EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[目黒区]

(c)MDP GALLERY

(c)MDP GALLERY

開催期間 2021年9月10日~2021年9月18日

「ART SHODO EIGHT」展

開催時間
11:00~19:00(最終日は18:00まで)
場所
MDP GALLERY
山本尚志氏キュレーションによる現代アート書道展

山本尚志氏キュレーションによる「ART SHODO EIGHT」展です。2017年に「現代アート書道の世界」(キュレーション・山本尚志)が、新宿高島屋で開催されて以来、「What’s SHODO?」(MARUEIDO JAPAN/2020年)、「書をアートへ」(東京画廊+BTAP/2021年)などが行われ、近年にわかに注目される現代アート書道。本展では山本尚志氏と期待される7人の新人の作品を展示・販売いたします。
<出展作家>奥平将太、木原光威、セキマリエ、曽田浩隆、Tosen Iwasaki、南岳杲雲、森本順子、山本尚志
<山本尚志氏プロフィール>書家・現代アーティスト、1969年広島市生まれ。1988年、東京学芸大学の書道科に進み、直後に井上有一の作品に触れる機会を得る。「自分だけの字」を書くことを決め、20歳の時に自室にて「山本尚志書家宣言」を行い、以来、書家を名乗る。ウナックトウキョウにて井上有一カタログレゾネの仕事に従事した後、有一から離れる決意を固める。2004年に美術評論家・海上雅臣氏に井上有一を顕彰する展覧会「天作会」の設立を打診され、34歳の時、ついに作品発表の機会を得る。天作会を12年間続けたのち、2015年にウナックサロンにて初の個展「マシーン」開催。この展覧会で注目を集め、2016年には大和プレス編集による作品集「フネ」(YKG パブリッシング)が刊行される。2016年、コンテンポラリーアートギャラリーで初めての個展「flying saucer」をユミコチバアソシエイツで開催する。以降、2017年個展「Speech balloon」(富山・ギャラリー NOW)、個展「バッジとタオル と段ボール」(東京・ビームスジャパン・B ギャラリー)、個展「ドアと光と音とガラスと水」(名古屋・gallery feel art zero)、2018年4月、世界初となる書道専門のアートフェア「ART SHODO TOKYO」にて、キュレーターを務め、以来数多くの書道系現代アートの展覧会を手掛ける。


【開催期間】9/10(金)~9/18(土)※入場無料、物販有料、月曜休廊
【開催時間】11:00~19:00(最終日は18:00まで)
【会場】MDP GALLERY(目黒区青葉台1-14-18)
【アクセス】東急東横線「中目黒駅」から徒歩8分、東急田園都市線「池尻大橋駅」から徒歩15分
【お問い合わせ先】03-3462-0682(MDP GALLERY)
http://mdpgallery.com/