EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[港区]

(c)Mineko Orisaku

(c)Mineko Orisaku

開催期間 2021年7月21日~2021年8月19日

フジフイルムスクエア企画写真展 織作峰子写真展「Hommage to Hokusai(オマージュ トゥ ホクサイ)」~悠久の時を旅して~

開催時間
10:00~19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで)
場所
東京ミッドタウン ウエスト
日本の伝統工芸「箔」と写真の融合

写真家・織作峰子氏は、2017年初の発表以来、日本の伝統工芸である箔と写真の融合を試みる作品(純金やプラチナ、銀やアルミ箔にインクジェットプリンターで紫外線硬化型(UV)インクを吹きつけて制作する、織作峰子が追究する新しい写真作品表現)づくりに取り組んできました。印画紙や和紙にプリントをする工程とは違い、デリケートな箔に美しいプリントをするための大きな力となったのが、富士フイルムの「Acuity」(さまざまな素材・サイズのメディアに高画質な画像をプリントできる、富士フイルムの業務用ワイドフォーマットUV(紫外線硬化型)インクジェットプリントシステム)です。デジタル技術の発達で、プリント素材や色表現にも可能性が広がり、photograph(光の粒子で描く画)の持つ意味にも近づいたことを実感しました。本展では、北斎へのオマージュとして、作者が富士フイルムのラージフォーマットデジタルカメラGFXを携え「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントを巡り、世界に誇る美しい独立峰「富士山」に祈りを捧げながらシャッターを押した作品を展示いたします。日本人の心のふるさと富士山を、織作峰子ならではの感性で捉え、独自の手法で表現した富士山を、同期間、富士フイルムフォトサロン 東京スペース1、2で開催される企画写真展「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~と併せてご堪能いただけます。

【開催期間】7/21(水)~8/19(木)※入場無料、会期中無休
【開催時間】10:00~19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで)
【会場】FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)富士フイルムフォトサロン東京 スペース3(港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン・ウェスト1F)
【アクセス】東京メトロ日比谷線「六本木駅」地下通路にて直結。都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結。東京メトロ千代田線「乃木坂駅」から徒歩5分
【作品点数】約20点(予定)
【主催】富士フイルム株式会社
【協力】凸版印刷株式会社(生誕260年記念企画 特別編「北斎づくし」連携)、株式会社セントラルプロフィックス
【後援】世界遺産リレー催事実行委員会、(一社)世界文化遺産地域連携会議
【お問い合わせ先】03-6271-3350(フジフイルム スクエア)
【フジフイルムスクエア公式Facebook】https://www.facebook.com/FUJIFILMSQUARE
【フジフイルムスクエア公式Twitter】https://twitter.com/fujifilmjp_sq
https://fujifilmsquare.jp/exhibition/210721_03.html