EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[新宿区]

埴輪女子像(古墳時代重要文化財)と三彩神将像(唐時代)

埴輪女子像(古墳時代重要文化財)と三彩神将像(唐時代)

開催期間 2021年3月1日~2021年4月30日

富岡展 人のかたち

開催時間
10:00~17:00
場所
早稲田大学 早稲田キャンパス
古代から近代までの人の形をあらわした作品を特集した展覧会

富岡重憲コレクションによる、古代から近代までの人の形をあらわした作品を特集した展覧会です。日本の作品として古墳時代(6世紀)の巫女をかたどった女子像(重要文化財)と甲(よろい)を着けた武人の埴輪(はにわ)、鎌倉時代の密教白描図像、天文9年(1540)の銘がある「べしみ」を含む室町時代の能面、色鮮やかな衣をまとう江戸時代(18~19世紀)伊万里焼人形などを、中国の作品として唐時代(8世紀)の三彩神将像と三彩胡人像、大勢の唐子が遊ぶ様子を描いた明時代(16~17世紀)の「青花唐子図壺」を展示します。また絵画作品では誠拙周樗(せいせつしゅうちょ)(1746~1820)と富岡鉄斎(とみおかてっさい)(1837~1924)の「寒山拾得図(かんざんじっとくず)」、越渓守謙(おっけいしゅけん)(1810~1884)「《寿老人図」と川合玉堂(かわいぎょくどう)(1873~1957)「雲中寿老図」のように同じ人物を描いた作品を並べます。

【開催期間】3/1(月)~4/30(金)※入場無料、水曜休館
【開催時間】10:00~17:00
【会場】早稲田大学會津八一記念博物館 1階 富岡重憲コレクション展示室(新宿区西早稲田1-6-1 早稲田キャンパス2号館)
【アクセス】東京メトロ東西線「早稲田駅」から徒歩5分
【お問い合わせ先】03-5286-3835(早稲田大学會津八一記念博物館)
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2020/11/25/3241/