EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[中央区]

全国伝統的工芸品祭「銀座名匠市」

(c)伝統的工芸品産業振興協会

開催期間 2024年2月23日~2024年2月28日

全国伝統的工芸品祭「銀座名匠市」

松屋銀座

全国各地から約100産地の作り手が集結する「銀座名匠市」では、明日から使える選りすぐりの逸品が勢揃いします。日本各地の「伝統的工芸品」や「ふるさと工芸品」の展示販売に加え、熟練の作り手による技の実演やワークショップも実施。さらに今回は、著名人によるインスタライブやガイドツアーも開催します。産地の皆さんとの会話も楽しみながら、お気に入りのアイテムを見つけましょう。

【開催期間】2/23(金・祝)~2/28(水)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~20:00(最終日は17:00まで)
【場所】松屋銀座 8階イベントスクエア(中央区銀座3-6-1)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」出口直結、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分、都営地下鉄浅草線「東銀座駅」から徒歩3分、JR「有楽町駅」から徒歩8分
【主催】一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会
【お問い合わせ先】03-3567-1211(一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会)
https://meishoichi2024.kougeihin.jp/

ものたちの誰彼(たそがれ)展

(c)ATELIER MUJI

開催期間 2024年2月2日~2024年3月25日

ものたちの誰彼(たそがれ)展

ATELIER MUJI GINZA Gallery

今展では、割れても、歪んでも、それでも残されてきたガラスを撮り続けてきたフォトグラファー・泊昭雄氏の写真作品とその被写体を展示。時を重ね、朽ちていく様をとらえた数々の作品には、夕暮れ前の薄暗い誰彼(たそがれ)時の空気感やくらしの記憶が宿っているようにみえる。泊氏の写真作品を通し、身近なこわれやすいものとのつきあい方を再考し、日常の中に潜んでいる“ものたちの誰彼”を感じるような展示を試みます。

【開催期間】2/2(金)~3/25(月)※入場無料、物販有料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~21:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery2(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3538-1311(無印良品 銀座)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/6383/

警視庁創立150年記念特別展

(c)Metropolitan Police Department

開催期間 2024年2月20日~2024年3月2日

警視庁創立150年記念特別展

ポリスミュージアム 警察博物館

本展示では、1923年の関東大震災で焼失した当時の庁舎に掲げられていた「警視庁」の看板の実物が初めて展示されるほか、明治時代からの歴代の制服や日本初の木製免許証など、およそ600点の展示を見ることができます。今の警棒の代わりとなるサーベルのほか、制服の変遷なども展示されます。ドラマ『相棒』に出演する俳優の水谷豊や、人気漫画『名探偵コナン』の作者・青山剛昌ら、警察ゆかりの小説やドラマなどで活躍する著名人のサイン色紙も飾られています。

【開催期間】2/20(金)~3/2(土)※入場無料、2/26(月)は休館
【開催時間】9:30~16:00(最終入館は15:30)
【会場】ポリスミュージアム 警察博物館 6階イベントホール(中央区京橋3丁3-5-1)
【アクセス】東京メトロ銀座線「京橋駅」から徒歩約2分、東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」から徒歩6分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩4分、都営地下鉄浅草線「宝町駅」から徒歩5分、JR・東京メトロ有楽町線「有楽町駅」から徒歩7分、JR・東京メトロ丸ノ内線「東京駅」から徒歩10分
【お問い合わせ先】03-3581-4321(ポリスミュージアム 警察博物館)
https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/about_mpd/welcome/welcome/museum_tour.html

銀座ロフト「GINZA COFFEE MARKET

(c)THE LOFT

開催期間 2024年2月16日~2024年3月14日

銀座ロフト「GINZA COFFEE MARKET

銀座ロフト

国内外のさまざまなブランドのコーヒーを集積する銀座ロフトの「GINZA COFFEE MARKET」。3回目となる今回は、国内外のブランド、ロースタリーのスペシャルティコーヒーや、ハワイ島コナで収穫されるコーヒー豆だけを使った100%コナプレミアムロースト、個性あふれるコーヒーショップのオリジナル雑貨・アパレルが揃うほか、カラフルなドリッパーやマグなどコーヒーを愉しむためのアイテムも並びます。

【開催期間】2/16(金)~3/14(木)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~21:00(日曜日は11:00~20:00)
【会場】銀座ロフト 1階 特設会場(中央区銀座2-4-6 ベルビア館)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分、JR「有楽町駅」から徒歩4分
【公式instagram】https://www.instagram.com/p/C3d0mVUSjaE/
【お問い合わせ先】03-3562-6210(銀座ロフト)
https://www.loft.co.jp/shop_list/info.php?shop_id=407&info_id=508865

銀座熊本館「津奈木フェア」

(c)Ginza Kumamotokan

開催期間 2024年2月20日~2024年2月26日

銀座熊本館「津奈木フェア」

銀座熊本館

熊本県津奈木町は県南部に位置し、東南北三方は山々に囲まれ、西は不知火海に面しており、その自然がもたらす四季折々の新鮮な山と海の幸に恵まれています。また、つなぎ美術館を拠点にアートの町づくりにも取り組んでおり、風光明媚な自然の中に屋外アート作品が溶け込む風景も魅力です。今回のフェアでは、今の時期しかない柑橘類を中心に自慢の商品をご用意します!

【開催期間】2/20(火)~2/26(月)※入場無料、物販有料
【開催時間】11:00~19:00
【会場】銀座熊本館 1階 くまもとプラザ(中央区銀座5-7-6)
【アクセス】東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」から徒歩2分、 JR「有楽町駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-3572-5021(熊本県東京事務所くまもとセールス課)
https://www.kumamotokan.or.jp/kiji003769/index.html

良品には、わけがある。展―無印良品 徳永美由紀の仕事―

(c)ATELIER MUJI

開催期間 2024年2月2日~2024年3月25日

良品には、わけがある。展―無印良品 徳永美由紀の仕事―

ATELIER MUJI GINZA Gallery

無印良品は1980年にスーパーマーケット西友(SEIYU)のプライベートブランドとして40品目からスタートしました。現在では衣服、生活雑貨、食品の分野で幅広い商品を揃え、地域や社会への貢献、日本から世界に向けても拡大を続けています。無印良品を構成する基本の思想は「素材の選択」「工程の点検」「包装の簡略化」の3つです。それが普遍性を持って伝播していくように、それぞれ商品の「わけ」をキャッチコピーとして商品タグに込めています。本展では、長年にわたり無印良品のタグコピーに携わってきた徳永美由紀氏の仕事に焦点を当てます。彼女は2001年から良品計画社内にて商品開発の視点や工夫などを簡潔に伝えるための養成所、コピー工房を監修し、膨大な数の商品に対する途方もない量の仕事を一つの文化として育て、無印良品が発する言葉に対して力を尽くしてくれました。また、2009年に創設した「くらしの良品研究所」で、12年間にわたり同サイトから発信するコラムを執筆し、無印良品の小冊子『くらし中心。』、書籍『MUJI IS 無印良品アーカイブ』の執筆や、店内POPのコピーライティングも数多く手掛けています。「わけ」という無印良品の原点を根付かせ、文脈を創造してきた彼女の歩みをこれからも紡いでいけるよう、慈愛に満ちたその想いが多くの方に共有頂けることを深く願っています。

【開催期間】2/2(金)~3/25(月)※入場無料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~21:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery1(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-3538-1311(ATELIER MUJI GINZA)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/6384/

鸞翔鳳集 Vol.11&12

(c)Gallery MUMON

開催期間 2024年1月11日~2024年3月2日

鸞翔鳳集 Vol.11&12

Gallery MUMON

Gallery MUMONは多くの来場者、作家さん、関係者の皆さんに支えらえて、2024年1月に開廊5周年の6年目を迎えます。今展は新年恒例の周年企画のグループ展。当ギャラリー、アドバイザーにゆかりのある魅力溢れる作家たちの新作中心の展示。Vol.11(前期)とVol.12(後期)の2回に分けて、各会期12名、総勢24名とこれまでで最も多くの作家が参加する豪華な内容です。
<会期>
Vol.11 1/11(木)~2/3(土)
Vol.12 2/8(木)~3/2(土)
<出展作家>(50音順)
Vol.11:阿部観水、池田和宏、石居麻耶、石川総一郎、牛尾篤、坂本友由、朱華、中島玲菜、平林孝央、山岸千穂、山口暁子、吉田涼香
Vol.12:蒼野甘夏、石野平四郎、加藤美紀、倉田明佳、小山久美子、近藤智美、島﨑良平、鈴木琢未、髙橋憲助、長谷川雅子、feebee、山中智郎

【開催期間】1/11(木)~2/3(土)※休廊日は毎週日・月、2/4~2/7
【開催時間】11:00~19:00
【会場】Gallery MUMON(中央区銀座4-13-3 ACN東銀座ビル1階)
【アクセス】東京メトロ日比谷線・都営地下鉄浅草線「東銀座駅」から徒歩3分
【お問い合わせ先】03-6226-2555(Gallery MUMON)
https://mumon.artcafe.co.jp

ロフト文房具の会2024

(c)THE LOFT

開催期間 2024年1月13日~2024年3月8日

ロフト文房具の会2024

銀座ロフト

文房具好きのためのイベントが、2024年も全国のロフトで開催。「わたしの好きなモノ」をテーマに、スイーツ、レトロ、フラワーなどのワードにスポットを当てて商品を集積。おいしそうなスイーツが描かれた文房具をはじめ、彩り豊かなフラワーモチーフの文房具、レトロなデザインのノスタルジックな雑貨、ロフト先行販売アイテムなど、バラエティに富んだ商品を販売。ギフトはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりの文房具を見つけることができます。さらに、「文房具の会」と株式会社メリーチョコレートカムパニーのコラボ企画として「メリーチョコレート雑貨2024」が1/6(土)から実施され、ロフトでしか手に入れられない数々の限定商品を購入できます。

【開催期間】1/13(土)~3/8(金)※入場無料、物販有料
【開催時間】銀座ロフト=11:00~21:00(日曜は20:00まで)
【会場】銀座ロフト(中央区銀座2-4-6 ベルビア館)、渋谷ロフト(渋谷区宇田川町21-1)ほか全国のロフト144店舗
【アクセス】銀座ロフト=東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩1分、JR「有楽町駅」から徒歩4分
【お問い合わせ先】03-3562-6210(銀座ロフト)
https://www.loft.co.jp/news/detail.php?news_id=502397

ギンザ・グラフィック・ギャラリー企画展「ヨシロットン 拡張するグラフィック(YOSHIROTTEN Radial Graphics Bio)」

(c)DNP Foundation for Cultural Promotion

開催期間 2024年2月14日~2024年3月23日

ギンザ・グラフィック・ギャラリー企画展「ヨシロットン 拡張するグラフィック(YOSHIROTTEN Radial Graphics Bio)」

DNP銀座ビル

薄暗い部屋でスクリーンセーバー上を浮遊するイメージが発した光は、あらゆる方向に放射され明度を上げ続け空間を満たしていく…。本展では、ロゴ、タイプフェイス、アートディレクション、空間デザイン、映像など異なる領域に拡がっていくYOSHIROTTENの「グラフィック」史を表現する一連なりの作品群を展示します。YOSHIROTTENにとっての「グラフィック」は、あるアイデアや情報を最小の要素と最大のインパクトで、視覚を通して伝えることだと言います。「R.G.B.」は光で色を表現する際の「3原色」。パンク・ロックはたった「3コード」で世界を変えた。本展の空間に足を踏み入れた時の感情…網膜を通して受容する情報が、言語化される前の「何か」こそがYOSHIROTTENの「グラフィック」の本質の一つです。

【開催期間】2/14(水)~3/23(土)※入場無料、日曜・祝日休館
【開催時間】11:00~19:00
【会場】ギンザ・グラフィック・ギャラリー(中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1階・B1階)
【アクセス】東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線「銀座駅」から徒歩5分、 JR「有楽町駅」・「新橋駅」から徒歩10分
【制作協力】株式会社NONFIX、KIM YOOSOO
【お問い合わせ先】03-3571-5206(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)
https://www.dnpfcp.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000827

第17回「shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)」展

(c)林田真季 Installation view of Beyond the Mountains in KYOTOGRAPHIE KG+SELECT at Shijyo Ryogaemachi Building, Kyoto, 2021

開催期間 2024年1月30日~2024年5月26日

第17回「shiseido art egg(シセイドウアートエッグ)」展

資生堂ギャラリー

2006年の開始以来、のべ48名(組)の入選アーティストが個展を開催してきた、新進アーティストを応援する資生堂の公募プログラム「shiseido art egg」。17回目の今回は応募総数351件の中から、林田真季氏、野村在氏、岩崎宏俊氏の3名を選考し、会期を3期に分けて各アーティストの作品を展示。現実社会をテーマにアートとしての写真の可能性を探る林田氏、変容し続ける情報媒体を独自の視点でとらえ人間の本質や存在のあり方を問う野村氏、追憶をテーマにしてアニメーションの芸術表現に取り組む岩崎氏と、三者三様の作品を鑑賞できます。イギリス沿岸部の過去のごみ埋立地の姿と日本各地の大規模不法投棄事案を取り上げた林田氏の写真作品をはじめ、各アーティストがそれぞれの表現方法で自らのテーマを追求した力作が並びます。
・第1期展:林田真季展 1/30(火)~3/3(日)
・第2期展:野村在展 3/12(火)~4/14(日)
・第3期展:岩崎宏俊展 4/23(火)~5/26(日)


【開催期間】1/30(火)~5/26(日)※入場無料、月曜・祝日休館、3/4(月)~3/11(月)、4/15(月)~4/22(月)は展示替えのため休館
【開催時間】火~土 11:00~19:00、日 11:00~18:00
【会場】資生堂ギャラリー(中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビルB1)
【アクセス】東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」から徒歩4分、東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線「新橋駅」から徒歩4分、JR「新橋駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-3572-3901(資生堂ギャラリー)
https://gallery.shiseido.com/jp/exhibition/6663/