK(新宿区西新宿1-7-2)
【アクセス】JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄新宿線・都営地下鉄大江戸線「新宿駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3524-0788(オクトーバーフェスト実行委員会)
https://www.oktober-fest.jp/shinjuku/index.html

開催期間 2020年8月12日~2020年11月15日

戦後75年企画「ちばてつや×森田拳次 漫画家からのメッセージ」

平和祈念展示資料館

日本の漫画界をリードしてきた、ちばてつやと森田拳次。2人の作品には、子供時代を過ごした満州(現・中国東北部) での楽しい思い出や終戦から引き揚げまでの辛く苦しい日々が、大きな影響を与えています。本企画展では、自身の戦争体験をマンガという表現で伝えてきた2人の歩みと、次世代の漫画家たちが、戦争体験者からのバトンを受け取って描く作品を紹介します。
<関連イベント>ビデオ上映 14:00~14:45(イベント時を除く)「漫画家ちばてつや満州体験記 屋根うらの絵本かき」(企画 平和祈念展示資料館)

【開催期間】8/12(水)~11/15(日)※入館無料、休館日:毎週月曜日、8/23(日)、9/23(水)、ただし9/21(月・祝)は開館
前期:8/12(水)~9/27(日) 後期:9/29(火)~11/15(日)
【開催時間】9:30~17:30(入館は17:00まで)
【会場】平和祈念展示資料館 企画展示コーナー(新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル33階)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩7分、JR・小田急線・京王線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩10分
【協力一覧(敬称略)】ちばてつやプロダクション、舞鶴引揚記念館、公益社団法人日本漫画家協会、一般財団法人日本漫画事務局八月十五日の会、秋田書店、今人舎、講談社、小学館、白泉社、晩成書房、東直輝、魚乃目三太、おざわゆき、武田一義
【お問い合わせ先】03-5323-8709(平和祈念展示資料館)
https://www.heiwakinen.go.jp/kikaku/20200720-1000/

開催期間 2020年10月1日~2021年3月31日

TEAM BEYOND パラスポーツ漫画パネル展

東京都庁第一本庁舎

TEAM BEYONDではパラスポーツ漫画パネル展を開催します。人気漫画家が描き下ろした迫力ある等身大パネルをご覧いただけます。また、SNSを使ってTEAM BEYONDグッズが当たる抽選にもご応募いただけます。
<展示競技と作画いただいた漫画家の方々(代表作)>
陸上競技:窪之内 英策さん(ツルモク独身寮)
5人制サッカー:高橋 陽一さん(キャプテン翼)
ゴールボール:真島 ヒロさん(RAVE)
車いすラグビー:ちばてつやさん(あしたのジョー)
車いすテニス:浦沢 直樹さん(YAWARA!)

【開催期間】10/1(木)~3/31(水)
【開催時間】8:00~18:45
【会場】東京都庁第一本庁舎1階南側スペース(新宿区西新宿2-8−1)
【アクセス】都営地下鉄大江戸線「都庁前駅」直結、東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩4分、JR・小田急線・京王線・東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線・都営地下鉄新宿線「新宿駅」から徒歩8分
【お問い合わせ先】03-6441-4233(TEAM BEYOND TOKYO パラスポーツプロジェクト事務局)
https://www.para-sports.tokyo/topics/activity/parasports-mangapanel/

(c)吉田有紀

(c)吉田有紀

開催期間 2020年10月10日~2020年10月31日

吉田有紀 「Look for the Silver Lining」

eitoeiko

吉田有紀さんは線や円、平面や立体といった美術における原始的な構造を見直す手法によって自身の芸術観を表してきました。両親ともに現代美術作家であった家庭で素養を育みながらも、日本画という領域を研究することにより別の角度から美術と美術史を検証し、視覚芸術の分野を探求しています。展覧会タイトルは1920年にアメリカでミュージカルのために発表された同名の楽曲を用いています。当時の不況のなかで、歌詞では逆光の中で銀色に浮かぶ雲の輪郭を、希望の兆しととらえています。不況で先の見えない時代に記された歌は、現在に響いてくるように感じられます。本展ではすべて新作の六角形の平面作品と、立体作品を展示いたします。

【開催期間】10/10(土)~10/31(土)※月曜・日曜・祝祭日休館
【開催時間】12:00~19:00
【会場】eitoeiko(新宿区矢来町32−2)
【アクセス】東京メトロ東西線「神楽坂駅」から徒歩5分、都営地下鉄大江戸線「牛込神楽坂駅」から徒歩10分、東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」から徒歩12分
【お問い合わせ先】03-6873-3830(eitoeiko)
http://eitoeiko.com/