EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[港区]

開催期間 2020年10月6日~2020年12月26日

テーマ展示「明治期の折熨斗コレクション~贈り物のシンボル」

開催時間
10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
場所
紅ミュージアム
木版摺りの折熨斗(折りのし)が伝える、祝う気持ち

贈り物に熨斗を添える―祝う気持ちを示すこの習わしは、贈答文化が広く浸透した近世社会に礼法として定着をみます。そもそも「熨斗(のし)」とは進物に添えるものではなく、古来、高級な贈答食品であった干し鮑(アワビを薄く削ぎ、乾燥させ伸ばしたもの=熨斗鮑)それ自体を意味し、またその略称でもありました。今日、祝儀袋や進物の掛け紙に用いられる熨斗は、江戸時代以来の贈答のしきたりを簡略化した「折熨斗」であり、小さな方形の色紙を熨斗包みのかたちに折ったもの、あるいはプリントされた味気ないものも少なくありません。しかし、折熨斗がもっとも多用された明治時代には、錦絵に劣らぬ彫りと摺りの木版技術を使い、目に愉しく色鮮やかなものが盛んに作られました。今展では、明治時代の貴重な木版摺りの折熨斗とその原紙をご紹介します。

【開催期間】10/6(火)~12/26(土)※休館日:毎週日・月、10/25、26は開館、後期展示期間中の11/14~12/26は月曜のみ
【開催時間】10:00~17:00(最終入館は16:30まで)
【会場】紅ミュージアム(港区南青山6-6-20 K's南青山ビル1F)
【アクセス】東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」から徒歩12分
【観覧料】無料
【お問い合わせ先】03-5467-3735(紅ミュージアム)
https://www.isehanhonten.co.jp/cat-blog/blog_permanent/tenji_20201006/