EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[新宿区]

早稲田大学演劇博物館 特別展 シェイクスピア戯曲全37作品翻訳記念「Words, words, words.―松岡和子とシェイクスピア劇翻訳」

(c)The Tsubouchi Memorial Theatre Museum

開催期間 2022年10月1日~2023年1月22日

早稲田大学演劇博物館 特別展 シェイクスピア戯曲全37作品翻訳記念「Words, words, words.―松岡和子とシェイクスピア劇翻訳」

開催時間
10:00~17:00(火・金は19:00まで)
場所
早稲田大学 早稲田キャンパス
松岡和子氏がシェイクスピアの言葉と向き合ってきた日々の軌跡を辿る

2020年12月、松岡和子さん(翻訳家・演劇評論家)がシェイクスピア37戯曲を完訳しました。シェイクスピア劇全作品の翻訳という点では、坪内逍遙訳、小田島雄志訳に続く偉業です。2022年9月には、コロナ禍により一部の公演が中止となった『ヘンリー八世』(彩の国シェイクスピア・シリーズ、吉田鋼太郎演出)が再演予定、2022年12月下旬からは同シリーズ『ジョン王』が上演される予定です。新聞、テレビ、雑誌などでも松岡さんの様々な特集が組まれていますが、その翻訳活動に焦点をあてた展示は未だ日本で行われていません。特別展「Words, words, words.-松岡和子とシェイクスピア劇翻訳」では、松岡さんがシェイクスピアの言葉と向き合ってきた日々の軌跡を、直筆翻訳ノート、翻訳原稿、上演台本などを通して辿ります。ゆかりの深い演出家や俳優とのエピソードも舞台写真やチラシ、ポスターと共に紹介する他、松岡さんが特に大切にしている『夏の夜の夢』上演台本(ジョン・ケアード演出、新国立劇場、2007)も本邦初公開予定です。松岡さんのシェイクスピア劇翻訳は、ページとステージを行ったり来たりしながら進化し続けています。本展は、その翻訳の魅力を広く紹介し、松岡さんが日本のシェイクスピア劇受容・翻訳・上演史に加えた新たな1ページを未来へ繋いでいくことを目指しています。

【開催期間】10/1(土)~1/22(日)※入館無料、休館日:10/5(水)、10/26(水)、11/3(木・祝)、11/4(金)、11/9(水)、11/23(水・祝)、12/7(水)、12/26(月)~1/9(月・祝)、1/18(水)
【開催時間】10:00~17:00(火・金は19:00まで)
【会場】早稲田大学演劇博物館 1階 特別展示室(新宿区西早稲田1-6-1)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩7分
【主催】早稲田大学演劇博物館・演劇映像学連携研究拠点
【協力】スーパーグローバル大学創成支援事業 早稲田大学国際日本学拠点
【お問い合わせ先】03-5286-1829(早稲田大学坪内博士記念演劇博物館事務所)
https://www.waseda.jp/enpaku/ex/16336/