EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[港区]

開催期間 2021年10月26日~2022年2月26日

テーマ展示「近代の紅猪口―小さき京焼の世界」

開催時間
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
場所
紅ミュージアム
実用品・美術品の両視点から近代京焼の紅猪口を展観

開国以降、西欧から新しい技術や文化が導入され、人々にも新しい価値観が生まれるようになりました。しかし西洋文化の急速な浸透は、貴重な日本の伝統工芸を衰退させることにつながってしまったといわれています。伝統工芸の中心地である京都で作られた京焼も手痛い打撃を受けましたが、明治初頭に欧米諸国で開催された万国博覧会への出品以降、ジャポニスムの隆盛と共に海外で美術的価値が見出されるようになりました。やがてそれは紅猪口の文様にも変化をもたらします。紅猪口は実用品でありながら、化粧容器として美術品のような煌びやかな要素も併せ持つ特異な器です。今展は実用品・美術品の両視点から近代京焼の紅猪口を展観します。

【開催期間】10/26(火)~2/26(土)※入場無料、毎週日・月休館、年末年始(12/26~1/4)休館
【開催時間】10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【会場】紅ミュージアム(港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1階)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩12分
【お問い合わせ先】03-5467-3735(紅ミュージアム)
https://www.isehanhonten.co.jp/cat-blog/blog_permanent/blog20211012/