EVENT SEARCH

地域から探す

キーワードから探す

カレンダーから探す

[中央区]

開催期間 2021年9月10日~2021年11月7日

「野生の手仕事と知恵」展

開催時間
11:00~20:00
場所
ATELIER MUJI GINZA Gallery
アマゾンに暮らす人々の道具から「人間らしさ」や「豊かさ」を見いだす

かつて山形県鶴岡市にあった「アマゾン民族館」と「アマゾン自然館」に展示・収蔵されていた民族及び生物資料は、2014年に閉館した後も後世へ残すための保護活動が続いています。生活工芸品約8000点、生物標本・剥製1万2000点と、個人収集のレベルをはるかに超えた文化人類学研究者・山口吉彦氏のコレクションは、南米・アマゾン川流域の先住民を中心に、そこに暮らす人々の生活に密着した道具からその土地に生息する生物標本に至るまで、幅広い資料が揃っています。山口氏が、1970年代から十数年に渡って、“物々交換”など現地の人々との直接のコミュニケーションから集められた品々は、ありのままの文化資源です。自分たちが生活する周辺で材料を手に入れ、自ら道具を作り、その道具や知恵を使って生きる。そんな​アマゾン川流域に住む先住民の人々にも文明社会や環境破壊など大きな変化が降りかかり、民族の伝統や言語の消滅は進行していますが、少数になった今もなお、自然と極めて近い共存生活を続けている人たちがいます。遠い過去の話や別の世界のことではなく、今日もこの地球で営まれているくらし。そこでは自然との関係や使い手のことを配慮した生きるための道具が作られてきました。それらの道具を作り続けてきた人たちの様々な思いが山口氏のコレクションには込められています。自然、家族、民族、後世、そしてひとりの人間同士として。どの関係においても他者への慈しみなしでは存在しえません。様々な禍が起きる現在、一層多くの気づきや学びがあるように思われます。​

【開催期間】9/10(金)~11/7(日)※入場無料、店舗休館の場合はそれに準じます
【開催時間】11:00~20:00
【会場】ATELIER MUJI GINZA Gallery1(中央区銀座3-3-5 無印良品銀座6F)
【アクセス】東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」から徒歩3分
【主催】無印良品
【協力】一般社団法人アマゾン資料館、株式会社マザーディクショナリー、日知舎
【施工】HIGURE 17-15 cas
【グラフィックデザイン】SARAVAH design
【企画・運営】株式会社良品計画企画デザイン室、無印良品 銀座 ATELIER MUJI GINZA
【お問い合わせ先】03-3538-1311(無印良品 銀座)
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/3759/